1. トップ
  2. ダイエット
  3. 減量効果に2〜3kgの違いを生む!運動によるダイエット効果を高める【痩せメソッド】

減量効果に2〜3kgの違いを生む!運動によるダイエット効果を高める【痩せメソッド】

  • 2022.1.3
  • 6912 views

「今年こそ本気で痩せないと!」と決意している方にとって、食事管理と運動は切り離せないもの。中でも体に負担のかかる運動については、効率良く減量効果を望める方法で取り組みたいと考えている方は少なくないと思います。そこで今回は「減量効果2〜3kgの違いを生む!」と注目を集める【痩せメソッド】をチェックしてみましょう。

運動による減量効果UP「3-2-1メソッド」とは?

ジェシカ・アルバやハル・ベリー、ダコタ・ジョンソンなどが採り入れているダイエットメソッドが「3-2-1メソッド」と呼ばれる理論になります。

これは「有酸素運動」と「サーキットトレーニング」と「コアトレーニング」の3つをそれぞれ“3:2:1の割合で行う”というもの。具体的にどんなメニューを実践するかというと、

(1)ジョギングやジャンピングジャックなどを“3分間”行う

(2)スクワットやダンベル上げなどを“2分間”行う

(3)プランクなどを“1分間”行う

といった感じで運動時間を決めて繰り返すだけです。しかも「3:2:1の割合を守れば、どんなエクササイズを行っても良い」というのも嬉しいポイント。ジョギングが苦手ならダンス、スクワットが苦手ならランジといったように、自分の好きなようにアレンジして取り組めます。

柔軟性を高める運動も行って“しなやかさ”を手に入れる

しかし、「有酸素運動」と「サーキットトレーニング」と「コアトレーニング」はただ単に体を引き締めるだけのエクササイズ。それだけを実践しているだけでは“オンナらしい痩せボディ”には近づけません。

そこでしなやかさを手に入れるために合わせて実践したいのが、体を温め、ほぐし、筋肉を緩めることを目的とする「ヨガ」や「ストレッチ」です。ヨガやストレッチは集中して行ったエクササイズのクールダウンや疲労回復にも効果的。さらに身体が温まることで冷えやむくみの予防にもなり、基礎代謝をさらにアップさせる効果も期待できます。

ただ細いだけではなく、スリムだけど筋肉の存在も感じる“しなやかな痩せボディ”をめざすのがダイエットの理想とするところ。特に“3-2-1メソッド”は「運動による減量効果が高まる」と言われているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる