1. トップ
  2. 恋愛
  3. K-POPアーティストとして活躍するKENTA TAKADAが日本で個展を初開催!

K-POPアーティストとして活躍するKENTA TAKADAが日本で個展を初開催!

  • 2021.10.27
  • 102 views

韓国で活動しているKENTA TAKADAが2021年10月22日から31日の10日間、期間限定でKENTA TAKADA JAPAN 1st exhibition「MADE in KENTA : Ultimate Illuminating」を開催中。

【画像】個展の様子

null



タイトルを「MADE in〜」としたのは、「自分を表現し創造するとき”髙田健太”が作り出すのではなく、周りに居る人・環境と共に作り出すものだと思った」というこだわりから。そんなKENTAの人柄を反映するかのごとく、展示されている作品はすべてあたたかみを感じるイエローとグレーが基調となっている。実はこの2色は毎年PANTONE(パントーン)社が発表している「カラー・オブ・ザ・イヤー(今年の色)」。永続的な基盤をもたらす強固な信頼を象徴する色で、落ち着きや安定、回復への思いを促す「アルティメット・グレイ(Ultimate Gray)」と、生き生きとした輝きを放つ明るく陽気なイエローの「イルミネイティング(Illuminating)」の2色。悩み苦しむことがあっても、その先に希望を感じてほしいというKENTAの願いが込められている。

null


会場で一際目を引くのは、2足のスニーカーとプロジェクターで映し出される文字の映像とともに置かれたスニーカーのイラスト。この作品は個展初日、訪れたゲストが見守る中、KENTAがリアルドローイングしたもの。よく見るとイラストにはスニーカーの靴底が使われており、「スニーカーを使ってスニーカーを描いてみました」(KENTA)だそう。このイラストにかかるように映し出されている英文「Walking with a friend in the dark is better than walking alone in the light.」はヘレン・ケラーの名言で、「暗闇を友人と共に歩くほうが、一人で明るみを歩くよりもずっといい」という意味。作品に添えられた2足のスニーカーと合わせて見ると、より深く作品の意味が感じ取れる。

null



この他にもKENTAの内面に触れられる作品が多数展示されている他、リユースガラスを使ったキャンドルやアクリルキーリングなど、センスあふれるグッズも充実。また、KENTAが以前から親しかったという寺井司さんのカヌレ専門店Shiroとのスペシャルコラボも。舌も心も満足できる展示会、28日(木)には古家正亨さんがMCを務めるKENTAのトークショーも開催される。

null



null



■イベント詳細
名称:KENTA TAKADA JAPAN 1st exhibition
「MADE in KENTA : Ultimate Illuminating」

場所:soko station 146
〒136-0082東京都江東区新木場1-4-6 2F

主催:teamKENTA
10月31日まで開催中

MADE in KENTA Instagram: @kentatakada110

MADE in KENTA Twitter:@kentatakada110

null
元記事で読む