1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【星座占い】蠍座(さそり座)が2021年のうちにやっておくべきこと

【星座占い】蠍座(さそり座)が2021年のうちにやっておくべきこと

  • 2021.10.30
  • 3504 views

2021年も残すところ2カ月となりました。星座占いで年内にやっておくべきことをご紹介します。蠍座さんのやり残したこととは? お金・仕事・恋愛の3つの観点から、占い師の沙木貴咲さんが教えてくれました! あなたの金運や恋愛運をアップさせるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。さっそく見てみましょう。

■蠍座がお金のためにやっておくべきこと

蠍座が金運をアップさせるためにやっておきたいのは、“欲しいものリスト”のを整理です。今の自分に必要なものを見極めるだけでなく、前から欲しいと思っていたものが今も変わらず必要なのかを確かめてください。冷静に考えると、そこまで執着していないかもしれません。

また、衝動買いして後悔しているアイテムがあるなら、自分の言い値で買ってくれる人を探してみてください。フリマアプリを使うより身近な友人に聞いたほうが、必要としている人が見つかりそうです。師走の大掃除前にクローゼットや部屋がスッキリするはず。

12月は家計から収入を設計するのに良い時期です。「月給がいくらだから家賃と食費はこのくらい」ではなく、「理想のライフスタイルを実現するためにはいくら稼ぐ必要があるのか?」と考えましょう。
あるいは、毎月の支出を細かく観察して無駄遣いを減らすのもいいかもしれません。ほとんど使っていない月額課金アプリや保険の見直し、買い物はコンビニではなくスーパーマーケットを利用するなど、節約には積極的に取り組みましょう。家計をスリム化するなら年内に済ませておくと安心です。

■蠍座が仕事のためにやっておくべきこと

仕事における信念を見直しましょう。上司や有名なビジネスパーソンの言葉をなぞるのではなく、自分だけのポリシーを見つけてつらぬくことが大切です。年内は、「私はこういうキャラだから」「得意なことをがんばりたい」という思いが揺らぎやすく、自分の意志とは関係なく優先しなければならないものが出てきそうです。いろいろな思惑が入り混じるなかで、揺らぎそうな自分軸をどう確立するかが仕事のカギになります。

2022年につながる提案・指示をもらうとしたら12月下旬になりそうです。報酬は言われるまま従うのではなく、自分が納得できるまできちんと話し合いましょう。必要に応じて過去実績を提出できるように、経歴一覧やポートフォリオを作っておくと便利かもしれません。「私にはこのくらいの価値がある」という自負があるなら、強気に交渉することもが大切です。

やりがいと収入のバランスはシビアに見つめて、都合の悪いことも見て見ぬふりをしないほうがいいでしょう。「好きなものだから」「予算が足りないから」と無茶な仕事に応じれば、2022年にやりたいことができなくなるので気をつけて。

■蠍座が恋愛のためにやっておくべきこと

恋人が欲しい人や結婚したい人は余裕を持って。年内に結論を出さなくてもいいとおおらかに構えましょう。焦ってたどり着いたゴールが、冷静になって見たら「全然違う」と違和感を覚えるかもしれません。大切なのは自分が本当に望む愛を手に入れることで、スピードは重視しなくて大丈夫です。

好きな人がいるなら、付き合っていてもいなくても会話を大切に。「相手はこう感じているはず」という思い込みや、態度で示せば察してくれるはずという感覚は捨てましょう。直接に交わす言葉でお互いの気持ちを確かめることが大切です。そういうクセをつけておくと、2022年は豊かな愛が育めるはずです。

フリーの人は出会いの種まきを積極的に。「早く見つけて付き合わなくちゃ」と妥協すればハズレくじを引いてしまいます。たとえクリスマスをひとりで過ごすことになっても、本気で好きになれる人を求めましょう。年内はしっかり自分磨きをして、周囲に魅力をアピールしておくと良さそうです。

さそり座さんはこちらの記事もおすすめ!

元記事で読む