1. トップ
  2. 恋愛
  3. 実はドン引きされている?! SNSのプロフィール画像を加工してはいけない理由

実はドン引きされている?! SNSのプロフィール画像を加工してはいけない理由

  • 2015.8.9
  • 16078 views

最近は写真アプリがどんどん進化していて、可愛くなれたりプロ並みの美肌にできたり、スタイルを良くしたりすることができ、理想の自分に近づくことができますよね。

(c) ginjifukasawa - Fotolia.com

写真を加工するのは楽しいですが、SNSに投稿する画像や人に送る画像は、加工度合いを大きくしすぎないように注意!

今回は、写真の加工をほどほどにしたほうが良い理由についてお話していきましょう。

■嫌悪感すら抱かれてしまう!?

友達などに男性を紹介してもらったとき、事前にお互いの写真を交換する機会もあるでしょう。

あまりタイプでない人と、やり取りを続けていても無駄な時間を過ごしてしまうため、写真を交換してお互いのルックスを知ることは大切なポイント。

ただ、ここで加工しすぎの写真を送ってしまうと、あとで後悔することに…。

確かに、その写真を受け取った相手は「可愛い」「美人」と思い、あなたに対する興味をより深めるかもしれません。

同時に「早く会ってみたい」という感情も芽生え、きっと彼のほうから会う約束をしてくるでしょう。

ネット上のやり取りなら、どれだけ写真を加工してもそれほど影響はありませんが、写真交換をしてから初めて会うという場合は、「写真とは全く別人のような人が来た」と思われてしまい、逆効果に。

ギャップが激しすぎると、男性陣は幻滅どころか、嫌悪感を抱きかねないということ。まだ会ったことのない人と写真を交換するときは、あまり見栄をはりすぎないようにしましょう。

■加工はしない! が正解

理想の自分に近づきたいという気持ちはわかりますが、詐欺と思われてしまっては意味がありません。

フィルターを使ったり、光を強く当てたりするとキレイに写るけれど、それだけリスクがあるということを覚えておきましょう。

写真を交換するときは、なるべく加工せずに送るほうが良いですよ。相手の心理を逆手にとれば、初めて会ったときの印象を良くすることができます。

写真では「ちょっとタイプではないかな」と思われても、実際に会ってみると「えっ? 写真より全然いいじゃん!」という気持ちにさせることができます。

最近はSNSから始まる恋もあるので、写真の撮りかたについてもこの機会に考えてみてはいかがでしょうか?

(RUREI)

元記事を読む