1. トップ
  2. グルメ
  3. 手軽に腸活! コンビニで買える「ヨーグルト」食べ比べてみた

手軽に腸活! コンビニで買える「ヨーグルト」食べ比べてみた

  • 2021.11.16
  • 3600 views

朝食のデザートや小腹が空いたときのおやつに重宝するヨーグルト。最近はコンビニで買えるヨーグルトも種類が豊富! そこで今回は、美容ライターかつ国際中医薬膳師でもある筆者が、手軽に腸活が始められる「コンビニで買えるおすすめのヨーグルト」をご紹介します。

1:お腹に優しい「ソフール」で腸内環境改善

ヨーグルトは腸内環境を整えるイメージがありませんか? 乳製品自体がお腹に優しいイメージですが、ヨーグルトの中でも腸内で有用な働きをする乳酸菌「シロタ株」が入っているのが『ヤクルト』の「ソフール プレーン」です。

1個のヨーグルトに含まれるシロタ株はなんと10億個以上! 生きたまま腸内に到達し、いい菌を増やして悪い菌を減らす働きがあるそうです。

プルンと少し硬めのヨーグルトで、プリンのような食感でした。酸味が少なく、まろやかな味わいなので、継続して食べ続けやすいですよ。

菌の種類:シロタ株(L.ガゼイ YIT9029)
味:甘さも酸味も控えめで老若男女問わず食べやすそう
量:100ml
カロリー:92kcal
値段:¥108

2:免疫力を高める「R-1」で毎日の健康づくりを

「強さひきだす乳酸菌」でおなじみの『meiji』の「R-1」。ドリンクタイプもあり、プレーンからフルーツ味まで豊富なラインナップがあります。

6,000種類以上の乳酸菌研究から選び抜かれた乳酸菌を使用していて、免疫力を高める効果が期待できるとされています。風邪やウィルスに負けない身体づくりをしたいときにおすすめです。

甘味料にステビアが使われているので、ほんのりした甘さがあります。砂糖ゼロなのもうれしいですよね。

ただ、酸味が強めのヨーグルトなので、好みが分かれるかもしれません。個人的には甘すぎなくて、最後まで飽きずに食べられました。

菌の種類:1073R-1
味:ほのかな甘みがあり、ヨーグルト本来の酸味がしっかりしている
量:112g
カロリー:89kcal
値段:¥142

3:「オイコス」で理想の身体づくりを目指して

スポーツをする人やダイエッターなど、身体づくりに役立つのが『ダノン』の「オイコス」。

元々ヘルシーなイメージがあるヨーグルトですが、「オイコス」は高タンパク質・脂肪分ゼロで、罪悪感もゼロ! 特に、普段の食事では不十分とされやすいタンパク質が10g以上も摂取できるのがうれしいですね。不足しがちな栄養を補えるという点で肌や髪にもよさそうです。

他のヨーグルトに比べると重め。水切りヨーグルトやギリシャヨーグルトのような感じで食べ応えがあります。

今回購入したブルーベリーは下にソースが沈んでいるので、よく食べて混ぜて食べるのがおすすめです。

菌の種類:不明
味:ブルーベリーソースと果実入りで、甘さは控えめだけど満足感がある
量:113g
カロリー:92kcal
値段:¥176

4:不規則な生活や生活習慣病には「トリプルヨーグルト」を

「高めの血圧(収縮期血圧)を下げる」「食後の血糖値の上昇をおだやかにする」「食後の中性脂肪の上昇をおだやかにする」と、3つの働きがある『森永』の機能性ヨーグルト「トリプルヨーグルト」。トリペプチドMKP、難消化性デキストリンが含まれています。

うれしい機能性がギュッと詰まっているのに、おいしさも侮れません。乳由来のミルクオリゴ糖を配合しているので、スッキリさわやかな甘さがクセになります。

脂肪分がゼロなので、特に健康診断で数値が気になった人やダイエッターが重宝しそうですね。

これだけ魅力があって¥100台なのがスゴい! 一度食べて味が好みなら、継続して食べ続けて損のないヨーグルトですよ。

菌の種類:不明
味:すっきりとした甘みがあり、酸味はほとんど感じない
量:100g
カロリー:49kcal
値段:¥138

ヨーグルトは毎日続けることが大切!

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やヨーグルトは、数日で腸内からいなくなってしまうとされています。効果的にヨーグルトを食べるのなら、毎日継続的に摂ることが大切です!

今回ご紹介したヨーグルトは機能性だけでなく、味も文句なしのおいしさなので、ぜひ健康的な腸活習慣に役立ててくださいね。

【参考】
『ヤクルト』公式サイト
『meiji』公式サイト
『ダノン』公式サイト
『森永』公式サイト

美容ライター・国際中医薬膳師/坂本雅代

元記事で読む
の記事をもっとみる