1. トップ
  2. グルメ
  3. ワインラバーを魅了するナパの造り手たち。

ワインラバーを魅了するナパの造り手たち。

  • 2015.8.12
  • 463 views

【さらに写真を見る】ワインラバーを魅了するナパの造り手たち。

広めのスペースにモダンなインテリアの置かれた客室。

至高のワインを求める旅の第二弾は、ナパバレーへのワイナリートリップ。おしゃれなブティックホテルに滞在して、フルボディーからカジュアルワインまで自分好みのワインを探して。

ワインラバーのためのおしゃれなブティックホテル。

今回のホテルはナパ市街地の北側、オークノール地区の「センザ・ホテル」。昨年9月に全面リニューアルされて、パティオ付きのスイートルーム18室が新たに加わり、人気のB&Bが全41室のモダンでおしゃれなブティックホテルに生まれ変わった。

カバナ付きの温水プールやスパサービスも提供。最新設備を備えたフィットネスセンターなども整備されて、ワイナリー巡りのベースキャンプとしては申し分ない。人気レストラン「ブション」のペイストリーなどが並ぶ朝食も好評だ。広々としたバルコニーの前にはブドウ畑が広がり、カラフルな熱気球が浮かぶ。熱気球ツアーが盛んなナパらしい光景だ。夕方には地元産のワインの無料テイスティングを開催。手作りのチーズと共に味わうナパワインはまた格別。センザ・ホテル (Senza Hotel)

4066 Howard Lane, Napa, CA 94558, U.S.A.

TEL/+1-707-253-0337

http://www.senzahotel.com/

料金/1室1泊319ドル~(2泊以上限定、2015年8月現在)

コンテンポラリーなアートに囲まれた最新ワイナリー。

センザ・ホテルのオーナー、キャサリン・ホールは、2003年から夫クレイグとともに、ナパのセントへレナ地区に「ホール・ワインズ」を経営している。2005年には隣のラザフォード地区に、単一畑限定のワインを生産するための最新設備のワイナリーも建設。カリフォルニア州のワイナリーで初めてLEED*というエネルギー環境基準を満たし、所有する5つの畑がオーガニックの認証を取るなど、先進的な取り組みも行っている。

こだわりは環境面だけではない。多彩なアートに囲まれた施設は、とてもワイナリーとは思えないコンテンポラリーな空間。もちろんワインのクオリティにおいても、有名なロバート・パーカーの評価で90ポイント以上を取ったワインが既に140点以上もあるという。セントヘレナ、ラザフォードのどちらの施設でも、テイスティングしてその実力を試すことができる。

* Leadership in Energy and Environmental Designホール・ワインズ (Hall Wines)

401st. Helena Hwy. South, St. Helena, CA 94574, U.S.A.

http://www.hallwines.com/

TEL/+1-707-967-2626

カリフォルニアきってのピノノワールの名産地から。

ナパバレーの中で最も南部に位置するカルネロス地区は、アペラシオン(=産地)がカルネロスというだけで高く評価されるほど良質なピノノワールの生産地。ロバート・モンダヴィに師事し、ブドウ栽培とワイン造りを習得したデービッド・ハーモンによって設立されたワイナリーが、カルネロスデラノッテだ。

自社畑でピノノワールを栽培し、超プレミアムなワインを生産している。ブドウ栽培においては絶えずぎりぎりの量の水しか与えないため、収穫期直前にはほとんど干しブドウ状態。最も糖度が高まる温度の下がった夜に手摘みで収穫することで、果実味があふれるまろやかなワインが作られる。豊かな黒ベリー系の果実香に、サフラン、シナモン、バニラなどのスパイス香が見事に編み込まれたワインだ。カルネロスデラノッテ (Carneros della Notte)

1003 Dealy Ln, Napa, CA 94559, U.S.A.

http://www.carnerosdellanotte.com/

TEL/+1-707-495-2464

http://www.napaoffice.us

日本の問い合わせ先/NAPA OFFICE.US 東京スタジオ

良質の気候に育まれたピノノワールの逸品をテイスティング。

ナパバレーの西隣のソノマは、ナパと並ぶ米国最大のスペシャリティワインの生産地。美しく広大な自然は、旅のデスティネーションとしても注目の地域だ。その中でもロシアンリバーバレー地区は、海からの冷たい霧が良質なピノノワールとシャルドネを育むことで知られ、個性豊かな80軒ほどのワイナリーが集まっている。

そのひとつ「VMLワイナリー」は、2009年にピノノワールを初出荷し、翌年からシャルドネの生産を始めたというまだ新しいワイナリーだ。ブラックベリーやチェリーの果実味に富み、力強く豊潤な味わいのピノノワールは専門家の評価も高い。テイスティングルームは毎日11時から17時までオープン。オーガニックハーブの広がる庭園の中でピクニック気分を味わいながらワインを試飲することができる。V.M.L.ワイナリー (Virginia Marie Lambrix Winery)

4035 Westside Road, Healdsburg, CA 95448, U.S.A.

http://www.vmlwine.com/

TEL/+1-707-431-4404

http://www.napaoffice.us

日本の問い合わせ先/NAPA OFFICE.US 東京スタジオ

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む