1. トップ
  2. 恋愛
  3. 裏切り裏切られ…男は単純【彼氏の顔が覚えられません 第37話】

裏切り裏切られ…男は単純【彼氏の顔が覚えられません 第37話】

  • 2015.7.23
  • 5919 views

バレンタイン直後、イズミからのチョコを受け取ろうとタナカ先輩のLINEに連絡すると、「ゴメン、騙せなかった」そんな返事がきて、ぎょっとした。

どうか単純すぎる俺に罰を【彼氏の顔が覚えられません 第37話】

画像:(c)izzzy71 - Fotolia.com

慌てて通話してみると、「無理だよ! ムリムリ! イズミちゃんの顔見た瞬間、騙せないって思った!」なんて声。しかも俺が部室に行けなかった理由も、俺がLINEで送った通り「デート」だったとバカ正直に伝えてしまったらしい。

サー…と血の気が引いていく。

「ちょ…じゃあ、なんで代役引き受けてくれたんスか!?」

「そ、それはだな…つまり…カズヤが他のバカに頼んでイズミちゃんを騙すぐらいなら、俺が引き受けようと…い、いや、ちがう…ちがうちがうっ。正直に言うよ。うん。最初から、イズミちゃんを騙す気なんてなかった。カズヤ裏切って、全部ぶちまけるつもりだった」

「はぁ!? ちょっ…嘘でしょ? 先輩、イズミに直接フラれて、もう未練ないハズでしょ? 俺とイズミの恋路、応援してくれるって言ってたじゃ…」

「うおおおおおおおおおおおおおおお!」

突然の大声に、思わずスマホを離す。20センチくらい離しても、先輩の怒鳴り声はクッキリ聞こえた。

「応援してた! 応援してたさ!! だからこそ、こうやって騙すなんて信じられなかったんだ…カズヤ、お前、サイテーだ! イズミちゃんとは破局してしまえ! それがイズミちゃんのためだ! じゃあなっ!!」

通話は、向こうから切れた。

これぐらい怒鳴られれば、タナカ先輩を恨む気持ちはさっぱりわいてこなかった。そうだ、サイテーなのは俺だ。最愛の人を、騙すような真似をしてしまうなんて。

1月、シノザキに言われたセリフが蘇った。「一回、イズミに全力で嫌われてみたらいいのに」

あのとき、「なんで嫌われなきゃならないんだ」なんて返しながら、その結果がこれとは…。

そしてこのとき、俺の部屋にイズミからもらう予定だったチョコはない。代わりにあるのは、マナミからの「義理チョコ」だ。

リボンをほどき、包みを開く。中から出てきたブラウニーは手作り。どこからどう見ても本命だ。

なんで受け取ってしまったのか。そして俺は、これを今からどうしようとしているのか。

バレンタイン当日、渋谷のスタジオでギターの練習をしながら、シノザキは俺に言った。

「ぜんぜん気づかなかったかもしれないけど、私、タニムラくんのことスキだったんだよ。高校のころから…でも、デブってどころじゃなかったし、牛乳瓶みたいなメガネしてたし…引っ込み事案だったし」

…高校時代の話だよな? まさか今の俺に告白だなんて、そんなことないよな――。

「イズミみたいなカワイイ子と一緒にいるとこずっと見てて、嫉妬してた…私がどんなにカワイくなったって、イズミには敵わない。だけどね、こないだ二人見てて、思った。すごくギクシャクしてる。あ、これひょっとしてタニムラくん、無理してるなって、すごくわかった」

そうして、渡されたチョコレート。

「いいの。義理だと思っていい。受け取ってよ。でも、もしそれ食べて、私の方がいいなって…いや、そんなおこがましいこと言わない。ラクだな、気軽に付き合えるかもな、って思ってくれたら…もう一回、もう一回だけ、デートしてくれるかな…」

俺の腕を両手でつかんで。――そして、あらぬことか、自分の胸元まで引き寄せて。腕に、やつの胸の柔らかい感触が少しだけ伝わった。あざとい、あざとすぎる! けれど、そんな単純な手に引っかかるほど愚かなのが、男なのだ。

実家の俺の部屋。ラジオからは、ゲスの極み乙女。の「餅ガール」が流れている。その曲を聞きながら、サビのメロディーが脳内にこびりついて離れなくなりながら…。

シノザキからもらったブラウニーを、食べた。

(つづく)

目次ページはこちら

【恋愛小説『彼氏の顔が覚えられません』は、毎週木曜日配信】

(平原 学)