1. トップ
  2. レシピ
  3. お餅やお鍋にもちょっぴり飽きてきたら、カルディで人気の「フリカッセ」で簡単フレンチはいかが?

お餅やお鍋にもちょっぴり飽きてきたら、カルディで人気の「フリカッセ」で簡単フレンチはいかが?

  • 2022.1.11
  • 1336 views

おせちにお雑煮、お正月のお料理も楽しんで、お餅や鍋料理にもちょっぴり飽きてきましたね。そんな時は世界の美味しいものを集めた「カルディ」が助けてくれますよ。




今回、カルディで、赤と白のギンガムチェックのパッケージが可愛くて思わず手にとってしまったのが「フランス風クリーム煮の素 フリカッセ」です。



フリカッセとは、フランスの「白い煮込み」という意味の調理法。

シチューとはちょっと違うところは、野菜やお肉、お魚をバターで炒めたら、生クリームを加えて煮込んだ、フランスロワーヌ地方の家庭料理なんです。



カルディのフリカッセは、具材を炒めてフリカッセの素を加えるだけで完成ととっても簡単。お肉やお魚などの場合は、生クリームをプラスしてあげると上手に仕上がりますよ。

しかし、カルディのフリカッセの素がない!でも食べたい!という方にはおうちでも作れるフリカッセの万能レシピをご紹介したいと思います。

◆鶏とキノコのフリカッセ



鶏もも肉とキノコで作るとってもシンプルなフリカッセ。シンプルですが、じっくり火を入れることで旨みが逃げずとっても深い味わいです。おせちの後は、濃厚だけどシンプルなフリカッセのようなお料理が食べたくなりますよね。ちょっとしたおもてなしにもオススメなので、早速作って見てくださいね。



◆手羽元とレンズ豆の煮込み



手羽元に、レンズ豆も加えて、より食べ応えのある一品に仕上げた一品は、先に手羽先に火を入れてから、バターと玉ねぎを炒めるのが焦げ付かないポイントです。手羽元を切り分けた時の中から滲み出る旨みと、生クリームの濃厚さがクセになる美味しさです。寒い季節に食べたくなる一品ですよ。



◆サワラとブロッコリーのクリーム煮



チキンだけではなくお魚もこの通り!淡白なさわらも生クリームの濃厚ソースでリッチでゴージャスに仕上がります。ほっこり贅沢な一品です。



◆鮭とエリンギのカレークリーム煮



鮭とエリンギをバターと生クリームを贅沢にたっぷり入れて作った、とってもクリーミーな一品は、カレー粉を少々プラスしてアレンジすることで、体もポカポカでとろける美味しさになりますよ。バケットとの相性は抜群ですよ。



お正月料理に飽きた時は、バターと生クリームで作れる「フリカッセ」がオススメです。
お正月は運動不足になりがちなので、お散歩兼ねてカルディにお出かけするのも宝探し気分でワクワクしますよね。

寒い季節は体をしっかり芯から温めて、風邪に負けない体を作っていきましょう!

(豊島早苗)

元記事で読む