1. トップ
  2. 恋愛
  3. 屋形船は、キッズパーティに最適!という新発見。(Yaka Matsumoto)

屋形船は、キッズパーティに最適!という新発見。(Yaka Matsumoto)

  • 2015.8.3
  • 2147 views

【さらに写真を見る】屋形船は、キッズパーティに最適!という新発見。(Yaka Matsumoto)

この週末、大学時代からの友人の愛息子テオくんの1歳を祝うバースディパーティを屋形船で開催するというので、行ってきました! 恥ずかしながら屋形船未体験だった私。初心者目線でレポートさせていただきます。

品川駅そばの船着き場から出発!

1歳をむかえた主賓ベビーほか、参加者にも子持ちが多かったため、17時スタートの船で出船。今回乗船した船清(ふなせい)さんは、品川駅からタクシーでワンメーターの場所から乗船できるのも子連れには嬉しいです。きれいな待ち合い施設で快適に出船準備を待ち、いざ海上へ。

品川船清 www.funasei.com

クーラー、あるんですね。

今は屋形船も、クーラーきいているんですね。まずそこに小さく感動。海の上で夜風にあたりながら、というイメージだったので、この暑さに耐えられるかしら、と少し不安だったのですが、心配無用でした。きれいな船内には、男女それぞれのトイレもついていて、いろいろ心配いらず。しかもテーブルにつくと2歳の娘の席には、小さなお船にきれいに盛りつけられたお子様メニューが。ベビーチェアやキッズチェアの用意も万全で、ここでも静かに感動。

女将さまと若女将のお見送りからの。

着物をきちっと着付けた女将と若女将に見送られて、東京湾へ。まだ外は明るいのですが、非日常感満載のムードと目の前のフライドポテトに同じテーブルの子どもたちは上機嫌。船を停泊させるポイントに到着すると(フジテレビのビルがみえるスポットでした)次から次へと揚げたての天ぷらが運ばれてきます。停泊中は、船の上にあがってOKということで、早速外へ。アイスクリーム屋さんや佃煮屋さんの小舟が寄ってきたり、なんだか情緒あふれるひとときでした。

東京タワーも見えました。

日が暮れてくると周りの景色も一変。夕焼け空もきれいでしたが、この夜は、なんだか異様な月が。とにかく大きくて赤い。こんな月見たことないかも、と思うほど。あとで調べたら、7月31日は3年に一度のブルームーンだったそうですが、それにしてもすごい月でした。写真に上手撮れなくて残念。

スペシャルオーダーのバースデーケーキ!

テオさま1歳を祝してのケーキは、テオ母の親友の手作り豪華“かいじゅうたちのいるところ”ケーキでした! クオリティの高さに驚愕していたら、なんとこの親友さまは、本職がオーダーケーキ屋さんだったのでした!この日はバナナとチョコベースの優しい味わいのケーキで、子どもたちも大満足。国産小麦粉、赤卵ほかこだわりの素材を使って丁寧に作られたキュートなケーキを心を込めて作ってくださいます。お子様やお友達のバースデイケーキ、ウェディングケーキなど、スペシャルでキュートなケーキをお探しの方、ぜひチェックしてみてください!

cocon http://cocon-cakes.com

最後までキッズのハートをわしづかみ。

2時間半のクルーズも終了。さよならのタイミングで、なんとキッズたちにはまたしてもサプライズが。船清さんは、男女のキッズのハートをぐっとつかむ、おもちゃやグッズの数々をご用意していてくださっていて、ひとり1つ好きなおもちゃを持ち帰ってよいのでした。そういえば、カラオケ用のマイクもキッズに大人気でした。ずっと誰かが何かしゃべっていたような笑。というわけで、貸し切れば子どもたちがどんなに騒いでも気兼ねすることなく、ゆっくり過ごせる屋形船、迷子になりようもないしキッズのパーティのアベニューとしては実はすごくよいかも。天ぷらも見えない奥の調理場で揚げてくださるので、子どもたちがやけどする心配もありません!

参照元:VOGUE JAPAN

オリジナルサイトで読む