1. トップ
  2. メイク
  3. 奥二重ライターが手放せない! 目が大きく見える「溺愛アイシャドウ」3選

奥二重ライターが手放せない! 目が大きく見える「溺愛アイシャドウ」3選

  • 2022.1.12
  • 75928 views

メイクをするとき、気になるパーツはありますか? 口元や目元など人によってさまざまですよね。筆者は奥二重なので目が腫れぼったく見えがちで、アイシャドウの色で似合うものとそうでないものがハッキリ分かれてしまうのが悩みです。それゆえ、今までに買って失敗したアイシャドウやアイライナーは数知れず。そこで今回は、何度も失敗した筆者が自信を持っておすすめする「奥二重向きアイシャドウ」をご紹介します。あなたも塗るだけで、目がぱっちり大きく見えるかも…!

指でひと塗り! コンパクトなのに優秀なアイシャドウ

INTEGRATE GRACY「指塗りグラデ アイシャドウ VI1」¥935

最初におすすめしたいのは、『INTEGRATE GRACY(インテグレートグレイシィ)』の「指塗りグラデ アイシャドウ VI1」です。

単色アイシャドウ並みのコンパクトさがありながら、指1本でアイメイクが完成する優れもの。ピンク系やレッド系などカラーはさまざまですが、奥二重の筆者はパープルをセレクト! 目が大きく見え、かつ大人な仕上がりになるので重宝しています。

このアイシャドウは下が目のキワの部分に合った色、上がアイホールに合った色と分かれています。そのため、両方の色を中指で取ったあと、上まぶたをキュッと引き上げ、キワに濃いカラーがくるようにオンするだけでOK。

まぶたにのせたら2~3往復し、グラデーションになるように馴染ませるのがポイントです!

【商品情報】
INTEGRATE GRACY「指塗りグラデ アイシャドウ VI1」
価格:¥935
内容量:2.2g

まるで絵本のよう! 飛び出すパッケージも見逃せないセクシーなアイシャドウ

KATE「トラップアイパレット EX-1」¥2,750

続いては、『KATE(ケイト)』から限定で発売された「トラップアイパレット EX-1」です。

仕掛け絵本のようなデザインが特徴的! パレット内のクモのイラストのカラーが変わったり、セクシーな女の子のイラストが飛び出してきたりと、パッケージに惹かれました。

もちろん、気に入ったのはパッケージの可愛さだけではありません。別名「罠の駆引」という名前のついたアイシャドウなだけあり、キラキラカラーとマットなカラーがバランスよく入ったアイシャドウパレットです。

奥二重が苦手とするピンク系のカラーも入っていますが、見た目ほど色がつかないので、筆者は下まぶたに細めに入れてアクセントカラーとして愛用しています。

このパレットのブラウンは赤みが少ないので、奥二重でも馴染みやすいですよ。

【商品情報】
KATE「トラップアイパレット EX-1」
価格:¥2,750
内容量:4.0g

オンオフのどちらも手放せない! リピートしまくりの溺愛アイシャドウ

AUBE「ブラシひと塗りシャドウN 11」¥4,070

最後は、奥二重のメイク初心者さんに自信を持っておすすめしたい『AUBE(オーブ)』の「ブラシひと塗りシャドウN 11」。

このシリーズは他のカラー含め、何個リピートしたか分からないほど! 筆者はもともとメイクが得意なほうではなく、カラーメイクが特に苦手でしたが、このアイシャドウはきれいなグラデーションが誰でも簡単にできますし、目をぱっちりと見せてくれるので、ないと不安になるほどお気に入りのアイテムです。

オンもオフも使うので、底が見えるほど溺愛!

一番上にあるクリームのような質感のアイシャドウベースをアイホール全体に広げたら、3色の部分を同時にブラシで取り、ササッとまぶたを往復させるだけ! 目元をくっきりさせたいときは、一番下のアイライナーの代わりになるパウダーを目のキワに入れています。

筆者はばっちりメイクが難しい職場に勤務していますが、濃いめにもナチュラルにも仕上げられるのも推しポイント。きちんと感がある目元にしてくれるパレットなので、とても重宝しています。

【商品情報】
AUBE「ブラシひと塗りシャドウN 11」
価格:¥4,070
内容量:4.5g

奥二重でも“目が大きく見える”アイシャドウを取り入れて!

顔の悩みは個性として大事にしつつ、もっと自分を好きになるために、メイクで変われたらいいですよね。

今回は、筆者の特徴である“奥二重”に注目して、お気に入りのアイシャドウをご紹介しました。¥1,000以下のプチプラなものから、オンオフに使える万能パレットまで、奥二重さんの参考になるとうれしいです。

【参考】
『INTEGRATE GRACY』公式サイト
『KATE』公式サイト
『AUBE』公式サイト

文/皆川みほ

元記事で読む