1. トップ
  2. 恋愛
  3. イ・サンの若い時に祖父の英祖が認知症になっていたのはホント?

イ・サンの若い時に祖父の英祖が認知症になっていたのはホント?

  • 2021.12.24
  • 24119 views

ドラマ『イ・サン』の前半では、主役のイ・ソジンが演じたイ・サンと祖父の英祖(ヨンジョ)の関係が感動的に描かれていた。そこで、史実では晩年の英祖が孫のイ・サンにどう対応したかを見てみよう。

ここで取り上げる年は1775年である。このとき、英祖は81歳で、イ・サンは23歳であった。

朝鮮王朝の国王は27人いたが、80歳を越えて国王を務めていたのは英祖だけだった。それだけに、老年の苦しみは他の国王では知る由もなかった。

イ・サンは若き世孫(セソン/国王の後を継ぐ孫)として、英祖に何かが起こったらすぐに王位を受け継ぐ準備ができていた。
そんな時に心配されたのが英祖の衰えであった。

1775年11月20日、英祖は重大な発表を行なうために重臣たちを集めた。

『イ・サン』でイ・ソジンが演じた正祖と韓国の御真博物館に所蔵されている英祖の肖像画(写真出典=御真博物館)
最後まで認知症ではなかった

その中で英祖は気弱にこう述べた。

「どうやら気力が衰えてきて、一つの政務をやりとげることも難しくなってきた。こんな有様で、果たして最後までやりとげることができるだろうか。国の行く末を心配していると、夜もまったく眠れなくなるほどだ」

これは、英祖の本心であった。

彼は心身の衰えが痛いほどわかるので、もはや国王の座を孫に譲るべきではないか、と考えていたのである。

そこで、英祖は重臣たちに向かって宣言した。

「今後は緊急でない案件は世孫が決めるようにして、急を要する案件は余が世孫と相談して決定する」

これは事実上、摂政を世孫に担当させるということだった。

すると、イ・サンのことを信頼できない重臣が異議を申し立てた。世孫はまだ経験不足であり、摂政はとうてい無理だというのだ。
反対意見が次々に出ると、ついに英祖は激怒した。彼は「みんな、出ていけ」と怒鳴る始末だった。

会議は休憩となり、しばらくして落ち着きを取り戻した英祖は改めてこう言った。

「病のことは自分がよく知っている。それなのに、大臣たちは80歳を過ぎた余を前にして、どうしてそんなに情がないのか」

このように英祖は不満を述べた。

こうしたやり取りを見ていると、英祖の苦しみもよくわかる。

しかし、彼はまだボケてはいなかった。自分の衰えを自覚できる程度に思考は正常だったのである。

この4カ月後に英祖は息を引き取った。彼は最後まで認知症ではなかったと思われる。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

元記事で読む
の記事をもっとみる