1. トップ
  2. インテリア
  3. リビングで贅沢な一人時間。おしゃれな一人掛けソファ&チェア、13の実例まとめ

リビングで贅沢な一人時間。おしゃれな一人掛けソファ&チェア、13の実例まとめ

  • 2021.12.15
  • 10723 views

一人掛け用のソファといえばコレ。無印「体にフィットするソファ」

無印良品の人気商品の一つ、「体にフィットするソファ」は、微粒子のビーズが入っているので、ゴロンと座るだけで包み込まれるような感覚になります。置く方向によって沈み込み方が異なるので、ダラダラしたいとき、シャッキリ座りたいときなど分けて使うことができます。

IKEA・楽天…お手頃価格のソファ&チェアをチェック

IKEAで購入したお気に入りのパーソナルチェア「ブスクボー」が主役のリビング。籐で編まれたおしゃれなデザインです。同じくIKEAのスツールをテーブルがわりにして、どこにでも好きな場所に運んで使えるのが便利そうです。

こちらのIKEAのチェア「アーゲン」はもともと、リラックスチェアとして売られているもの。座面が広く自由な姿勢をとれるので、ワークチェアにもぴったりなのだそう。

部屋の中央にある、ブラウンの革張り風一人掛けソファは、楽天で購入されたもの。お気に入りのテーブルと合わせて、ほとんどの時間をこのソファで過ごしているのだそう。自分の予算に合わせてネットを駆使して探してみれば、夢のソファ生活も現実になるかもしれません。

座り心地で選ぶなら。一度は座ってみたい、ソファ&チェア

カリモクの「Kチェア」は、人気の一作。日本人の体格にぴったりとフィットする、ミニマムなデザインが特徴で、グリーン地のものと合わせて、グッドルームジャーナルでも多くの方が愛用しています。ただ座っているだけで、落ち着くのだとか。

ワンルームの中にたくさんの椅子が置かれたお部屋。窓側にある2脚の椅子はお気に入りなのだそう。特に右側のニーチェアは、ハイバックで深く腰掛けられ、折りたたみもできるので重宝しているのだそう。

アカプルコチェアも、取材をしているとよく目にする一脚。特殊なワイヤーのような素材が、寄り掛かった時に体全体を包み込むような座り心地を実現してくれる椅子です。「部屋に置く家具を決める際、家具はなるべく華奢な脚のものを選び、床の見える面積が広くなるように意識しました」

こちらの方は同じアカプルコでも、ロッキングタイプのものを購入。普通の椅子よりもゆらゆらと動くため、リラックスすることができるのだそう。ビビッドなピンクのカラーも、お部屋のイメージに合っていて素敵です。

こちらは、Re:CENOの「一人掛けソファ folk」を並べて二人で利用している方のお部屋。肘置きの幅がしっかりあるので、飲み物や携帯を置くのに重宝しているのだそう。

ベランダにも持ち出せて、折りたたみも可。「アウトドアチェア」も人気

一人落ち着く時間を持つために、アウトドアチェアを置かれている方も最近は多いんですよ。こちらのアイテムは、ニトリの木製チェア。軽くて丈夫、ゆったりと座ることができます。

窓際に置かれたパーソナルチェアは、本を読みながら寛ぐために設置。IKEAの屋外用ラウンジチェアの「ブロモー」。仕事とプライベートを分けるために購入したのだそうです。折りたたみもできるので、使わない時は畳んでおくこともできますね。

座ったときの角度がいいという、ONWAYのアウトドアチェアがお気に入りだという方のお部屋。色もお部屋によく合っています。

スノーピークの「Take!チェアロング」は座面が高く、座り心地のよいチェア。こうしたアウトドアチェアは、ベランダに出して、ぼーっと空を眺めたりする時間に使ったりする方も多いようですよ。

元記事で読む
の記事をもっとみる