1. トップ
  2. ヘア
  3. ゴルファーの白髪ケアは「手軽かつ発色の良さ」が時短美容のカギ!

ゴルファーの白髪ケアは「手軽かつ発色の良さ」が時短美容のカギ!

  • 2021.11.28
  • 1417 views

ちょこっとだけ生えている白髪が気になったとき、みなさんはどんなふうにケアしていますか? ゴルフウエアを着るシーンでは帽子やサンバイザーでうまくカバーできても、ゴルフ場への行き帰りには、やっぱり白髪が気になる……なんてこともあるのではないでしょうか。

大事なラウンドの予定があるのに、直前に見つけてしまった白髪は、セルフケアで上手にカバーできればベスト。時短美容家の筆者が、そんなシチュエーションにおすすめするのは「カラートリートメント」です。

そこで今回は、女性ゴルファーの白髪に「カラートリートメント」が便利すぎる理由をお話します。

◆白髪アイテムは多いけれど、スポーツシーンで優先したいのは「着色の良さ」

世の中には、マスカラタイプからファンデーションタイプ、トリートメントタイプなど、一般的な「白髪染め」と言われる薬液で染めるアイテム以外にも、たくさんの白髪カバー商品が溢れていますよね。

その中でも、女性ゴルファーが、ヘアサロンに行って染めるほどではないけれど、見た目に白髪があって気になるときには「ヘアトリートメント」がおすすめ。その理由は、手間をかけずに使いやすく、しっかり着色するので、スポーツシーンでも色落ちが気になりにくいことにあります。

汗や動作によって色落ちしてしまう白髪ケア製品も少なくないので、これって地味ながらも、実はとっても大事なポイント!

◆「カラートリートメント」はプレー前夜より2日前までに済ませて

「カラートリートメント」を使ってプレー前に白髪ケアをするなら、前日よりも2日前までに済ませるのがベターです。

前夜のお手入れだと、もし染め残しやムラが出てしまったとしたら、プレー当日の朝に慌ててケアしなくてはならなくなるので、ちょっと慌ただしくなりがち。2日前に済ませておけば、翌日に髪の状態をチェックできますし、カラートリートメントは着色のいいものが多いので、2日程度であれば色落ちの心配もありません。

そして、カラートリートメントは、使用前に液剤を混ぜる手間もなく、一般的なヘアトリートメントと同じように使える手軽なものが多いので、忙しい夜でもバスタイムを活用すれば、“ながら美容”で白髪ケアできるところも心強い!ですよね。

◆美容家が愛用中の「白髪ケアトリートメント」2選

(1)ボズレー ヘアカラートリートメント 150g 2,178円

塗布時間は10〜15分なので、主に湯船につかりながらのケアに愛用中。トリートメント成分が、一般的なヘアトリートメントによるケアの役割も担うので、白髪を着色しながら、美髪ケアもかなう時短アイテムです。

オリジナルの「ブラックリバース処方」も頼もしく、まだ本格的に染めるほどではない白髪を目立ちにくく、やわらかで自然な着色なので気に入っています。

(2)サイオス カラートリートメント 180g オープン価格

塗布時間が、なんと5分(!)で済み、1回でしっかり着色する時短白髪アイテムの名品。もはや何本リピートしたかわからないくらい、愛用中です。「ブラック」「ダークブラウン」「羅ライトブラウン」の3色展開で、髪のパーツごとのカラートーンに合わせて色を変え、微調整できるのも便利。ダブルケラチン配合のおかげか、使用後に髪がごわつくこともなく、ツヤが出るところもお気に入りです。

白髪は、ヘアサロンで定期的に染められれば美髪をキープできるものの、多忙な毎日ではそうもいかない女性も多いですよね。また、セルフケア直後は白髪がきれいに染まっていても、汗をかいたり動いたりするうちに落ちてしまうのは、女性ゴルファーにとっては避けたいもの。

「カラートリートメント」を上手に使って、白髪を気にせずプレーに集中できれば安心です。よろしければ、ぜひ試してみてくださいね。

並木まき

並木まき/元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。ゴルフ歴15年のエンジョイゴルファー。

元記事で読む
の記事をもっとみる