1. トップ
  2. 恋愛
  3. “ブラがズレる、浮く”を解消! 胸の左右別にサイズが選べる「新ブラジャー」

“ブラがズレる、浮く”を解消! 胸の左右別にサイズが選べる「新ブラジャー」

  • 2021.12.9
  • 792 views

新ランジェリーブランド「SAYUSA〜toiro〜」は、女性のブラ着用時の不快感や、サイズ違いによる”バストのハリや垂れ”という悩みを引き起こしていることに着目。これらは、すべてバストサイズの左右差によるものと考え、左右別々のサイズを自由にカスタマイズできるブラが誕生しました。悩みを抜本的に解決する新ブラの詳細をプレス発表会現場よりお届けします!

約7割の⼥性は、左胸の⽅が⼤きい。よって左右のバストの形状は均等ではない。

SAYUSA〜toiro〜 プロジェクト開発/マーケティング担当 本間佑史⼦さん

SAYUSA〜toiro〜 プロジェクト開発担当の本間佑史⼦さんは、前職の大手下着ブランドを経て現在は自身でブラジャーのフィッティングサロンサービスも行っている下着と女性のバストの構造を知り尽くすスペシャリスト。

これまで数百人のブラのフィッティングを行った経験上「女性の約7割は左胸の⽅が⼤きく、ほぼ全員と⾔っていいほど左右のバストの形状は均等ではありません。ですが、市販のブラは左右同じサイズだから『右はジャストサイズだけど、左はキツい』など約8割の⼥性が、ブラが合わず不快に思った経験をしています」と話します。

さらに、サイズの合っていない下着を着け続けることは、女性の体に悪影響が起こると解説。

サイズが合っていないブラの着用で、バストの形が崩れるワケ

バストのサイズは左右異なるので、店舗でフィッティングをしても“小さい方に合わせている”か“大きい方に合わせている”状態になります。

本間さんによると「ブラジャーは鉄のワイヤーが中に入っています。小さい方に合わせている場合、このブラのワイヤーが体に食い込み『キツくて痛い』や皮膚が擦れて炎症を起こすなど不快感の原因になります。さらにバスト周りを締めつけることは、血流を妨げ成長に影響を与える可能性があります」

バストの垂れを防ぎ、ハリを保つには”クーパー靭帯”を守るのがポイント

「また大きい方に合わせると、小さい方のバストを支えるものがなく浮いている状態になります。バストとボディ部分をつないでいるクーパー靭帯はとても繊細で揺れに弱い特徴を持っています。また、一度伸びたり、切れたりすると元に戻りません。支えるものがないとクーパー靭帯の状態が崩れやすいので、胸の形も崩れ”垂れ”の原因になります」

自分のサイズに合ったブラをつけることは、見た目の美しさだけでなく圧迫感からの解放や肩こり防止など健康面でも良いことづくし。また本間さんの解説で「日本人の女性は、“自分のバストは小さい”と思いこんでいる節があります。思い込みは捨てて、バストの美しさと快適さを追求してほしい」というお話が印象的でした。

カラー&サイズは全216パターン展開、このなかからジャストサイズをカスタマイズ。

SAYUSA〜toiro〜は、カラー&サイズ含め左右掛け合わせのパターンは計216通り。
カラーはピンク、ベージュ、ラズベリーの全3色。サイズはA~F、アンダーサイズは65、70、75から選べます。細かく分けられたサイズから自分ピッタリのサイズを選ぶのは、とても新感覚!

後ろと前のどちらもフックが!

ブラジャー⽚側単体 ¥3,300(税込)、ブラジャー+ショーツ セット ¥7,700(税込)、ショーツ単体 ¥2,200(税込)2021年12⽉14⽇からブランドECサイトにて発売

こちらが実物の商品。
左右別々のサイズのカップを前と後ろのフックでつないでいます。自分のサイズを見極めるのは、難しく感じますが、公式サイト上で自分のサイズを見極めるポイントが掲載されているのでぜひ参考に!

ブラ着用時の不快感がある人は要チェックの「SAYUSA〜toiro〜」

右 本間佑史⼦さん、左:着用モデル 桐谷流華さん

ブラ着用時の不快感があり、しばらくサイズの見直しをしていない人は、これを機に自分に合ったサイズで美しさと快適さを追求してみては!

文・玉絵ゆきの

元記事で読む
の記事をもっとみる