1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 当てはまったら“運気が下がる”…!? 今すぐ改善すべき「家の風水」5つ

当てはまったら“運気が下がる”…!? 今すぐ改善すべき「家の風水」5つ

  • 2021.11.21
  • 67623 views

「最近ツイていない」「頑張っているのにうまくいかない」と感じているのなら、その原因は家や生活習慣にあるかもしれません。そこで今回は、今すぐ改善したい「5つの風水ポイント」をご紹介します。何気なくやってしまいがちなNGポイントを見直して、風水を味方に幸せを呼び込みましょう。

NG1.リビングの床にモノを置く

脱いだ洋服や読みかけの本、雑誌など、つい床に置きっぱなしにしていませんか?

くつろぐためのリビングは、全体的な運気を育成するゾーン。この床にモノが置いてあると邪気が溜まり、ツキがどんどん落ちてしまうのです。

汚れた洋服にも外の悪い「氣」がついているので、ふたつきのランドリーボックスに入れて、なるべく早く洗うようにしましょう。

また、雑誌や本は知識を得るための大事なモノ。きちんと本棚に立ててしまうことで、好情報が入りやすくなります。逆に読まない古新聞や雑誌を溜め込むのはNG! 運気が滞り、チャンスに弱い体質になりやすいため注意したいですね。

NG2.玄関に靴を出しっぱなしにする

玄関は「氣」の入ってくる大事なスポット。常にキレイにしておくのはもちろん、靴を出しっぱなしにしておくのもタブーです。

靴は家に住む人の数だけきちんと揃えて置くようにして、それ以外はシューズボックスに収納を。ただし、ぎゅうぎゅうに詰め込むのは運気が停滞する原因になるので注意しましょう。スペースをあけて風通しのよい状態をキープするのが、開運ポイントですよ!

玄関マットを敷いていない人も要注意。マットは外部から入ってこようとする悪い「氣」をシャットアウトしてくれるもの。綿や麻など、天然素材で作られたモノを敷いておくのがおすすめです。

NG3.欠けたカップやお皿を使う

「まだ使える…」そう思って、欠けたカップやお皿などを使い続けている人は、少なからずいるはず。風水では、割れたモノや壊れたアイテムには邪気が宿り、運気ダウンを招くと考えられています。

特に、体の中に入っていく食べ物や飲み物を入れる食器類は、健康運を左右する重要アイテム。放置しておくと疲れが取れない、化粧ノリがイマイチなんて悩みを抱え込むことにもなりかねません。

ヘルシーライフを望むなら、欠けた部分が少しでも処分するようにしましょう。

NG4.枕元がグチャグチャに散らかっている

人は寝ている間に、パワーを吸収します。

なかでも頭を置く枕元は、大事なエネルギーチャージゾーン。そこにスマホやコスメ、時計など、ゴチャゴチャとモノを置いてしまうと、「氣」が乱れてゆっくり休めないばかりか、エナジー補給ができなくなってしまうのです。

特に、ぬいぐるみや抱き枕は邪気が溜まりやすく、ラブチャンスを逃す元凶に。恋愛運を高めたいなら、ベッドに置かないほうがよさそうです。その他のグッズも、サイドテーブルに整理して置くようにしましょう。

朝起きたあとは、ベッドメイキングをしておくのもお忘れなく! グチャグチャのままだとエネルギーが補充できず、パワーアップゾーンどころか体力を奪うバッドエリアになりかねませんよ。

NG5.台所でプラスチックのアイテムを使う

お風呂場やトイレ、キッチンなどの水回りをキレイにしておくのは、風水でもおなじみの開運アクションです。でも、それをやっていてもイマイチ運がよくないとしたら、いつも使っているアイテムが原因かもしれません。

特に、台所は金運を司るエリアであり、「水」仕事と相性の悪い「火」のエネルギーが強い場所。だからこそ「氣」が乱れやすいのですが、ここでさらに同じ火のパワーが強いプラスチック製のキッチンアイテムを使うと、金銭トラブルに巻き込まれやすいです。

プラスチックの三角コーナーは邪気が溜まるので置かないのはもちろん、水切りバスケットなどのキッチン収納も、中和作用があるスチール製のものに切り替えてみて。

いきなり全部変えるのがムリなら、木製のアイテムやガラスの調味料入れを使うだけでも効果がありますよ。

さっそく今日から始めよう!

あなたはいくつ当てはまっていましたか?

心当たりがあったら、さっそく改善に乗り出しましょう。小さなことでも、できることから取り組んでいけば、自然と住まいの快適度が高まり、あなた自身も幸運体質へと生まれ変われるはずです。

©Followtheflow/shutterstock
©Undrey/shutterstock
©New Africa/shutterstock

文・月風うさぎ

元記事で読む