1. トップ
  2. レシピ
  3. 【鍋診断】冷え、夏太り、日焼け…あなたの夏の悩みは、この“夏鍋”でズバリ改善!

【鍋診断】冷え、夏太り、日焼け…あなたの夏の悩みは、この“夏鍋”でズバリ改善!

  • 2015.7.30
  • 4762 views

【鍋診断】冷え、夏太り、日焼け…あなたの夏の悩みは、この“夏鍋”でズバリ改善!

【アンアン総研リサーチ】特別編 文・藤田佳奈美 写真・内山めぐみ

夏の悩みといえば、冷房による冷えをはじめ、代謝が落ちることによって起きる夏太り、紫外線による日焼けやエイジング、夏バテなど、挙げればキリがありませんよね……。

そこ今注目な料理が“夏鍋”。夏に食べる鍋は、野菜や肉の栄養をたっぷり摂れるほか、だしの種類によって様々な女性特有の悩みを解消してくれるとか。

塩レモン鍋。食欲が落ち気味な夏でもペロリといけそう。

でも!

どんな鍋を食べたらいいのか、見当がつきませんよね!

そこで、『美人をつくる! まいにちの簡単スムージー123』(学研パブリッシング)の著者であり、様々なメディアで活躍中の管理栄養士・鈴木あすなさんに、「今自分が必要としている栄養素は何か!」という観点から、お悩み別オススメ夏鍋をピックアップしていただきました。栄養素の解説もたっぷりしてますんで、必読ですよ!

鈴木あすな

タレント料理研究家、管理栄養士、モデル。美容と健康を目的とした料理教室「Life&Me」の主催。著書に、『美人をつくる! まいにちの簡単スムージー123』(学研パブリッシング)、『鈴木あすなの女子会@いえカフェれしぴ』(MPD)など。

夏の悩みはどれ?

下記のA〜Fからあなたの今の悩みを選んでください。あなたが食べるべき“夏鍋”がわかります!

A.

紫外線によるシミやシワが気になる・・・ B.

水着が似合う自慢のボディを手に入れたい!

C.

冷房や薄着で冷えがツライ・・・ D.

生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!

E.

日焼けは厳禁! 夏だって透明肌を死守したい! F.

連日の暑さでいつもより疲れが取れない・・・

A.紫外線によるシミやシワが気になる・・・
を選んだアナタは…

夏本番!紫外線に負けない美容法

エイジレス鍋

を食べるべし!

塩レモン鍋 × 薬膳香鍋

エイジレス鍋(左から「薬膳香鍋」、「塩レモン鍋」)。 「地上に届く紫外線は2種類あります。一つは日焼けの原因になる『UVB波』、もう一つはシワやたるみなどの老化の原因になる『UVA波』。後者は窓ガラスを通過するため、油断していると家の中でも浴びちゃいます。そして紫外線を浴びてしまうと活性酵素が生まれ、エイジングが加速してしまうのです。日焼け止めや美白ケアだけでなく、『エイジレス鍋』を食べて体の内側からもアプローチしましょう」(管理栄養士・鈴木あすな先生)

は、この2つのお鍋の組み合わせ。

エイジレス鍋

■薬膳香鍋

12種類の本格薬膳が体の中からじんわり温めてくれるので、代謝を促進させターンオーバーを活性化します。食物繊維の豊富な舞茸と一緒に食べると効果倍増!

■塩レモン鍋

コラーゲンの生成や修復に欠かせない成分ビタミンCがたっぷり。さらにはアンチエイジングに効果的なビタミンEも含まれるので、相乗効果で抗酸化作用がアップします。付け合わせのパクチーには活性酸素の増加を抑えてくれる抗酸化作用があるため、まさに老け知らずな一品。

食べてみると…

「薬膳特有の香りが体に効いている感じがしました。それにスープが美味しくて、身体もポカポカ。野菜との相性も抜群です」(No.46 大谷朋子)

「さっぱり食べられるし、ヘルシーだし、夏場にピッタリだと思いました。カロリー低そうだから女子向きですね」(No.163 仲肥朝美)

他の悩みはこちらから

A.

紫外線によるシミやシワが気になる・・・B.

水着が似合う自慢のボディを手に入れたい! C.

冷房や薄着で冷えがツライ・・・

D.

生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!

E.

日焼けは厳禁! 夏だって透明肌を死守したい! F.

連日の暑さでいつもより疲れが取れない・・・

B.水着が似合う自慢のボディを手に入れたい!
を選んだアナタは…

水着の似合うカラダを作る、食べるダイエット

ボディメイク鍋

を食べるべし!

極み鍋 x 秘伝月見しゃぶ鍋

ボディメイク鍋(左から「秘伝月見しゃぶ鍋」、「極み鍋」)。 「肌の露出が増える夏、慌ててダイエットに取り組んでいる人も多いのではないでしょうか? 激しい運動や過度な食事制限は続かないばかりか、活性酵素を発生させ老けを加速させてしまいます。また、夏は基礎代謝が落ちるため、太りやすいのです。

しゃぶしゃぶ温野菜では、食物繊維が豊富なきのこ類をはじめ、ヘルシーな野菜や高タンパクな肉など、ダイエッターにはうれしい食材をアツい鍋で食べられます。さらに効果をアップさせる『ボディメイク鍋』で、キレイなカラダを手に入れましょう」(管理栄養士・鈴木あすな先生)

は、この2つのお鍋の組み合わせ。

ボディメイク鍋

■手火山式本枯節の極み鍋

鰹節に多く含まれ、旨みのもとになっている成分「イノシン酸」には、全身の細胞を活性化させてくれる作用があります。たっぷりの翡翠ねぎと合わせて食べることで、ねぎの色素に含まれる「クリプトキサンチン」により抗酸化作用が期待できます。全体的に和の食材を合わせるため低カロリー。〆はうどんに比べて糖質が少ない蕎麦を選べばダイエット中でも大丈夫。

■秘伝月見すきしゃぶ鍋

鶏肉や卵などの高タンパク低カロリー食材でメリハリのある体作りをしたい人に効果的。食べ合わせたい食材はえのき。えのきには疲労回復に効果的なビタミンB1が含まれており、きのこの中でもトップクラス。

食べてみると…

「秘伝月見すきしゃぶ鍋は大好きなお肉と相性抜群で、特にタレなどもつけずに美味しくいただける1番好きな鍋でした。お野菜もつくねも何でも合う日本人向けの味」(No.5 雨宮あゆ実)

「極み鍋はシンプルなだしの味わい。刺激も少なく、カロリーも控えめなので濃い味の鍋に飽きてきた頃に食べると優しい味でホッとします」(no.134 茉旺さん)

他の悩みはこちらから

A.

紫外線によるシミやシワが気になる・・・B.

水着が似合う自慢のボディを手に入れたい! C.

冷房や薄着で冷えがツライ・・・

D.

生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!

E.

日焼けは厳禁! 夏だって透明肌を死守したい! F.

連日の暑さでいつもより疲れが取れない・・・

C.冷房や薄着で冷えがツラい。。。
を選んだアナタは…

夏冷えを解消する体質改善法

代謝促進鍋

を食べるべし!

蒙古炎鍋 x 北海道熟成カレー鍋

代謝促進鍋(左から「北海道熟成カレー鍋」、「蒙古炎鍋」)。 「エアコンの効いた部屋をはじめ、カキ氷やアイスクリームなどの冷たい甘味、冷たいビールなど、夏は体を冷やす要因が沢山潜んでいます。そこで、体の芯から温める『生姜』『にんにく』『唐辛子』などが豊富に含まれている『代謝促進鍋』で体の巡りを良くさせましょう。手先足先までポカポカになること間違いなしですよ」(管理栄養士・鈴木あすな先生)

は、この2つのお鍋の組み合わせ。

代謝促進鍋

■蒙古炎鍋

辛みで発汗、薬膳でデトックス。たっぷりの夏野菜と一緒に食べることで、それらに含まれる食物繊維やカリウムにより、デトックス効果がアップします。

■北海道熟成カレー鍋

たくさんのスパイスを使ったカレー鍋は、血行を促進させ、夏冷えを体の中から解消。同鍋と相性抜群のにんじんに含まれる「カロテン」と合わせることで、美肌効果も期待できますよ。たまねぎやキャベツもオススメ。

食べてみると…

「カレー鍋はべジポテやお肉、キノコと相性抜群で、味が良く浸みて美味でした。チーズを入れるとまた違った味わいがあって二度楽しめる!」(No.232 高瀬みさ)

「蒙古炎鍋を食べました。初めはとても辛くて汗が止まらなかったのですが、慣れると病みつきに。ビールにもピッタリだったのですが、個人的にはお野菜との相性がどの鍋よりも合っていた気がしました。夕採れレタスとパクチーとの相性は感動もの。締めの担担麺もよかったです」(No.231 滝沢晴香)

他の悩みはこちらから

A.

紫外線によるシミやシワが気になる・・・B.

水着が似合う自慢のボディを手に入れたい! C.

冷房や薄着で冷えがツライ・・・

D.

生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!

E.

日焼けは厳禁! 夏だって透明肌を死守したい! F.

連日の暑さでいつもより疲れが取れない・・・

D.生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!
を選んだアナタは…

女性ホルモンを補充する

美肌ホルモン鍋

を食べるべし!

コラーゲンのゆず塩鍋 x 有機大豆の豆乳鍋

美肌ホルモン鍋(左から「有機大豆の豆乳鍋」、「コラーゲンのゆず塩鍋」)。 「豆乳は女性ホルモンに似た成分『大豆イソフラボン』を持つため、ホルモンバランスを整え、女性らしい体つきに導くといいます。また、女性ホルモンであるエストロゲンは別名『美肌ホルモン』とも呼ばれるほど肌にうれしい成分。これと同じ効果をあやかれるのだから、肌荒れがひどくなる生理前に食べたいですよね。また、コラーゲンも言わずと知れたプルプルの肌に導く成分。この2つを兼ね備えた『美肌ホルモン鍋』を食べて、ホルモンバランスの乱れから生じた肌荒れや過食を解消しましょう」(管理栄養士・鈴木あすな先生)

は、この2つのお鍋の組み合わせ。

美肌ホルモン鍋

■有機大豆の豆乳鍋

大豆は消化吸収に負担がかかりますが、豆乳は吸収されやすいので内臓が弱っている人もオススメ。豆乳や湯葉に含まれる「大豆イソフラボン」は女性のホルモンと似た働きをするので、ホルモンバランスを整えてくれる効果も期待できます。ゆばやカボチャと相性抜群。

■コラーゲンのゆず塩鍋

コラーゲンはタンパク質であり、タンパク質はアミノ酸に分解、吸収されます。そのため、経口摂取しても肌に効果がないと思われがちですが、摂取したコラーゲンはアミノ酸まで分解されたとしても、コラーゲン合成に必要な成分「プロリン」を多く含むため、肌へ還元されることが期待できます。紫蘇の香りの梅つみれと合わせて食べたい!

食べてみると…

「豆乳鍋はやっぱり健康的なイメージ。何を食べても優しくマイルドに包み込んでくれる美味しさがいいですね」(No.145 福塚愛)

「ゆず塩鍋を食べました。コラーゲンが美肌になれる近道だと思ったので、だしだけでもゴクゴク飲んでしまいましたね。こんなに贅沢にコラーゲンが摂取できるなんて!! 柚子も大好きなのでさっぱりと楽しめるし、もちろんお肉やお野菜の味もちゃんと味わえます。〆にはきし麺が合いますね」(No.34 斉井夕絵)

他の悩みはこちらから

A.

紫外線によるシミやシワが気になる・・・B.

水着が似合う自慢のボディを手に入れたい! C.

冷房や薄着で冷えがツライ・・・

D.

生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!

E.

日焼けは厳禁! 夏だって透明肌を死守したい! F.

連日の暑さでいつもより疲れが取れない・・・

E.日焼けは厳禁!夏だって透明肌を死守したい!
を選んだアナタは…

夏も透明肌を死守!

絶対美白鍋

を食べるべし!

完熟トマト鍋 x 塩レモン鍋

絶対美白鍋(左から「塩レモン鍋」、「完熟トマト鍋」)。 「夏の強い日差しに負けて、うっかり日焼けしてしまった……なんてこと、よくありますよね。そんなとき、抗酸化作用のある『ビタミンACE』を含む食材を摂れば美白に効果てき面」(管理栄養士・鈴木あすな先生)

は、この2つのお鍋の組み合わせ。

絶対美白鍋

■完熟トマト鍋

トマトに含まれる成分「リコピン」には抗酸化作用があります。リコピンはビタミンEと一緒に摂ることで更に吸収率がアップ。また、ビタミンCの活性を高めてくれる成分「ケルセチン」も含むので、ビタミンCが豊富なじゃがいもと組み合わせると美白効果も上がります。甘くて黄色みの強いじゃがいも「インカのめざめ」と一緒に食べて。

■塩レモン鍋

美肌を作るビタミンといえば、ビタミンACE。なかでもフレッシュなレモンにはとりわけビタミンCが豊富で、メラニンの生成を抑える美白効果が期待できます。さらに、レモンの酸味のもとである「クエン酸」には、疲労回復効果があると言われています。みずみずしい夕採れレタスをさっとくぐらせて食べれば、病みつきになること間違いなし!

食べてみると…

「完熟トマト鍋が美味しかったです。もともとトマトが好きなのもありますが、 まろやかで他の野菜やお肉とも相性が良くて、お気に入りになりました」(No.232 高瀬みさ)

「塩レモン鍋のスープがとてもお気に入りです! 他にはない珍しい鍋だと思うし、夏だからこそさっぱりとした味が食べたくなるから」(No.239 鈴丘めみ)

他の悩みはこちらから

A.

紫外線によるシミやシワが気になる・・・B.

水着が似合う自慢のボディを手に入れたい! C.

冷房や薄着で冷えがツライ・・・

D.

生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!

E.

日焼けは厳禁! 夏だって透明肌を死守したい! F.

連日の暑さでいつもより疲れが取れない・・・

F.連日の暑さでいつもより疲れが取れない。。
を選んだアナタは…

夏バテ、バイバイ!

疲労回復鍋

を食べるべし!

四川風旨辛火鍋 x 夏すき鍋

疲労回復鍋(左から「夏すき鍋」、「四川風旨辛火鍋」)。 「夏バテを克服するためには、栄養をしっかり摂るほか、弱った胃腸を活発にしなくてはなりません。そのためにも、熱い鍋で体の内側から労わることが大切。貧血を予防したり体の疲れを取ったりする『ビタミンB群』が豊富な肉に合う『疲労回復鍋』で、暑い夏を乗り切りましょう!」(管理栄養士・鈴木あすな先生)

は、この2つのお鍋の組み合わせ。

疲労回復鍋

■夏すき鍋

肉がすすむ同鍋は、ガッツリ食べたい人にピッタリ。ビタミンB1を多く含む豚肉と、その吸収を促進させる成分「アリシン」を含むにんにくの組み合わせで疲労回復効果が抜群です。ニラにもアリシンが含まれているのでトッピングすることで更に効果がアップしますよ。

■四川風旨辛火鍋

辛み成分で代謝を上げてくれます。青梗菜と一緒に食べることでビタミンも摂取できるため、免疫力も高まり夏風邪予防にも。

食べてみると…

「夏すき鍋はすき焼き風味で、生卵と絡めて食べさせて頂きましたが、肉と鍋の相性が抜群で、どんどん箸が進みました。スタミナがつくので、名前の通り疲労回復するのがよくわかります」(No. 239 鈴丘めみ/マルチタレント)

「辛い鍋は元気になるし、たくさん汗をかいて綺麗になった気がしました」(No. 82 久本実雅子/29歳/営業)

他の悩みはこちらから

A.

紫外線によるシミやシワが気になる・・・B.

水着が似合う自慢のボディを手に入れたい! C.

冷房や薄着で冷えがツライ・・・

D.

生理前の肌荒れ、過食どうにかしたい!

E.

日焼けは厳禁! 夏だって透明肌を死守したい! F.

連日の暑さでいつもより疲れが取れない・・・