1. トップ
  2. ファッション
  3. お守りのような宝石を選ぼう♡地球にもお財布にも優しいサステナブルリング

お守りのような宝石を選ぼう♡地球にもお財布にも優しいサステナブルリング

  • 2021.12.2
  • 31833 views

一度ジュエリーとして輝きを放った天然石やパールを再利用して作られる「mi luna(ミ ルーナ)」のリング。宝石をアップサイクルして循環させることで採掘における様々な問題を避け、未来の美しい地球を守るサステナブルなアイテムです。それぞれの石が持つ意味にも注目しながら、あなただけの指輪を選んでみては。

「私の月」という意味を持つジュエリーブランド

「地球に優しいサステナブルなファッションを楽しみたい」という思いから誕生したジュエリーブランド「mi luna(ミ ルーナ)」。そのブランド名は、スペイン語で「私の月」を意味します。

使用しているのは、一度ジュエリーとして輝きを放った天然石やパール。mi lunaのジュエリーは全て、色や形も様々なそれらをアップサイクルして新しい姿へと生まれ変わらせた一点ものです。新たに宝石の採掘を行わないことで、二酸化炭素の発生や環境破壊、低賃金労働といった採掘における問題を起こしません。この「循環型」の発想によって低価格の提供も可能に。

そんな地球にも私たちにも優しいジュエリーは、身に着けると気分が上がり、いざという時に勇気づけてくれそうなものばかり。数あるアイテムの中から、今回は手元をそっと照らしてくれるリングをご紹介します。

小ぶりな石がさりげなくきらめく「ベイビードロップリング」

こちらは、指の上でさりげないきらめきを放つ「ベイビードロップリング」。小粒のストーンがあしらわれた、重ね付けも楽しめるデザインです。ネガティブをポジティブに変えるパワーがあると言われる「ペリドット」や、未来への可能性を広げてくれる「ブルートパーズ」など、石の持つ意味にも注目しながら選んでみては。

K10 ベイビードロップリング
各30,800円(税込)

一粒だけで主役になる「ドロップリング」

ころっとした大ぶりなサイズ感が印象的な「ドロップリング」は、一粒だけでコーディネートの主役になる存在感。つややかな輝きがいつでもあなたの気分を高め、その日の装いに自信を持たせてくれます。

人差し指にはめているのは、「美・愛・優しさ」を象徴する「ローズクオーツ」。恋愛成就の石とも言われている石の淡いピンクが、女性の内なる輝きを引き出してくれそう。
薬指のパープルの石は「アメジスト」。真実の愛を守り抜く石とされているので、素敵なご縁や大切な人との幸せな暮らしを守ってくれます。

K10 ドロップリング
(人差し指着用)ローズクオーツ
60,500円(税込)
(薬指着用)アメジスト
35,200円(税込)

涙型がそっと揺れる「ミニティアドロップリング」

手元でゆらゆらと揺れるようにデザインされた「ミニティアドロップリング」。静かに光を反射するティアドロップが華奢な印象をもたらし、女性らしい雰囲気を演出します。明るいエネルギーを貰いたい時は「シトリン」(左下)、創造力や表現力を高めたい時は「ブルートパーズ」(左上)、精神を安定させ、集中力や創造力、洞察力をアップさせたい時は「アメジスト」(右)など、その日の気分でどの石を身に着けるか選ぶのもいいですね。手元を見るたび心を落ち着かせてくれる小さなきらめきが、きっとあなたの味方になってくれるはずです。

K10 ミニティアドロップリング
シトリン(左下)ブルートパーズ(左上)アメジスト(右)
各27,500円(税込)

傍であなたを見守る純白の「アコヤパールリング」

大粒のアコヤパールをセッティングしたリングは、シンプルながらも目を引くデザイン。これからの季節に選びたくなる純白の煌きが、装いに上品さと華やかさをプラスしてくれます。貝が長い年月をかけて育んできたパールは守護のパワーが宿っているとされていて、何気ない一日から大切な一日まで傍で見守っていてくれそう。

K10 アコヤパールリング
38,500円(税込)

お守りのようなジュエリーをこれからの暮らしに

この世で輝いてきた天然石やパールを再利用して、新しい息吹を吹き込んでいるmi lunaのジュエリー。私たちの今の暮らしを照らすだけではなく、未来の美しい地球を守ることにも繋がるサステナブルなアイテムです。リングのほかにも、ネックレスやピアスなども展開されていて、きっとあなたのお気に入りが見つかるはず。Instagramのアカウント@miluna_jewelryもチェックしてみてください。自分を強くしてくれるお守りのようなジュエリーを、これからのおしゃれに取り入れてみてはいかがでしょうか。

writer / CHISATO photo / mi luna

元記事で読む