1. トップ
  2. 恋愛
  3. 一度思ったらもう終わり?彼の「別れたい」を覆すデメリット

一度思ったらもう終わり?彼の「別れたい」を覆すデメリット

  • 2021.12.20
  • 1355 views

大好きな彼氏から「別れたい」と言われても、すぐには受け入れられませんよね。「もうちょっと待ってほしい」や「悪いところを直すから1ヶ月のチャンスをちょうだい!」など言いたくなるのも当然のことです。


しかし、そこで仮に別れたい決意を覆してもらえたとしても、今までのようには付き合えないでしょう。ひょっとしたら「あの時素直に別れてれば良かった!」と思うこともあるかもしれません。


それでも本当に彼からの別れを拒絶するべきなのか、別れたい気持ちを覆した時に考えられるデメリットを3つ見ていきましょう。

安心して付き合えない

一度「別れたい」と言われると、常に不安になってしまうのが人間です。普通にデートをしていても「本当に別れたくないのかな、楽しいフリをしてるだけじゃないのかな」と思ってしまうでしょう。


そのため、本来なら安心できるはずの恋人との付き合いが、悪い意味でドキドキするものになってしまうのです。そこまでして別れない方が良いのか、少し考えてしまいますよね。

自分に自信がなくなる

好きな人から拒絶されることは、意外と大きなダメージとなるものです。そのため「私はダメな人間だ」と自分に対する自信を喪失してしまうこともあるでしょう。「私なんかどうせ何をしてもダメなんだ」と強く落ち込んでしまう可能性もあります。


そのように自信喪失した状態で付き合っても楽しくは過ごせないので、別れを素直に受け入れる方が良いケースもあります。

上下関係ができてしまうことも

別れを覆すことで、対等だったはずの彼との間に上下関係ができてしまうこともあるでしょう。常に彼からの別れを恐れて彼の顔色をうかがいながら付き合うなんて、正しい付き合い方じゃないですよね。


そんな付き合いでストレスを抱えるくらいなら、少しくらい傷ついても最初に別れを受け入れる方が良いのではないでしょうか。

「別れたい」と言われたら素直に受け入れた方が良いこともあるかも?

彼からの突然の別れ、受け入れがたいのも当然のことです。ですが別れの原因や二人の関係性、そして二人の性格によっては、時には素直に別れを受け入れる方が良いこともあるかもしれません。よく考えてみてくださいね。(土井春香/ライター)


(ハウコレ編集部)



元記事で読む
の記事をもっとみる