1. トップ
  2. 恋愛
  3. 好きな人を振り向かせたい!出会いをデートにつなげるLINE・メール術

好きな人を振り向かせたい!出会いをデートにつなげるLINE・メール術

  • 2015.8.7
  • 5391 views

私から連絡してもいい?

多くの女性は、気になる男性が現れても、自分から彼に連絡をしたり、デートに誘ったりしてよいものか迷います。突然メールを送ったら嫌がられるのではないかと不安に思ったり、どんなメールを送ればよいのか悩んだり…。そこで今回は、LOVEコーチの立川ルリ子先生に、好きな人との距離を縮めて、デートにつなげるLINE・メールのテクニックを教えていただきました。

■直接連絡しあえる関係を築こう

「友達の友達や、パーティで一度だけ会ったなど、日常的に会う機会が少ない男性ならば、まずはLINEやメールで直接やりとりできる関係を目指しましょう」と立川先生。

基本的に男性は、女性からメールを受け取ったら、嫌だとは思わないそう。たとえ、何とも思っていない女性からでも、です。むしろ、メールをきっかけに、相手に興味を持つのだとか。

では、どんなメールを送ればよいのでしょう?次に、具体的な方法をお伝えします。

CHECK!出会いをデートにつなげるメールの書き方・送り方

1.メールに特別な意味を持たせる必要はなし!

「例えば『この間はありがとうございました。お会いしたとき、こんなことをおっしゃってましたよね。そういう考え方もあるのかと、とても勉強になりました。またいろいろ聞いてみたいです』これでいいんです」と立川先生。

こちらから送る内容は、何でもよいのだそう。一歩踏み込むよりも、お礼や、社交辞令めいたメールで、まずは彼とやりとりする関係を築きましょう。

2.もしも返事がなかったり、彼がそっけない反応をしたら?

立川先生は「女性から『あなたは素敵な人』という内容のメールを貰ったら、男性は、決して迷惑だなんて思いません。」といいます。

たとえ返事がなかったとしても、また一言、メールしてみましょう。

もしも彼から、社交辞令的なそっけないメールが返ってきたとしても、心配はいりません。

「彼にしてみれば、自分の勘違いだったら困る、と思っているのでしょう。男性だって、自信がないのです。」だから、慎重になるのだそう。

彼に興味を持っていることを感じさせるメールを何度かやりとりするうちに、彼から、あなたへの質問が増えてくるでしょう。あるいは、デートに誘われることもあるかもしれません。

3.デートに誘ってもらえない場合は?

デートは男性の方から誘われたい!と願う女性は多いもの。しかし立川先生はこう指摘します。

「できれば相手から誘ってほしい、と思っているばっかりに、チャンスを逃すことはたくさんあります。その反面、こちらから誘ったほうが、うまくいくチャンスは確実に広がります。」

デートに誘うメールには、彼への好意がにじみ出ていてOKだそう!「素直な好意や、会いたいという気持ちが伝わってくる。しかも会ったら、自分に最大限の関心を向けてくれる。そんな相手に、心地よさを感じない男性はいないでしょう。」

※立川ルリ子先生の新刊『気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、 どんな彼でも、自然とあなたに恋する本』 (SBクリエイティブ)からの抜粋です。

<関連記事>

恋愛上手は知っている!愛され女子のLINE・メールテクニックまとめ

◇プロフィール

立川ルリ子

LOVEコーチ

25歳よりラウンジを経営、のべ200人以上の接客業の女性たちをコーチングの技術で魅力的に育て上げる。その後ネイルサロン経営に転身。施術中に恋愛相談をすると「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題になり、恋愛カウンセリングが人気に。急性リンパ性白血病を患い7ヶ月間の闘病生活を余儀なくされる。臨死体験を通じいままでの人生のあらゆる経験や困難が、すべて「愛」を知るためのものだったことに否応なく気付かされる。「愛は相手に与えてもらうものではなく、そこにあるものだ」という本質が腑に落ちたとき、神様からもう1度生きることを許された気がした。移植手術を経て命拾いしてからは、恋愛テクニックだけにとどまらず「愛するとはどういうことなのか?」を心底理解してもらえるような内容に刷新した恋愛セミナーや、結婚を目指す女性のためのパーソナルコーチング(個人セッション)を再開。中でも、思い通りに男性の反応を引き出せる「メール添削講座」と「個人カウンセリング」が好評でファンが急増中。 恋愛ユニバーシティでも、数ヶ月間コラムランキング第1位の話題の超人気講師。 書籍も2015年は2冊出版予定で、大和出版から待望の執筆書籍 「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法が出版。

ブログ:http://ameblo.jp/angeblanc-tokyo/

元記事を読む