1. トップ
  2. ファッション
  3. 体型もカバーできる!大人カジュアルに必要な「ゆるめの服」4選

体型もカバーできる!大人カジュアルに必要な「ゆるめの服」4選

  • 2021.11.17
  • 13614 views

ON/OFFのファッションの境界線が曖昧になってきたからこそ、家でも外でも週3着られるアイテムが理想!気合いを入れたオシャレより、今私たちがリアルに欲しいのは、楽ちんなのに街でもちゃんとサマになる〝ウェルビー〟服なんです。

1.lululemonのレギンス

新作「インスティル」は第二の皮膚のように心地よくフィットしつつ、抜群のサポート力で美脚見え。レギンス¥16,800(lululemon)

秋の定番ゆるニットとロングブーツのつなぎ役としてレギンスが大活躍
人気再燃中のロングブーツにINするときも、なめらかなレギンスならストレスフリー。長年ルルレモンがアジア人の体型を研究した「アジアフィット」は、私たちの体によりぴったり。サイズ表記もXS~XLで分かりやすい! レギンス¥16,800(lululemon) ニット¥49,500(アンスクリア/アマン)シャツ¥29,700(THIRD MAGAZINE)バッグ¥50,600(ANITA BILARDI/LE PHIL NEWoMan新宿店)ブーツ¥34,100(ファビオ ルスコーニ/レイ ビームス新宿)ネックレス¥25,300(アダワットトゥアレグ)

2.N.O.R.Cのニットアップ

コートの中にも難なく着込めるミドルゲージが正解。ニット¥19,000 スカート¥18,000(ともにノーク バイ ザ ライン/ノーク)

ロンTを挟んで小ワザを効かせつつシンプルにニットアップを楽しむ
気分も顔色も明るくなるピンクのニットは、落ち着いたトーンで大人が普段使いしやすいのも魅力です。肩の力を抜いて着られるオーバーサイズのニットには、ロンTをレイヤード。首元・袖・裾に白ロンTをのぞかせて、ニットアップがのっぺり見えないアレンジを。ニット¥19,000 スカート¥18,000(ともにノーク バイ ザ ライン/ノーク) ロングTシャツ¥14,300(THIRD MAGAZINE)バッグ¥22,000(ヴィオラドーロ/アルアバイル)パンプス¥23,100(ツル バイ マリコ オイカワ)イヤリング¥2,100 バングル¥10,500(ともにアビステ)

3.emmiのゆったりワンピ

一枚でレイヤードの洒落感!スカートはシワが気になりにくいナイロン素材。ワンピース¥25,300(エミ/エミ ニュウマン新宿店)

ワンピ一枚に今の気分が反映されていてトレンドの「アスフロー」にも最適!
「アスレジャー」よりもキレイめな装いの「アスフロー」。マットな光沢素材とバルーンシルエットが上品なワンピースは、まさに「アスフロー」にぴったり。休日はもちろんスニーカー合わせでアクティブに。ワンピース¥25,300(エミ/エミ ニュウマン新宿店) バッグ¥107,800(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)スニーカー¥16,500(メゾン マヴェリック プレゼンツ/オデット エ オディール新宿店)サングラス¥41,800(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥7,700 バングル¥9,720(ともにアビステ)

4.THREE SQUAREのボアアウター

軽くて暖かく、可愛げのあるボアは今季の注目アウター。ALLボトムスに対応するショート丈。ブルゾン¥25,300(スリースクエア)

紺ブレからボアブルゾンにシフト♡パリジェンヌ風コーデだってお任せ
デニム×バレエシューズというパリジェンヌのアイコン的アイテムに、ボアブルゾンというNEWカマーを投入。モノトーンを軸にすると、大人っぽい。ブルゾン¥25,300(スリースクエア) ニット¥24,200(スローン)デニムパンツ¥9,130(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)バッグ¥25,000(ケッシュ ル エッセンシャル)パンプス¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ)キャスケット¥8,470(CA4LA/CA4LAプレスルーム)ストール¥36,900(スロー)ピアス¥10,500 ネックレス¥15,750(ともにアビステ)

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/川口優菜 スタイリング/荒木里実 ヘアメーク/川村友子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む