1. トップ
  2. レシピ
  3. 献立にもう一品! レンジで5分「ゴーヤの梅味噌和え」

献立にもう一品! レンジで5分「ゴーヤの梅味噌和え」

  • 2015.8.14
  • 1445 views

じっとしているだけでも暑い季節。キッチンに立つ時間も最小限に抑えたいものです。旬のゴーヤを使って、材料を切って電子レンジで加熱するだけ、たった5分で作れるおかずをご紹介します。

レンジで簡単! 5分でできるゴーヤの梅味噌和え

ゴーヤといえば、ビタミンCが豊富。それに加えて梅干しのクエン酸で、疲労回復効果絶大です。そんな美容と健康にうれしいおかずが火を使わずに作れます。

ぜひ、この夏のレパートリーに加えてみてください。

ゴーヤの梅味噌和えの材料(2人分)

ゴーヤ…大1本

塩…少々

梅干し…2個

味噌…大さじ1

みりん…大さじ1

すりごま(白)…大さじ1

ゴーヤの梅味噌和えの作り方

ゴーヤは両端を落として縦半分に切り、スプーンでワタをのぞき、薄切りにする。

塩をふって軽くもみ、5分ほどおいて水洗いして水気をしぼる。

梅干しは種をのぞいて包丁でたたいてペースト状にする。

耐熱ボウルに3.と味噌、みりんを入れて混ぜ、2.を加えてざっと混ぜる。ふんわりとラップをして電子レンジ600Wで1分加熱する。

ラップをはずし、すりごまを加えて混ぜる。

たったこれだけです。もう一品ほしいときやお弁当のおかずにはもちろん、ゆでたそうめんや冷やしうどんにのせるのもおすすめです。

今回、梅干しは甘くないものを使用していますが、しそ入りでも、はちみつ入りでも、お好みにあわせて使い分けてください。

ゴーヤのビタミンCは熱で壊れにくいので、今回のようにレンジで加熱しても影響が少ないのもうれしいですね。

また、ビタミンB1やB12など肌を保護するビタミンも豊富なので、真夏の美肌づくりには欠かせない野菜と言えます。

今回は塩もみしたあとに軽く加熱しているので、ゴーヤの苦味が気になるかたでも食べやすいですよ。

そして、梅干しに豊富に含まれるクエン酸は、疲労回復作用や抗酸化作用がありますし、ごまも抗酸化作用が豊富なので、アンチエイジング効果も期待できます。

ただ、ゴーヤは体を冷やす作用もあるので、冷えが気になるかたは食べすぎには注意してくださいね!

(森崎 繭香)

元記事を読む