1. トップ
  2. ファッション
  3. アレック・ボールドウィン、銃誤射事故の捜査で令状が出された携帯電話をいまだ提出していないことが明らかに

アレック・ボールドウィン、銃誤射事故の捜査で令状が出された携帯電話をいまだ提出していないことが明らかに

  • 2022.1.14
  • 4533 views

映画『Rust(原題)』の撮影現場で起きた銃誤射事故をめぐって、当事者である俳優のアレック・ボールドウィンが、警察から捜査令状が出ている私物の携帯電話をいまだ提出していないことが明らかに。(フロントロウ編集部)

アレック・ボールドウィンは一部報道内容を否定

映画『Rust(原題)』の撮影現場で起きた銃誤射事故をめぐって、同映画の主演俳優でプロデューサーのアレック・ボールドウィンの私物の携帯電話に警察が捜査令状を出したことを、以前、フロントロウでお伝えしたが、あれから1ヵ月近く経った今も提出されていないことがわかった。

ご存じの方も多いと思うが、昨年10月21日、米ニューメキシコ州で撮影中だった映画『Rust』のセットで、撮影監督のアリナ・ハッチンスが小道具の銃の誤射によって亡くなる事故が発生。この事故でジョエル・ソウザ監督も負傷した。銃に弾が装填されていることを知らずに撃ったアレックは、事前に助監督から“安全”だと伝えられていたそうで、アレックに銃を渡した助監督や武器係の確認不足が事故の原因と見られている。また、アレックが撃った銃は正確には小道具の銃ではなく“本物の銃”で、なかに実弾が入っていたことがその後の捜査で明らかになっている

画像: 事故現場となった教会とその内部の写真。
事故現場となった教会とその内部の写真。

米Peopleによると、捜査を担当する保安官事務所もアレックは「最初の捜索令状に従ってすぐに携帯電話を提供しませんでした」と認めており、現在、携帯電話とその内容を入手するための交渉が行われている最中であることを明かした。

一方のアレックは、インスタグラムにアップした動画を通じて、自身が“捜査令状に応じていない”とする一部報道内容を否定しており、「私の携帯電話に関する要請や命令、要求、捜索令状に私が応じていないという指摘はでたらめであり、嘘です。というのも、彼らは具体的に何をしたいのかを明示しなければならないからです。携帯電話を調べて、(事故とは無関係の)写真や妻へのラブレターなどを盗むことはできないのです。それでも我々は1000パーセント、すべてに従うつもりです。私たちにとってそれはまったく問題ないことです。アリナ・ハッチンスの死を尊重するための最良かつ唯一の方法は、 真実を明らかにすることです。それが私の目指していることであり、主張であり、要求です」と自身の立ち位置を明確にしている。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる