1. トップ
  2. おでかけ
  3. 海の生き物とふれあえる“あの人気スポット”をお得に楽しんで来ました♪【EICOママのらくやせメソッド・27】

海の生き物とふれあえる“あの人気スポット”をお得に楽しんで来ました♪【EICOママのらくやせメソッド・27】

  • 2021.12.9
  • 1178 views

冬らしく寒い日が続きますが、みなさんお元気ですか? 我が家は少し前に次男が生後半年を迎えたのを記念して、「横浜・八景島シーパラダイス」へ出かけてきました! 実はここ、知る人ぞ知るお得な楽しみ方があるんですよ。今日はその遊び方についてご紹介しますね。

ご存じのように八景島シーパラダイスは水族館あり、アトラクションあり、ひとつの島全体がアミューズメントパークになったような施設です。その規模たるや相当なもの。子どもが大喜びするスポットですが、その分親は大変。朝入園して夕方帰る頃にはヘトヘトなのに、電池の切れた子どもをおんぶしたり抱っこして帰る、という苦行が待っています。そこでおすすめしたいのが、園内にある宿泊施設「ホテル シー パラダイス イン」です。

“イン”という名の通り設備はシンプルなのですが、宿泊手配しておけば子どもも大人も楽々。朝から荷物を預けて遊んで夕方早めに部屋へ戻れば、後は眠るだけ。しかも翌朝は、特別なお楽しみが! なんと宿泊プランの中には、水族館のアクティビティがセットになったものがあるんです。たとえば水族館の開園前に「ふれあいラグーン」を見学できるプランなら、混雑する前にイルカもアシカも見放題。イルカが近くに来てくれるので、うちの子たちは大興奮。飼育員さんたちが開園前に清掃している様子も、興味深そうに見学していました。大人である夫も、朝乗るジェットコースターと夕方乗るジェットコースターでは見える景色が違うと大喜び。(笑)

ホテルでは、チェックイン時に「子ども用アメニティをください」とお願いすれば、イルカの形をしたボディスポンジや魚のイラストがデザインされた歯ブラシ、イルカの刺繍つきのスリッパなど、子どもが喜ぶグッズをもらえます。レストランでも、料理に子ども用ウインナーを追加してくれたりしてとても親切です。ちなみに部屋は海側とシーサイドラグーン側とありますが、シーサイドラグーン側がおすすめ。我が家は海側にしてしまったのですが、ラグーン側ならイルカが飛んでいるところを見たりできそうな気配です。

シーパラダイスのワンデーパスつきでリーズナブルですし、知名度が高い割に混んでいないから、ゆっくり楽しめます。子どもに素敵な体験をさせてあげたい、でも大人は楽をしたいというママさんパパさん、ぜひ一八景島シーパラダイスのサイトをチェックしてみてください。

元記事で読む
の記事をもっとみる