1. トップ
  2. ファッション
  3. 【今週の服装】気温20℃の「秋のカジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】気温20℃の「秋のカジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

  • 2021.9.27
  • 7385 views

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

秋トレンドの「黒ブラウス」コーデって?
引き続きトレンドの「ブラウス」は、ワンピ感覚で着られるロング丈に更新。気になるお尻や太もも周りが隠れるので、スタイルアップ効果抜群です。上品に着こなすなら、アイスブルーのスリット入りパンツを合わせると◎。白パンプスと相まって、抜け感たっぷりに仕上がります。

ブラウス¥30,800パンツ¥20,900(ともにルフィル/LE PHIL NEWoMan 新宿店)バッグ¥62,700(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)シューズ¥35,200(PIPPICHIC/ベイジュ)ピアス¥10,340(チビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)
『CLASSY.』2021年10月号より

黒よりオシャレな「コンバース」コーデって?
白や黒の王道コンバースがマンネリ化してきたら、思い切ってカラーコンバースに挑戦。秋らしいマスタードイエローを選べば、派手すぎず大人っぽく履きこなせます。上級者見えを狙うなら、ツイードジャケットを羽織ったキレイめモノトーンコーデに、差し色として取り入れて。

ジャケット¥27,500(ジョン ブラニガン/ルル・ウィルビー)ブラウス¥29,700(フロム)サロペット¥24,200(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)ピアス¥58,300リング¥220,000(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)スニーカー¥13,200(コンバースインフォメーションセンター)バッグ¥198,000(ザンケッティ/八木通商)
『CLASSY.』2021年10月号より

ほっこりしない「ニットパンツ」コーデって?
楽ちんなのにこなれて見える「ニットパンツ」は、ハイゲージ&テーパードシルエットでスタイリッシュに。今っぽく着こなすなら、シャツや小物もベージュのワントーンで揃えるのが正解。インナーの黒地のプリントTや、レオパード柄シューズでアクセントをつければ、バランスよく仕上がります。

ニットパンツ¥12,100(ステートオブマインド/ゲスト リスト)シャツ¥26,400(GALERIE VIE/GALERIE VIE)Tシャツ¥9,790(ティッカ)バッグ¥31,900(オ ルセット/オルサ)シューズ¥26,400[10月発売](ツル バイ マリコ オイカワ)ベレー帽¥6,930(CA4LA/CA4LA プレスルーム)ピアス¥12,960ネックレス¥21,000バングル¥6,480(すべてアビステ)
『CLASSY.』2021年10月号より

オシャレ見えできる秋の「通勤スカート」コーデって?
秋にカラースカートを穿くなら、ダークグリーンがおすすめ。シックな雰囲気なうえに、引き締め効果も期待できます。クリーンな真っ白のアンサンブルニットを合わせて、全体の洗練度をアップ。足元はひとクセ効いたローファーで、シンプルコーデを盛り上げて。

ローファー¥57,200バッグ¥189,200(ともにJ&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)ニット¥24,200カーディガン¥26,400(ともにTheory/リンク・セオリー・ジャパン)スカート¥17,600(アンクレイヴ)ピアス¥11,000〈Folk/N〉バングル¥47,850〈NORTH WORKS〉(ともにUTS PR)
『CLASSY.』2021年10月号より

Gジャンより今っぽい「デニムシャツ」コーデって?
アイテム選びを間違うとひと昔前に見える「デニムシャツ」は、オーバーサイズをチュニック感覚で着こなすことで、一気に今っぽく。黒のニットパンツを重ねてリラクシーに仕上げつつ、エッジの効いたローファーやバッグで引き締めるのが、オシャレ見えのコツです。

バッグ〈H14×W13.5×D10〉¥272,800靴〈H5〉¥128,800(ともにプラダ/プラダ クライアントサービス)デニムジャケット¥31,900(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)ニットパンツ¥26,400(ソブ/フィルム)ピアス¥24,200(インツーデザイン/ZUTTOHOLIC)
『CLASSY.』2021年10月号より

大人女子が「スウェット」を上品に着るなら?
部屋着っぽく見えがちな「ロゴ入りフーディ」は、オーバーサイズのストライプシャツを重ねてよそいき顔に。レザーパンツやヒールつきパンプスで、キリッと引き締めるのもポイントです。仕上げにチェーンの効いたキャメルバッグで、エレガントさと秋らしさを味つけして。

パーカ¥10,450〈グッド ロック スピード〉レザーパンツ¥59,400〈エーピー ストゥディオ〉(ともにエーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)シャツ¥28,600(インディビジュアライズドシャツ/シップス プライマリー ネイビー レーベル)メガネ¥39,600(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥48,400(マリハ)パンプス¥44,000(ロランス/ザ・グランドインク)バッグ¥198,000(ザンケッティ/八木通商)
『CLASSY.』2021年10月号より

休日もOKな「ジャケット」コーデって?
重く見えない「ブラウンジャケット」は、休日のデートにもしっくりハマります。白のリブニットとベージュスカートを合わせれば、今っぽいワントーンスタイルに。仕上げにグリーンのポインテッドトゥパンプスで、ほどよいメリハリをつけると◎。

ジャケット¥42,900(ティッカ/シップス 二子玉川店)リブトップス¥19,800(エストネーション)スカート¥27,500(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)バッグ¥44,000(ヴァジック/ヴァジック ジャパン)パンプス¥59,400(ペリーコ/アマン)ネックレス¥35,200(シャルロット ウーニング/フラッパーズ)時計16,390(クルース/HIROB ルミネ新宿店)
『CLASSY.』2021年10月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岸本真由子
※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」の記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

元記事で読む