1. トップ
  2. ネイル
  3. ネイルアートで福祉活動!福祉ネイリストってどんなお仕事?

ネイルアートで福祉活動!福祉ネイリストってどんなお仕事?

  • 2015.8.15
  • 2314 views

社会福祉といっても今はさまざまな種類がありますが、実はネイルアートによる福祉も存在することをご存知でしたか?それが「福祉ネイリスト」という新しいタイプのネイリストです。

ネイルで福祉活動

【イットネイル】社会福祉といっても今はさまざまな種類がありますが、実はネイルアートによる福祉も存在することをご存知でしたか?

それがここ最近になって注目されている、「福祉ネイリスト」という新しいタイプのネイリストです。

「え?ネイルで福祉?」と初めて聞いた方は驚くかもしれませんが、実はネイルには癒しや元気、笑顔を届ける効果だってあるんです。

福祉ネイリストとは?

福祉ネイリストはさまざまな訪問先の人に対してネイルアートを中心としたサービスを行い、癒しや笑顔をもたらすことで福祉活動を行っているネイリストのことをいいます。

近年は日本で高齢化が進み、福祉の分野に関してもさまざまな問題が生じています。

そこで、高齢者が 抱えるストレスを軽減し、ネイルやハンドマッサージなどを通して癒しや楽しみを届け、介護や福祉に貢献する福祉ネイリストの活動が注目されているというわけです。

もちろんサービスの対象は高齢者に限らず、障がい者や震災の被災者など非常に幅広く存在します。

指先が美しくなることはもちろん、ネイルアートの中でスキンシップや楽しい会話が生まれれば、元気がなくなっていた人も自然と心も和みます。

このようにネイルやハンドケアを、通して楽しい気持ちや希望を届けるのが、福祉ネイリストの仕事というわけです。

福祉ネイリストに向いている人は?

・お年寄りとの会話が好き、得意な人

・誰かを笑顔にしたい、役に立つ仕事がしたい人

・ありがとうと言われるような仕事がしたい人

・自分のネイル技術を活かしたい人

・福祉関係など社会に役立つ仕事がしたい人

出典:http://itnail.jp

福祉ネイリストになるには?

最近は、福祉施設向けネイルケアを学べるカリキュラムやコースを設けたネイルスクールも増えています。

これらのカリキュラムがある認定ネイルスクールにて一定カリキュラムを修了し、卒業試験に合格すれば晴れて福祉ネイリストとして活動ができるというわけです。

実質講習合計25時間程度の講習とかなり短いので、忙しい人でも比較的早く修了することが可能です。

もし興味がわいたら、まずは認定スクールを調べてみましょう。

Itnail編集部

元記事を読む