1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 気分が華やかになる陶器【エミシ工房】全国やきものフェアinみやぎに出展

気分が華やかになる陶器【エミシ工房】全国やきものフェアinみやぎに出展

  • 2021.10.4
  • 1415 views

地域特派員ほんにょです♪

少し前になるのですが、雨女の友人と共に、通常通り雨が降る中、角田市の「山の中にあるギャラリーエミシ工房」に行ってきました! 鳥の鳴き声が響くお店の中、素敵なご夫婦と素敵なお客さんたちに、癒やされてきました。

出典:リビング仙台Web

この時は期間限定で開催されていたエミシ工房うつわ展への訪問。全て欲しくなってしまう陶器が並んでいて、たっぷり2時間滞在♪ 写真をたくさん撮ってきたので、ぜひ皆さんの好みの陶器を探しながら見てくださいね☆

後半にはエミシ工房さんの10月のイベント出展についてもお知らせします!

一つ置くと華やかになる陶器シリーズ
出典:リビング仙台Web

お店に入ってすぐに目についたこちらの食器。私は最終的に右の商品を約2時間後に購入しました(3500円)フリフリがかわいい♪ 角切りパイナップルをのせたらおいしそう♪

出典:リビング仙台Web

花瓶や、少し深さがあって使いやすそうなお皿もありました。白い壁や茶色い家具にとっても映えます。

出典:リビング仙台Web

楕円や角皿も料理が引き立つし、意外と使いやすいんですよね。

出典:リビング仙台Web

六角皿は、バニラアイスをのせたらおいしそう!

出典:リビング仙台Web

陶器なのに、ガラスのように涼しく感じられるような食器たち。

出典:リビング仙台Web

青は青でも色のトーンもさまざま! 日本の海でも場所によって色が違うのと同じ。同じ沖縄でも宮古島の濃いブルーと、石垣島の薄いブルーのような…。マニアックな表現かな。

柄もいろいろ♪ かわいい陶器シリーズ
出典:リビング仙台Web

こちらは雨女の友人が購入したプレート。パンをのせてもよし。サラダを山盛りのせても、パスタをのせても、オムライスをのせてもよし。とにかく万能な食器。皿の縁に柄があるので、上から見ても楽しめます♪

出典:リビング仙台Web

小鉢もドレッシング入れたり、ちょっとしたおかずをいれるのもよさそう。価格もお手頃です。

出典:リビング仙台Web

マグカップも柄が微妙に違います。

出典:リビング仙台Web

これならカツオのたたきを並べても、ロースカツをのせても、サンマを焼いてもOK。

出典:リビング仙台Web

これも縁に柄があって、あまりみかけない形が魅力のオーバル型。

出典:リビング仙台Web

マグカップとセットにして、このお皿にお菓子をのせて食べたら、おいしさが倍増するはず。

出典:リビング仙台Web

蓋つきのポットもかわいすぎる!

出典:リビング仙台Web

持ち手がかわいいこちらの陶器は、裏がボーダーになっていて、それもまたかわいいのです。

出典:リビング仙台Web

大きさも、柄も、形も、本当にたくさんありました♪

出典:リビング仙台Web

黒の陶器は料理が引き立ちそう。

出典:リビング仙台Web

実物見てほしいわぁ。

西アフリカの楽器ジャンベ(陶器バージョン)
出典:リビング仙台Web

通常硬い木をくりぬいて作られているようですが、こちらは池田さん作成の陶器です。

鼓面は、通常通りヤギの皮が張られています。これも商品ですよ~。お家に一つ、いかがですか~? 叩くと愉快な気分になれますよ♪

出典:リビング仙台Web

池田さんが、リズミカルに叩いてくれました♪

そして、私たちが陶器選びに迷っている間に大自然の中で演奏♪ 鳥の歌声とジャンベのコラボがとても心地良かったです♪

お店に来る方々も同じ感性を持っているからか、一緒にお喋りしていたら長居してしまうわけです。

出典:リビング仙台Web

いかがでしたでしょうか? 私は、一つ一つの作品に心がこもっていて、見とれてしまいました。

こちらのエミシ工房の池田さんが作る器を実際に見たい!という方に朗報です♪

10月7日(木)~11日(月)、夢メッセで行われる 全国やきものフェアinみやぎ にエミシ工房さんも出展されます。

もちろん私も雨女の友人と一緒に行きま~す♪ また新しいアイテムをゲットしたいな♪

食器からもパワーチャージ♪ 全国やきものフェアinみやぎの詳細はホームページで確認くださいね。(https://www.yakimono.miyagi.jp/

エミシ工房さんでは通常は、陶芸教室も開催しているそうです。粘土1kg(3000円)の土からマグカップ2個程度が作れるらしく、とってもお得です。 生徒さんの作品を見せてもらいましたが、ステキでしたよ~♪

DATA

エミシ工房+陶芸教室 住所 宮城県角田市小坂石原55-2 Instagram emishi_kobo

元記事で読む
の記事をもっとみる