1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 部屋がいつでもポッカポカ!おうちで心地よく過ごせるインテリアのコツ5つ

部屋がいつでもポッカポカ!おうちで心地よく過ごせるインテリアのコツ5つ

  • 2021.12.25
  • 2990 views

冬のおうち時間は、「防寒」が居心地のよさを左右する大切なこと。部屋を温めるだけでなく、身に着けるモノやインテリアなどにも「ぬくもり」を取り入れたいですよね。今回は、本格的な冬に向けて暖かく過ごすポイントと具体的な冬対策をご紹介します。

冬の部屋、寒さ対策はできていますか?

冬は、インテリアでも暖かさを重視して心地よく過ごしたいもの。寒さ対策は万全にしたいですよね。冷気は主に、壁・床・窓から伝わると言われています。この3か所を重点的に対策することで部屋の暖かさがアップするので、ぜひ試してみてくださいね。

壁・床・窓の防寒が鍵。部屋で暖かく過ごすためのポイント

1.防寒対策はここから:窓周辺からの冷気を防ぐ

窓から入る冷気をできるだけシャットアウトすることが、部屋を冷やさない大切なポイント。カーテンを厚手と薄手の二重にしたり、カーテンの内側に「断熱カーテンライナー」を取り付けたりするのもひとつのアイデアです。また、窓やドアなどの隙間に冷気の侵入を防ぐ、「すき間用テープ」を貼るなどすき間風対策もしておきましょう。

寝ている間の冷えが気になる寝室やベッドまわりは、窓とベッドの間にパーテーションを置いて壁を1枚はさんだり、窓から離してソファやベッドを置いたりすると寒さ対策になります。

2.間口を開け放さない工夫を:空間を仕切って冷気をシャットアウト

部屋の間口になる場所からの冷気を防ぐことも意識したいポイント。ドアがない場合は、こちらの写真のようにカーテンをつけるなど、開け放した状態にならないよう対策しておきましょう。

また、意外なのが壁からも冷えが伝わるということ。壁からの冷気を遮るボードを家具との間にはさんだり、断熱効果のあるシールタイプのクロスを貼ったりすると寒さを和らげます。

3.足もとからのつらい冷えに:床からの冷気を防ぐ

フローリングの床から伝わる冷えはつらいもの。足もとには、ラグなどを敷いて床からの冷気を防ぐ工夫を。ラグは取り扱いが難しいと感じる方は、床の色合いになじむジョイントマットやコルクマットなどを取り入れるのもよいでしょう。

特に長い時間を過ごすソファやチェアの足もとや、寝起きに素足で歩くベッド下などには小さなラグを用意したいですね。毛足の短いフラットなミニラグなら、数枚敷いてもお手入れしやすく便利に使えます。

4.部屋全体を暖める:暖房器具などの家電を使う

部屋を暖めるために、やはり使いたいのが暖房器具。エアコンや電気ストーブなど部屋の広さや状況に合う暖房器具を選んでみてください。部屋の空気の汚れや乾燥が気になる場合は、温風が出ない電気カーペットを使う方法も。

また、キッチンなど立ち仕事で身体を動かす場所では、温めすぎず小型の電気ストーブなどで足元を暖めると快適に過ごせます。

エアコン風を部屋中に行き渡らせるためにサーキュレーターを使うのも有効な方法。滞留している暖かな空気に風を当て、部屋に循環させます。暖かい空気は上部に溜まるため、風を部屋の上部に当てるようにするとよいでしょう。エアコンの羽を下向きにしておくと、暖気が足もとへも流れ暖かさを感じることでしょう。

また、部屋の湿度を上げることも意識したいポイント。湿度が50~60%に保たれている部屋は乾燥している部屋よりも暖かく感じられるのだそう。肌が乾燥して困る、というお悩みも解決です。

5.身に着けるモノでも防寒を:その他の冷え対策

ルームシューズも冬仕様のタイプに。ニット、ボア、コーデュロイなどほっこり暖かな素材を選びましょう。スリッパタイプ、シューズタイプ、ブーツタイプなどデザインはさまざま。あなた好みの1足を探してみてください。

工夫次第で暖かさアップ。部屋の寒さ対策を万全に

インテリアを工夫することで、暖かさが格段にアップします。おうち時間を快適にするためにも、早めに寒さ対策をしておきたいですね。部屋を暖めると窓を開けることに躊躇してしまいそうですが、適切な換気は必要。定期的に空気を循環させ新鮮な空気を取り入れながら、上手に寒さ対策をしたいですね。あなたも、本格的な冬を迎える前に対策してみてはいかがでしょうか。

writer / 伊野 奈緒美 photo / goodroomjournal

取材協力

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

元記事で読む