1. トップ
  2. 恋愛
  3. 結婚前にしておくべきチェック項目!結婚したいなら確認すべきこと【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.105】

結婚前にしておくべきチェック項目!結婚したいなら確認すべきこと【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.105】

  • 2022.1.14
  • 5074 views

「結婚するならこの人かな」

「長く付き合ってきたし、そろそろ結婚を考えてもいいかも……」

そんな相手がいたとしても、ただの恋愛関係とは異なり結婚はそう簡単なものではない。

だってどんなに好きで結婚したって

「こんなハズじゃなかった……」

「もっと価値観の合う人と結婚すれば良かった……」って後悔するケースは少なくないんだから。

結婚してから嘆いても取り返しはつかない!

今回の恋愛スパルタ塾は「結婚前に確認しておくべきこと」についてレクチャーするよ。

これをチェックして彼が真の結婚相手かどうか見極めて。

彼は自分の仕事を応援してくれるか?家事の分担について

女性にとってのチェックポイントは仕事と家事の両立!

イマドキの男性は「オレが食わせてやる」とか「専業主婦になってくれ」とは言わないだろうけど、逆に女性の仕事をどんだけ支援してくれるかがキー。

男性の中には経済面では共働きを望んでいても、妻側だけに働き方や就業条件を変えて欲しいなんて思ってたりする。

女性はがっつり仕事をするのではなく、家事育児をうまくこなしてもらえるんじゃないかと期待してたりね。

でも、女性にだってキャリアアップは重要なこと!

結婚したからって女性は仕事はほどほどで家事に比重をおかなくてはいけないなんてナンセンス。

いま「女性の社会進出」は推進され「子育てが負担にならない社会」を目指し、厚生労働省がいくら「イクメン」をオシたとことで、現に女性の家事労働が軽減されなくては意味がないでしょ?

現に共働き夫婦でも「家事や育児は俺の仕事じゃない」と女性に押し付けるような男性も存在するからね。

互いの仕事を認め合い、家のことも協力し合える相手であるかどうか!

結婚前にそこをしっかり見極めることこそ、女のやるべきことなのよ。

彼のダメなところに目をつぶりすぎてないか?

誰にでも欠点はあるよね。

あなたが完璧な人間ではないように、彼も完璧な人間ではない。

でも、ね、結婚するなら目をつぶるべきものと目をつぶってはいけないものとある。

情に流されてしまって彼の本当にダメなところを許していない?

付き合いが長くなってくると“彼の悪いところ”に麻痺してきちゃって見て見ぬ振りをしてる可能性が!

女グセやギャンブル、お金の使い方、俺様的な言動はそうそう直らない。

「彼は結婚したらきちんとしてくれるだろう」なんて甘いよ。

結婚してちゃんとするどころか、「結婚して彼女は俺のモノになった」という安心感が加わってますますダメなところが増長するだろうね。

あと悪しき生活習慣も要注意。

食べ方とか箸の持ちかたとか、物の置き方とか、靴や服の脱ぎ方だとか……そういうのって結婚したからといって変えられるものでもない。

子供のときなら教育できることでも、成人を過ぎた男性の“悪い習慣”というのはなかなか矯正できるものではない。

そういうことは結婚後のケンカの火種になりがち。

だって結婚は日常生活なのよ。

毎日一緒にいてそれを目の当たりにしなくてはならないんだから。

イライラが耐えない結婚生活になる前にしっかりと査定して。

子供に対しての考え方はどうか?

結婚もしてないのに「子供の話を出すのはちょっと……」なんて恥ずかしがってちゃダメ。

子供のことは重要!いつ頃ほしいか、何人ほしいか、などは結婚前に話しあうべき。

結婚してから子供に対しての考えに誤差があったらマズイよ。

自分は子供が欲しいのに夫は欲しがらないとか、逆に自分は子供をまだ欲しくないのに相手が早く欲しがるとか、すごく困ると思わない?女性は職場における育休のこともあるしね。

結婚してからは様々なことで揉めるの。「子供を私立に入れるか公立に入れるか」「塾に行かせるか」「お受験させるか」でケンカになったり、教育方針で対立する夫婦も少なくないんだら。

“子供関連のネタ”は避けようとする女性も多いけど、大事な将来設計。

「結婚したら考えれば……」という成り行き任せではなく、自分の希望は伝えて相手の意見も聞き、互いの気持ちを確認しておいたほうがいいよ。

「結婚前に子供の話しなんて相手が引いちゃいそう」なんてビビってないで、結婚前だからこそ、話さなきゃいけないことだと肝に銘じて。

【神崎桃子の恋愛説法:「将来の話」を避けたがる男とは幸せにはなれない】

「結婚しても私は今の仕事を続けたいんだけど」

「男性が家事をやることについてどう思う?」

「毎日一緒にいると私達、どうなるのかな」

「子供とか何人くらい欲しい?」

……女性のそんな問いかけにちゃんと向き合おうとしないなら将来を共にするべき相手じゃないよね。

彼があなたを本当に愛していているのならば、たとえその瞬間までそんなこと一ミリも考えていなかったとしても、その瞬間から一緒に考えてくれるはず。

「先のことなんて答えられないよ」と、将来の話を放棄するような男性は、あなたの真のパートナーじゃないってことよ。

(恋愛事情専門家・恋愛コラムニスト/神崎桃子)

元記事で読む
の記事をもっとみる