1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ボーイッシュなインテリアにハマりそう♪ マリンテイストのブルー系シェアハウスを発見!

ボーイッシュなインテリアにハマりそう♪ マリンテイストのブルー系シェアハウスを発見!

  • 2015.8.13
  • 1831 views

さわやかなマリンテイストのシェアハウス「kuca」が2015年8月13日(木)にオープンしました☆ 設計は、ガーリーでチャーミングなデザインが大人気の夏水組。このシェアハウスは男女どちらでも入居できるタイプで、男子でも気負いなく入居できるよう、ブルーを基調にしたナチュラルでボーイッシュなイメージでまとめられています♪

【Aユニットのエントランスに並べられた海を彷彿とさせるオーナメント】

【Aユニットの共有の広いリビングと手前にリビング。天井や床の木目が味わい深い】

この「kuca」ではいろいろ好みや暮らし方をもつ方が集まってもらえるように考えられたプランやデザインはとても特徴的! 入居者が自分に合った暮らし方が見つかるようにと、シェア部分の割合が異なる3つのパターン、計4つのユニットが用意されています。

Aユニットは、賑やかな雰囲気が大好きな、シェアハウスに慣れている方向け。「kuca」のムードメーカー的存在になりたい方にオススメです。このAユニットには、ほかのユニットの住人全員が共有するリビングやキッチンなどが置かれています。誰かと話がしたくなったときには、このAユニットに集まりましょう!!

【Aユニットのダイニング】

【Aユニットのキッチン。Aユニット住人用と他ユニット住人用に冷蔵庫が二つ。右手にはすべての住人用に1つずつ、調味料や食材をしまう専用のカゴが置かれています】

【Aユニットの洗面台。タイル張りがお洒落】

B、Cユニットはそれぞれ4人の入居者が1つのダイニング・キッチン、シャワーユニットとトイレをシェアする形。「いきなり大人数で住むのは不安」というシェアハウス初心者や、「シェアハウスの卒業をそろそろ考えているけれど、緩いつながりはまだもっていたい」という方にオススメです。

【寒色系を基調としたBユニットのエントランス】

【暖色系を基調としたCユニットの共用ダイニング・キッチン】

【Cユニットの共用のトイレ。壁紙はレトロな雰囲気の黄色い花模様】

そしてDユニットは、さらに個室の独立性が高くなっていて、それぞれにシャワーユニットとトイレ、ミニキッチンがついています。2名の入居が可能なので、例えばシェアハウスを卒業したカップルなどにピッタリでしょう!

またインテリアは、それぞれ個室の扉・壁紙のカラーや模様がすべて異なっていて、好きなテイストの部屋を選ぶことができます。扉のカラーは寒色系から暖色系までいろいろ。扉のカラーとコーディネートされた壁紙は、クラシックな花柄から中近東風タイル模様、シャビーな木目調、アヴァンギャルドな幾何学模様、などなど珍しい素敵な壁紙ばかりで、迷う楽しみも提供してくれるんです♪

【扉のカラーもすべて異なります。微妙な色合いがお洒落】

【ブルー系のクラシックな花柄の壁紙】

【グリーン系の中近東風タイル模様の壁紙】

【茶系の幾何学模様の壁紙】

いろいろな趣味や性格、年代の方が、仲良く暮らせるよう、工夫が凝らされた「kuca」。すでに2015年8月1日に開催された内覧会で、すでに半分近くの部屋の入居が決まってしまったそうです。こちらのシェアハウスが気になるあなた、お早めに問合せしてみてくださいね。

kuca クウカ上北沢

■共用部:1F リビング・キッチン・トイレ・洗面・浴室(風呂付)・シャワールーム・テレビ(J:COM視聴可能)・無線LAN接続環境・冷蔵庫・オーブンレンジ・洗濯乾燥機・掃除機・エアコン 2F:キッチン・トイレ・洗面・シャワールーム・冷蔵庫・オーブンレンジ・洗濯乾燥機・掃除機・エアコン

■シェアハウス専有部(A,B,Cユニット):エアコン・収納家具・TV配線・インターネット配線有

■ワンルームタイプ(Dユニット):ミニキッチン・シャワーユニット・トイレ・洗面・小型冷蔵庫・エアコン・TV配線有

■A・B・Cユニット専有部:8.0㎡~9.1㎡ 賃料:58,000~63,000円 共益費:月額12,000円(電気・ガス・水道・インターネット使用料含む)

■Dユニット:14.65~16.00㎡ 賃料:68,000~71,000円 月額14,000円(電気・ガス・水道・共用リビング利用費含む)、2名入居の場合は10,000円増し

所在地:東京都杉並区下高井戸 京王線上北沢駅 徒歩7分、京王井の頭線浜田山駅 徒歩19分

問:こひつじ不動産 http://www.cohituji.com/cohituji/

text:Yumiko Yano photo:Tatsuya Watanabe

元記事を読む