1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「ごめん、別れよう」男性が彼女に冷める瞬間7つ

「ごめん、別れよう」男性が彼女に冷める瞬間7つ

  • 2022.1.14
  • 42013 views

“出会いがあれば別れもある”というのは人生において自然なことです。しかし、大好きな彼氏との別れは何度経験しても慣れるものではありません。

突然彼氏から別れを切り出されたとしたら。もしかするとあなたに“冷める原因”があったのかもしれません。今回は「男性が彼女に冷める瞬間」を7つご紹介します。

 

突然の別れ話……男性が彼女に冷める瞬間とは

突然彼氏から「別れよう」と切り出されたら、誰だって驚き傷つくでしょう。一体何が原因で彼氏をそこまで冷めさせるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

“面倒くさい”と感じた
「ごめん、別れよう」男性が彼女に冷める瞬間7つ
恋学[Koi-Gaku]

彼女に対して“面倒くさい”という感情が湧くと、一気に冷めてしまうという男性は多くいます。

特に男性が面倒に感じるのは『過度な束縛』。好きすぎるあまりに行き過ぎた束縛をしてしまうと、彼氏の心は離れていきます。「そばにいてほしい」「甘えたい」と思うのはごく自然なことですが、良かれと思った行動が逆効果になってしまう場合もあるのです。

また束縛以外にも「〇〇して!」「〇〇は嫌だ」などのわがままな発言が続くことも男性が面倒くさいと感じる原因に。

ヤキモチやわがままは適度でこそ可愛いと思われるものなのです。

会話のネタが愚痴や悪口ばっかり

彼女の話の内容が愚痴や悪口ばかりでは、男性は嫌気がさしてしまいます。仕事で疲れているときに延々そんな話を聞かされれば余計に疲労が溜まってしまうでしょう。「俺の気持ちは考えてくれないんだ……」と思われかねません。

二人でいるときは明るい話で盛り上がれば男性もリラックスでき、「もっと一緒にいたい」と思います。しかし、ネガティブな話題ばかりの彼女には一気に気持ちが冷めてしまいます。

会えない時間が続いたとき

物理的な距離が原因で、気持ちがどんどん離れていってしまうケースもあります。特に遠距離恋愛の場合、彼氏側が彼女に冷めるという例が少なくありません。

また、「ドタキャンが多い」「友人とばかり遊んでいる」などの理由で、デートの約束が先延ばしになることも冷める瞬間の一つ。こんな状態では付き合っている意味が見出せないでしょうからね。

『自分は彼女に大切にされていない』と感じ、男性は冷めてしまうのです。

喧嘩が多くなったとき
「ごめん、別れよう」男性が彼女に冷める瞬間7つ
恋学[Koi-Gaku]

喧嘩はどのカップルにも起こり得ることですが、その頻度が多くなると男性の気持ちはぐんと冷めていきます。

喧嘩はかなりのエネルギーを浪費するため、たった一度でも心身共に疲弊するものです。それがしょっちゅうとなれば、結果は明らかですよね。

喧嘩の回数が多くなればなるほど素直に仲直りができなくなり、次第に心が離れていくのです。

女性としての魅力を感じられなくなった

これはもっとも男性が女性に冷める瞬間かもしれません。

たとえば大きないびきをかいたり、おならをしたり。人間の生理現象なので仕方ないとはいえ、あまりにデリカシーのない姿に一気に冷めてしまう男性は多いのです。

また、交際期間が長くなることで彼女が家族のように感じられ、一人の女性として見れなくなるというケースもあります。

嘘をつかれた

嘘にも様々な種類がありますが、信頼を失うような嘘は冷めるきっかけには十分でしょう。

もっとも信頼を失う嘘といえば、やはり”浮気”です。「家にいる」「〇〇ちゃんと遊んでる」と言っていたにも関わらず浮気がバレたとなれば、もう男性は彼女を信じられなくなります。

信頼関係を築くには時間がかかるものですが、壊れるのは一瞬です。彼女が「一回だけだから大丈夫」と思ったとしても、男性はその一回が許せないのです。

他の男性と比べられたとき
「ごめん、別れよう」男性が彼女に冷める瞬間7つ
恋学[Koi-Gaku]

他人と比べられるのは誰にとっても気分のいいものではありません。特に男性は、他の男性と比較されることを嫌います。

その比較対象が彼女の元カレとなれば、「じゃあそっちに戻ればいいじゃん!」となるのも当然でしょう。一度だけでも不快なものを、もし何度も比べられるようなら気持ちが冷めるのも無理ありません。

たとえ女性が冗談のつもりで言ったとしても、男性を傷つけることに変わりはありません。彼氏の前で他の男性と比べるような発言は極力避けるのが懸命でしょう。

冷めるのには理由がある!

今回は「男性が彼女に冷める瞬間」を7つご紹介しました。

理由なく人の気持ちが冷めることはありません。原因がどこにあるのか、二人の関係性を見つめ直すことも大切ですよ。

Written by 逢坂汐里

元記事で読む
の記事をもっとみる