1. トップ
  2. レシピ
  3. トリンドル玲奈さんも愛用中♡ ココナッツオイルの次は「ヘンプオイル」が来る?!

トリンドル玲奈さんも愛用中♡ ココナッツオイルの次は「ヘンプオイル」が来る?!

  • 2015.8.4
  • 3295 views

カラダだけでなくお肌も夏バテしそうなこの時期。新たに美容習慣に取り入れたい、今話題の美容法をご紹介します! 今回ご紹介するのは「ヘンプオイル」を使った美容法。ココナッツオイルに次いで、食べたりスキンケアにと様々な方法で愛用している人が増えている、現在注目のオイル美容法です。

もちもちベビースキンのトリンドル玲奈さんも、自身のブログや、出演したテレビで愛用していることを告白していました! いったいどんな効果があるのか、早速チェックしてみましょう!

|ヘンプオイルって?

ヘンプオイルは、その名の通り、ヘンプ(麻)の実から採れる天然100%の植物オイルのこと。「麻実油」「大麻油」とも呼ばれます。

現在、国産品はまだほとんどないので、今出回っているのは、カナダ、アメリカ、オーストラリア、中国、ヨーロッパ等からの輸入品がメイン。食用にもスキンケアにも使えるヘンプオイルですが、食用のものはグリーンがかった色で独特の香り、スキンケア用は精製して無色無臭です。

「ヘンプオイル」の最も注目すべき特長は『細胞膜の原料になる「必須脂肪酸」という成分が80%も含まれている』ところ! 必須脂肪酸は、美肌や生活習慣病の予防にもなる大切な成分ですが、人が体内で作り出すことができないので、外から補ってあげないといけません。

「ヘンプオイル」に含まれる必須脂肪酸は、

・リノール酸(オメガ6)…56%

・アルファ-リノレン酸(オメガ3)…20%

・ガンマ-リノレン酸(GLA)…4%

となります。「オメガ3」や「オメガ6」なんかはよく耳することがありますが、「ガンマ-リノレン酸(GLA)」はあまり聞いたことがない方も多いかも知れませんね?!

「ガンマ-リノレン酸(GLA)」は“アンチエイジングの脂肪酸”といわれる希少な成分で、これを含む代表的なオイルは、「月見草オイル」と「ヘンプオイル」だけなのだとか。

こういった必須脂肪酸をバランス良く含んでいるオイル(油)は太りにくいのですが、他のオイルと比べてそのベストな割合に一番近いのが「ヘンプオイル」なんです! ダイエット女子にも嬉しいですよね。味としてはナッツ系の風味です。

では、どうやって取り入れるのがいいのでしょうか?

|いつもの食事にプラスしてみましょう♡

必須脂肪酸は酸化しやすいので、加熱しないでそのままいただきましょう。保存も「必ず冷蔵保存」が鉄則です。ココナッツオイルのように、寝る前にスプーン1杯飲むという方もいるそうですが、いつもの食事に取り入れるのが一番良いでしょう!

トリンドル玲奈さんおすすめの食べ方は、アボカドを食べやすい大きさにカットして納豆と和えたものに、ヘンプオイルをかけて食べるそうですが、他にもおすすめされている食べ方をご紹介します♡

■ヘンプオイルドレッシング

ヘンプオイル(他のオイルでも可)… 大さじ1、酢… 大さじ2、オリゴ糖(黒糖や他の甘味料でも可)… 大さじ1強、醤油… 小さじ1、塩・コショウ… 少々、ハーブ… お好みで

上記の調味料を混ぜるだけ♪ ドレッシングでは、他にも、「ヘンプオイル+バルサミコ酢+醤油+塩」の組み合わせなど、いろいろ楽しめそうです。

■ヘンプペースト

ヘンプシードナッツ… 1/2カップ、ヘンプオイル… 大さじ2杯、塩… 少々

上記の材料をすり鉢でするだけ! パンとの相性抜群のペーストになります♪

他にも、パスタやラーメンなどの仕上げに少し回しかけるだけでも、ぐっと美味しくいただけます。

|スキンケアにも活用しましょう♪

爪や髪のトリートメント、フェイス・ボディ・ヘッドのマッサージにも大活躍してくれるヘンプオイル。

使用法もとても簡単! ヘンプオイルを手に取り、手の中であたためたら、気になるところをマッサージ♪ ラベンダーなどのお好みの精油を数滴プラスしても良いそうです。

スキンケア用の「ヘンプオイル」も酸化しやすいので、2ヶ月を目安に使い切りましょう。

いかがでしたか? 話題のヘンプオイル美容、早速チェックしてみてくださいね!

▶︎このままだと危険!?あなたの夏バテ肌を救うスキンケアランキング

▶︎週末はおうちで“おこもり美容”♡週1のスペシャルスキンケアで女子力アップ

▶︎普段のレシピにプラスしたいダイエット効果のあるハーブとは?

元記事を読む