1. トップ
  2. 恋愛
  3. どこを見ればいいの?「相性のいいパートナー」の見極め方

どこを見ればいいの?「相性のいいパートナー」の見極め方

  • 2022.1.4
  • 3386 views

せっかく付き合うなら、相性バツグンの人を選びたいですよね。

でも実際に付き合ってみるまで、相性なんて分からないし……と考える人も多いはず。

とはいえ意外と、付き合う前にもある程度の相性は見極められるのです。

今回は、そんな「相性のいいパートナー」の見極め方をご紹介します!

「譲れないもの」が似ている

まったく同じ価値観の人は、世のなかでそうそう出会えるものではありません。

しかし金銭感覚や時間を守るなど、誰しもが「譲れない価値観」を持っているはずです。

たとえばケチすぎる男性と付き合ったら、デートにはお金をかけられないでしょう。

また時間にルーズな男性と付き合ったら、小さなイライラが蓄積していくでしょう。

お互いに譲歩できる部分は理解し合うべきですが、幼少期から育まれた「価値観」は、一人ひとりのアイデンティティでもあります。

そういう部分が最初から近しい人と付き合ったほうが、お互いに我慢せずに済むでしょう。

生活スタイルに共通点が多い

彼とはのんびりおうちで過ごしたいのに、やたらアウトドアに誘われる。

「日焼けするからイヤだ」と言っているのに、デートは海や山ばかり……。

こんな状況が続けば、やはりストレスが溜まりますよね。

おそらくデートが減って、彼とはだんだん疎遠になるでしょう。

このように生活スタイルの違いにより、関係を長続きさせるのは難しくなります。

正反対タイプの男性との交際も刺激的で楽しいでしょうが、分かり合えないと苦労するでしょう。

会話のテンポが近い

彼とのデート中、「気づいたら私ばかり喋っている……」なんてこと、ありませんか。

これは無言が怖くて、無意識のうちに一生懸命喋ってしまっているのが原因かもしれません。

とはいえ、彼にとってはこれくらい沈黙が多いほうが心地よいことも……。

最初のうちならまだしも、会うたび毎回頑張りすぎてしまうならば、付き合ってからも彼に気遣ってばかりになるかもしれません。

ですから、ある程度会話のテンポが近い人のほうが気疲れせずに済むでしょう。

付き合う前にチェックしてみて!

100%ウマが合う人というのは、そうそう出会えるものではありません。

ですが付き合ううえで困難になりそうな部分は、少ないほうがいいものです。

だからこそ彼の趣味や考え方などは、初デートやLINEの段階からチェックしておけるといいでしょう。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる