1. トップ
  2. 恋愛
  3. モーニング娘。の守護神 譜久村聖の「今」

モーニング娘。の守護神 譜久村聖の「今」

  • 2021.10.13
  • 56 views

こんな時代だからこそ、私たちは…信じるしか!

史上最年少で歴史あるグループのリーダーになり、今や歴代最長の、 グループの守護神。
そしてハロー!プロジェクトのリーダーも兼任。歌もダンスもパフォーマンスも。
そして体力、 根性……etc 日本のアイドル界最高峰。
プライベートでは 「ドキンちゃん」 のソックスを履いてくる……
そんなギャップだらけの 「ふくちゃん」こと譜久村聖さんの「今」をドキュメント 。

譜久村聖さんの画像はコチラ


9 期が今年で 10 周年!気合いが入ってます

最近、えりぽんと「私たちもお姉さんになったね」なんてよく話しているんです。ファンクラブのイベントは開催したんですが、せっかくの10周年なのでもっとアニバーサリー的なことできたらうれしいなと思ってます。グループとしての記念日と同じくらい、”期”の記念日も大事。後輩たちの節目もちゃんとお祝いしてあげたいですね。

グループだからといって役割を決めつけるのは違う

以前、踊ってみた動画をSNSで発信したときに、コメントの中で『決してダンスメンと呼ばれることはないけどうまい』みたいな声があったんですね。グループにいると、ダンスメン、歌メンとカテゴライズされてしまいがちだけど、「ここが私の役割です」と決めつけてしまうのはもったいないですよね。私は歌もダンスもどっちもあきらめたくない。

「また譜久村?」って思われてでも選ばれたい

グループの中でも歌割りをいただいている方ではあるんですけど、それでもレコーディングはより多くのパートで選ばれようと思って臨んでます。ハロプロの大きな特徴でもあるんですが、歌割りに先輩後輩は関係ありません。シンプルに歌がよかったら選ばれる。信念と努力があってつかむものなので、歌唱力はずっと磨き続けたい。意外と常に燃えてます。

10 年ぶりのボブヘアは私なりの決意表明

コロナ禍の自粛期間は自分に向き合う時間でもありました。何か資格を取ろうかなと考えたこともあったけど、『新しく何かを始めるより、目の前のことを掘り下げていきたい』と思ったんです。つまり私にとってはグループの活動。スキルを磨いたり、メイクの工夫次第で新しい自分は見せていける。そういう意味もあって髪をばっさり切りました。

ブログを書くことで自分を客観視してます

昔は気持ちに余裕がなかったのもあって、人のことばかり考えて、自分のことを疎かにしがちだったんです。今は、すごく客観的に自分のことを見られるし、やりたいことが明確。その手助けになっているのが毎日書き続けているブログなんです。文章を書くと、頭の中が整理できるし、自分の思いに気づかされることも多くて……心もすっきりします。

卒業の理由を年齢にはしたくない

今年25歳。前リーダーの道重さんが卒業した年齢でもあるんですけど、道重さんは「今が一番可愛いピークだから」という確固たる理由で卒業されました。私も年齢という数字にはとらわれたくないんです。正直、体力的にはツラさを感じることもあるけれど、そこに直面するたびにまた頑張れる。先を急いでいるわけじゃないので、自分のペースで歩みたい。

❝最後の後輩 ❞ のつもりで15 期を迎え入れました

15期が入ってきたときに心のどこかで「私が迎える最後の後輩かもしれないな」と思っていたんです。実際はどうなるかはわからないですけど、今は15期に後輩が入ってきたときの姿を見てみたいと思うように。加入して2年たちましたが、まだまだ”ザ・最年少”な3人。この先、どんな先輩になるんだろう?と想像するとにやにやしちゃいます。



ハロプロ、頑張ってます。
ままならない中でも
みんなが成長できて
結果的にすごくよかった

コロナ禍による自粛で、昨年の春ツアーは前日に中止が決定して、本来ならあるはずの秋ツアーもできない状況で正直にいえばやっぱりすごく悲しかった。自分でもびっくりなんですけど、家で自分のグッズを手に取ったり、DDマガジンを見たりして。こんな日が来るなんてっていう心境でした(笑)。でも、それくらいメンバーに会いたかったし、ライブがしたかった。その中で、今はできることを頑張らなきゃと考え方をシフトして、自粛期間はSNSを積極的に取り組んでみました。ステージに立つ自分とはまた違った自分を見てもらえる機会になったし、それによって「こんなお仕事してみたいな」と気づきや広がりにつながりました。

今、ハロープロジェクトのツアー『花鳥風月』の真っ最中です。全グループのメンバーを4つにチーム分けしてコンサートをしています。別のグループのコたちと声の相性を考えながら歌ったり、少人数で歌を合わせたり……いつもとは違った環境でメンバーそれぞれが高め合っている状況。改めて、モーニング娘。21で集結したときにパワーアップする確信があります。

ハロプロ全体のリーダーとして考えているのは、昔から応援してくれたファンのみなさんに❝安心感❞を持ってもらいたいということ。20年もたつと「変わっちゃったな」と思われがちだけど、今まで受け継がれてきたずっと変わってない❝ハロプロらしさ❞もあるんだと伝えていけたら。それは自分がハロプロで活動する限り、アピールしていきたい部分でもあるんです。

メンバーそれぞれが
一人の女性として
憧れられるような存在になって
いけたらいいな

今のモーニング娘。、すごく雰囲気がいいんです。昔はよく「本当は仲が悪いんでしょ?」なんていわれがちだったけど(笑)、そんなこともいわれなくなって、周りにも雰囲気がよくなっているのが伝わっているのかな?と思ってます。それはきっと、メンバー一人一人が、パフォーマンスやビジュアルを含めて自分自身を向上させていこうとする意識がすごく高まっているから。みんな個性が強くて、意見もしっかりあるタイプなんですが、グループとして目指している方向にはブレはありません。あえて話し合いの機会をつくることはないけど、普段から楽屋での会話を大事にしているからかもしれない。それがくだらないことでも、真剣なことでも、常にみんなで話をしています。最近の話題は「最終的な夢は?」なんて、ちょっと壮大な傾向です。他には、モーニング娘。の私服がダサい件について(笑)。他のグループに比べると「うちらダサいかもしれない……」と議論になって、結論として〝私たちは流行りに乗っからないからだ!〟ということになりました(笑)。楽屋で盛り上がった話題がMCにつながったりするので、チームで戦っている感覚を常に持てているんです。今、私たちが目指したいのは、憧れられるような存在になること。アイドルとしても、一人の女性としても。パフォーマンスだけじゃなくて、内面を磨くことも大事にしていきたいですね。





譜久村聖が今思う、メンバーのこと

to 生田衣梨奈
「今のえりぽん、何かが吹っ切れたのか、ちょうどインスタを始めたあたりからすごい輝いているんです。個性を極めようと試行錯誤して、それがニュースとして話題になって、さらにいろんなことにチャレンジしていく。そんな素敵なサイクルの中にいる。苦楽を共にした同期が『今のモーニング娘。の活動、すごい楽しい!』と笑顔でいってくれることが幸せです」

to 加賀楓
「個性が強すぎる先輩たちの中で〝いい後輩″でいてくれるかえでぃー。9、 10、11期が先輩チームとして固まりがちなところに、臆せず飛び込んできて、グループの風通しをよくしてくれる。今の結束力にもつながっています。内面やビジュアルのカッコよさもかえでぃーだけの魅力」

to 岡村ほまれ
「成長速度がとにかく速い! メイクも髪の毛も自分でできなかったコがグループいち上手な編み込みができるように。ほまちゃんは自信が持てないみたいだけど、世の同い年よりもすごいことを君はやっているんだよって伝えたい」

to 羽賀朱音
「美人度がめきめきアップしている最中。私としては、同世代や年下に憧れられる存在になってほしい。というのも、あかねちんはメイクでもファッションでも、トレンドに左右されず自分の世界観を持ち続けられる人だから。なんというか、雰囲気がきれいなんです。そのプライベートでの魅力が、最近はパフォーマンスにも反映されてきている気がします」

to 石田亜佑美
「あゆみんは大人っぽくなりましたね。メンバーみんなが成長してきて、ほどよく肩の力が抜けたのかな?と思います。後輩に対してアメとムチの差が大きすぎて、めちゃくちゃ厳しいかと思ったら、めっちゃ甘やかしたり。後輩たちはそれでみんなあゆみんを好きになっちゃう。私が尊敬しているのは文才があるところ。ぜひブログを読んでほしいです」

to 小田さくら
「小田はさらに自分が強くなったイメージ。絶対にこれだ!というものを常に持っている人で、他の人の意見に流されない。たとえば、後輩への指導だったり、『こういったら、どう思われるかな?』と不安になりそうな場面でも、小田は迷いなくしっかり伝えてくれるので頼りになります。その強さが、決して頑固さではないのが小田の素晴らしいところです」

to 山﨑愛生
「めいちゃんはみんなの妹ポジション。楽屋がほのぼのするし、守りたくなる系なんですが、同期の中ではズバズバと物おじしないで発言する姿も。そのやりとりに耳をすませると、〝好き嫌いが多いことを注意していた″とかで面白いんです」

to 野中美希
「挑戦する人。すでにいろんな知識と経験がありながら、さらに貪欲に広げようとしている。私、野中がイキイキしているとすごく安心するんです。私がリーダーになって初めて迎えた後輩っていうのもあるのかも。人として大人になっていく姿が見てとれるし、ユニットに選抜されると場を仕切ってくれたりして、すっかりお姉さんになったなと感慨深い」

to 森戸知沙希
「ちぃちゃんはモーニング娘。のおしゃれ番長。着ている服や使っているコスメをマネしたくなる存在。以前はお互い人見知りを発動してたけれど、今では一番性格が合っていて、すごく居心地がいいんです。最近はインテリアに興味があるらしく、後輩ながら『大人だなぁ』と憧れます」

to 北川莉央
「ダンス未経験での加入、ほわほわした性格も相まって最初は先生方に怒られることも多かった。今は、自分のこうありたいアイドル像が明確で、歌もダンスも頑張っている。自分に対してストイックな姿勢に刺激をもらっています」

to 牧野真莉愛
「ずっと好きなものが変わらず、それを貫く強さがある。生まれながらにしてアイドル気質の持ち主だなって思います。そんな真莉愛もハタチになって、あのキャピキャピ感が落ち着いてきて、ちょっと寂しくもあるんです。パフォーマンスでは一番元気に、一番激しく飛び跳ねるのが持ち味だったけど、魅せ方がグッと大人になってます」

to 横山玲奈
「15期が入ってきてから大きく変わりました。本人いわく心配性で、何一つ不備なくなってきたよこやんが、後輩を持つことで一皮剥けた。先輩っていうより〝、姉貴″って感じがしっくりきます(笑)。小柄なよこやんが15期を後ろに引き連れて歩いている姿はめちゃくちゃ和みます」

to 佐藤優樹
「意外かもしれませんが、優樹ちゃんは占いを信じるタイプ。今年は運勢があんまりよくないみたいで、『自分の意思で動いちゃいけないから』という理由なのか、私のいうことを素直に聞いてくれます(笑)。性格的にもすごく柔らかくなったなぁと。私としてはうれしいけれど、ご家族は『まあちゃんが普通の人間になっちゃった!』と悲しんでるそうです」

オールインワン 28,490 円/ KEnTe (KEnTe カスタマーセンター) チュールガウン 9,878 円/ラヴィジュール(ラヴィジュール ルミネエスト新宿店)

元記事で読む