1. トップ
  2. ファッション
  3. CLASSY.スタッフが2021年に自腹で買った「アウター」5選

CLASSY.スタッフが2021年に自腹で買った「アウター」5選

  • 2022.1.12
  • 3468 views

CLASSY.スタッフが、2021年に買った名品とは…?今回はおすすめのアウター5点をドドンとご紹介します。

CLASSY.スタッフが今年買った「名品アウター」5選

l’heritage martiniqueの M-65ブルゾン
ミリタリーテイストですが、パールがついていたり生地にツヤがあったりと、ワークっぽすぎないところが気に入って購入。お尻が隠れる長め丈で使いやすく、コートとして羽織っても十分暖かいのも嬉しい!(スタイリスト/三好 彩さん)

uncraveのダッフルコート
ロング丈のダッフルコートは、顔色が明るくなりそうなホワイトを。白コートは甘いイメージが強くて苦手意識があったのですが、ダッフルなら品のいいカジュアル感が出せてデイリー使いもしやすいです。(編集 / 前田章子)

STUNNING LUREのブルゾン
コンパクトなライダースはすでに持っているのですが、ゆったり着られるサイズ感に惹かれて。着てみるとほんのりとAラインになるので、ハードすぎないところもお気に入り。女っぽい雰囲気で着られます。(編集 / 前田章子)

LOEWEのコート
暑がりなので、コートは「サラッと羽織れるガウン」派。今季の新作を物色していたら、可愛らしいパフスリーブに胸キュン♡袖をまくってロンググローブと合わせたり、新鮮な気持ちで楽しめそう。(ライター/横山理恵さん)

Adidas By Stella McCartneyのパッカブルブルゾン
季節の変わり目に大活躍中の薄くて軽いマウンパ。撥水加工が施されているのでちょっとの雨なら傘がなくてもこれ1枚で大丈夫だし、ロケからジム着、ちょっとキレイめな服の羽織りと、大活躍中です。(ライター/佐藤かな子さん)

撮影/村本祥一(BYTHEWAY) 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む