1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたの“思考の柔軟さ”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたの“思考の柔軟さ”がわかる心理テスト

  • 2022.1.26
  • 145200 views
undefined

思考が柔軟な人は、さまざまな事態にも臨機応変に対応できるでしょう。一方で、思考が柔軟でない人は、ひとつの考え方や方法にこだわってしまうようです。では、あなたの思考の柔軟さはどれくらいでしょうか?心理テストで探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答え下さい。



1. 富士山

2. タートルネック

3. 巾着袋

4. フラスコ



1.富士山に見えた人は「思考が柔軟」

図形が富士山に見えた人は、思考が柔軟なようです。新しい発想が次から次へと浮かび上がるのでしょう。あなたの頭の中はいつも色々なアイデアがあって、たとえ身体は休んでいても、頭の中は大忙しなのかもしれません。

このタイプの人は、目まぐるしく変わる世の中の変化をスピーディーに対応できるようです。いつでも情報をキャッチするアンテナをピンと張っていて、新しいものを自分の中に落とし込めるのではないでしょうか?

あなたはやったことがないものにも創意工夫を凝らして取り組むことができるので、一見難しそうな課題にも、これまでの経験を振り返って、共通点を見つけ出して対応策を練るのではないでしょうか?変化は全く恐れていないようで、かえって新しい挑戦にワクワクしているのでしょう。

2.タートルネックに見えた人は「やや思考が柔軟」

図形がタートルネックに見えた人は、やや思考が柔軟なようです。よく試行錯誤するでしょう。「いつものやり方がダメなら違うやり方を試してみよう!」と、失敗を恐れずに何度も挑戦するようです。そして、成功するまで決して諦めないのではないでしょうか?

このタイプの人は、クリエイティブな仕事が合っているようです。人と違った面白いアイデアを生み出すのが得意なのかもしれません。奇想天外なアイデアで、周りをあっと驚かせたことがあるのではないでしょうか?

たまには頭を空っぽにして、何も考えない時間を作るのがよいかもしれません。考えすぎは頭にも心にも良くないでしょう。頭がパンクしてしまう前に、頭をストレスフリーの状態にしてあげると、また新しいアイデアが生まれるかもしれません。

3.巾着袋に見えた人は「あまり思考が柔軟ではない」

図形が巾着袋に見えた人は、あまり思考が柔軟でないようです。やや頭が固いので、アイデアを時間をかけて捻りだすのかもしれません。考えている間は「うーん」とうなっているのではないでしょうか?

このタイプの人は、まず行動がゆったりとしているようです。ひとつずつ考えながら時間をかけて丁寧に進めていくので、どうしてもゆっくりになってしまうのかもしれません。スタートが自体が出遅れがちなのではないでしょうか?

時間はかかるけれど、丁寧で取りこぼしがないところがあなたの長所かもしれません。もし余裕があれば、物事を様々な角度から見てみると良いでしょう。何事も全体像を捉えることで、より正確にやるべきことが把握できるようになるでしょう。

4.フラスコに見えた人は「思考が柔軟ではない」

図形がフラスコに見えた人は、思考が柔軟ではないようです。頭がカチカチに固いのかもしれません。一度思い込んだら、修正しなくてはいけない場合でもなかなか切り替えができないのではないでしょうか?自分の考え以外の選択肢や可能性が、全く思い浮かばないのかもしれません。

このタイプの人は、「絶対〇〇!」「〇〇に決まってるじゃん!」とよく口にするのではないでしょうか。自分で決めつけてしまった瞬間、そこから思考停止してしまうでしょう。たとえ間違っていたとしても、軌道修正できない頑固さも持ち合わせているようです。

早々にシャットダウンしてしまい、誰の意見にも耳を貸さないのはもったいないでしょう。中には建設的で合理的な意見も含まれているかもしれません。ちょっと耳を傾けてみると、あなたの中で発想が膨らんだり、多面的な物の見方ができるようになるのではないでしょうか?



ライター:miraclemilk
心理カウンセラーとして、クライエントの悩みに共感し寄り添いながら支えています。心理テストで自分の知らない一面を探してみませんか?みなさまがほっと一息つけるような、気分転換になるような記事を発信していきますので、お楽しみに!
編集:TRILLニュース

の記事をもっとみる