1. トップ
  2. 恋愛
  3. もう無理! 私、こんな理由でパートナーを“断捨離”しました

もう無理! 私、こんな理由でパートナーを“断捨離”しました

  • 2021.9.30
  • 17664 views

好きで付き合っていたはずなのに…いつの間にかうっとうしくなってしまった、顔も見たくなくなってしまった! そんな気持ちが積もり積もって、パートナーを“断捨離”した経験ありませんか? みんなのリアルなエピソードを紹介します。

2021年8月4日~8月29日、シティリビングWebでアンケートを実施。

イラスト:春吉86%

出典:シティリビングWeb

彼の浮気が発覚。それでもまだ気持ちがあった私だったが、なぜ浮気をしたのかの質問で返ってきた答えが、「○○と結婚したいから、○○が奥さんとして一番だと確かめるために!」だったとき。一気に目が覚めました(くり子)

自分勝手にもほどがある

ドタキャンばかりの彼。彼の仕事に合わせて東京や大阪まで呼び出され、デートは必ず私が会いに行くスタイルでした。 愛知から新幹線代を払ってはるばる会いに行くのに、待ち合わせ時間にいつも現れずドタキャンされることが多く、私の堪忍袋の緒が切れて断捨離しました。3時間待たせたりとかが当たり前な人でした。私の大切な時間を返してほしい…!(ぴーちゃん)

日常的なモラ発言。強いて上げるなら…と思ったけれどありすぎる!「明日俺が起きたとき、一人でいたいからどっか行ってて」とか。もう心が折れた(ちさ)

常識をはるかに超えている!

コーヒーを混ぜたスプーンを口に入れたにもかかわらず、洗わずにスプーン立てに戻したところを見てしまったこと。さすがに断捨離しました(まみ)

ものすごくしょっぱい味が好きで、これでもか!と食べ物が浸かるほどしょうゆをかける人がいた。結局余って洗い流すし、もったいないし、身体に悪いし…。「かけすぎじゃない?」と何度か言っていたら、最終的に手が滑ったふりをして「あああ…!」と言いながらしょうゆをドバドバかけていた。なんだか逆にかわいそうになってサヨナラしました(ソース派)

もらったのは私です

私にくれたプレゼントを「ちゃんと使ってるか」「どう使ってるか」デートの度にチェックする彼。初めのうちは受け止めていたのですが、ある日彼がくれたバッグをデートに持って行ったら「そんなに物を入れたら形が変わる!!」と怒られたことがきっかけで、もうムリだわと思うようになりお別れしました(ちーたろう)

やめるやめる詐欺?

お互い両親に紹介をし、社内恋愛ということもあって婚約したので会社にも知らせていました。が、「やめるやめる」と言っていたのに全然タバコをやめなかったので別れました。義理の姉が体調を崩して入院し、その快気祝いで集まったときにもタバコを吸い出して、「流石に今吸うのはやめなよ」と言っても「離れているから大丈夫」など言い訳して吸っていてドン引き。別れて1年以上経ちますが、いまだに社内でいじられます。でも、あのまま結婚してても絶対タバコが原因でけんかをしていたと思うので後悔していません(ぽこたろう)

好みが近いのは大事

パートナーが肉しか食べられず、断捨離しました。食べられる野菜はじゃがいもとトマトケチャップだけ。そんなパートナーと一緒にいても同じものは食べられないし、外食も家食も苦痛になって、耐えられなくなりました(タマちゃん)

笑いのツボが違う。大阪人にとってやっぱり笑いの感性が近くないと楽しくない(パルッピー)

面倒見よくするのも考えものかな…

私の面倒見の良さに母性を感じてくれるのかもしれないが、付き合うとどんな年上でも“甘えん坊”に。年月を重ねるにつれて“依存”に変わってくるので、そうなったときが潮時と、問答無用にばっさりとお別れ通達します。心理的・体力的・経済的負担が度を越えたと私が判断したときが宣告のタイミングなので、お相手はいつもポカンとしています。親や友人にも、あまりに潔く捨てるのでビックリされます(あんぬ)

元記事で読む