ジムに通うのはめんどくさい!普段の生活でヒップアップする方法

こんにちは!お尻推しプロレスラーの志田光です。 みなさんはジムに通っていますか? わたしは体を鍛えるのも仕事のうち! それでもたまに、ジムまでの道のりが億劫になってしまう日もあります。人間だもの!

でも、もし普段の生活の中で行っていることを少し意識するだけでヒップアップトレーニングすることができたら、生活の中で自然に美尻に近づくことができますね。今日はそんな方法をご紹介します。

■1.立っている時

電車を待っている時など、何もすることがなく立っている時って意外と多いものですよね。そんな時は、お尻にギュッと力を入れて引き締めましょう。5秒引き締めて5秒休む、このセットを繰り返し行うのもいいでしょう。一つ気をつけることは、腰を反りすぎないことです。骨盤がまっすぐ縦になることを意識しましょう。そうすると一緒におなかもエクササイズできて一石二鳥!

■2.座っている時

ついつい姿勢が悪くなりがちなのが、座っている時です。まず、足をそろえて膝をぴったりとくっつけます。そうすると太ももの内側が疲れてきますよね。お尻とは関係ないじゃないか!と思われがちですが、ここが大事なんです!日本人は足の外側に体重をのせることが多く、足の内側の筋肉が発達しづらいそうです。 そのためお肉が外側に広がり、横広のお尻になってしまいます。 足の内側の筋肉を鍛えることは、お尻を引き締めるために大切なことです。

■3.歩く時

歩き方には、人によって様々な癖があります。歩く姿を見ただけですぐに誰かわかることもありますよね?

何年もの間、癖になった歩き方を続けることによって骨や筋肉に違いがでてきます。例えば、上下にぴょこぴょこ揺れながら歩く人、(これは私ですが・・・)、こういう癖のある人はつま先だけで歩いているのでふくらはぎが太くなります。 ではお尻を美しくする歩き方とは? それは、かかとをしっかりと使うことです。 足を地面につける時にかかとから着地をすること。そうすると太ももの裏側の筋肉とお尻の筋肉を刺激します。

そしてもう一つ、足の内側に体重をのせることを意識しましょう。これは2と同じ、足の内側の筋肉を強くするためです。わたしもくせを直すのに、今でも歩く時は気をつけています。気づいたときに意識する、これが大切です。

■4.階段を昇り降りする時

階段を昇るときにエクササイズなんてきつそう・・。そんなイメージがあるかもしれませんね。でも、ここで気をつけてほしいのはトレーニングではなくてストレッチです。よく動かすこと、これを意識していきましょう。つま先立ちでトントンっと軽快に昇っていくのは気持ちがいいものですが、ストップ!

できるだけゆっくり昇りましょう。一段ずつ、かかとからつま先までしっかりと踏みしめます。ももの付け根、股関節からしっかりと動かして昇っていきます。 降りる時も同じです。前かがみにならず、かかとに重心をおいてください。簡単でしょ?

■おわりに

これを毎日必ず実践するのは難しいかもしれません。ですが、頭の隅に入れておいて思い出したときに実行する、これでいいと思います。だんだん実行できる時間が増えて、気づけば癖になっていると思いますよ! 暑い日が続きますが、夏こそ体を変えるにはいい季節。一緒に美尻を目指して頑張りましょう!

(志田光/ハウコレ)

元記事を読む
提供元: ハウコレの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。