1. トップ
  2. スキンケア
  3. 30代以降のたるみ毛穴を予防するスキンケア方法!キメの細かい滑らか素肌を守る!

30代以降のたるみ毛穴を予防するスキンケア方法!キメの細かい滑らか素肌を守る!

  • 2021.9.27
  • 2484 views

30代以降の女性が悩む肌トラブルの一つに、たるみ毛穴があります。たるみ毛穴を予防するためには、毎日のスキンケアが非常に大切で、適切に行うことが重要です。

本記事では、30代以降のたるみ毛穴を予防するスキンケア方法について解説します。

30代以降のたるみ毛穴の予防方法は、「保湿」「たるみに有効な美容液を使う」「紫外線対策」の3つです。

30代以降の肌とたるみ毛穴について

30代以降の肌とたるみ毛穴について
出典:byBirth

たるみ毛穴の予防方法を知る前に、30代の肌やたるみ毛穴について知っておきましょう。ここでは、30代以降の肌とたるみ毛穴の特徴について解説します。

30代以降の肌の特徴

30代以降の女性の肌は、コラーゲンやエラスチンなどの成分が減少・変形し始めるのが特徴です。

コラーゲンやエラスチンは真皮部分に存在し、肌の弾力を保ち若々しさを維持する大切な役割を担っています。ところが、加齢や乾燥、紫外線などの影響によりコラーゲンやエラスチンが減少・変形すると、弾力が失われしぼんだようなハリのない肌になります。

30代以降は、代謝が落ちてコラーゲンやエラスチンなどの成分の分泌が衰え、外的刺激から肌を守るバリア機能も低下して乾燥や紫外線の影響を受けやすいため、ハリ不足など肌の衰えを感じやすい時期となります。

たるみ毛穴の特徴

たるみ毛穴とは、毛穴がしずく型に開いて見え、顔をもち上げると目立ちにくくなるのが特徴です。とくに、鼻の横の頬の部分によく表れます。

たるみ毛穴は、肌がたるんで毛穴が下向きに引っ張られることが原因です。肌のたるみは、肌の弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンが減少・変形しておこります。

そのため、20代など若い世代には起こりにくく、代謝が悪くなり、バリア機能が低下してエイジングサインが表れ始める30代から増えるトラブルといえるでしょう。

30代以降のたるみ毛穴の予防方法

30代以降のたるみ毛穴の予防方法
出典:byBirth

30代以降のたるみ毛穴を予防するために、適切なスキンケアが欠かせません。ここでは、30代以降のたるみ毛穴を予防するスキンケア方法を3つ解説します。

保湿を徹底する

たるみ毛穴を予防するために、保湿ケアをしっかり行いましょう。

肌にうるおいが入ると、ふっくらして毛穴が目立ちにくくなります。また、余分な皮脂分泌を抑えられるため、毛穴が引き締まり目立ちにくくなる効果も期待できます。

保湿ケアは、化粧水 → 乳液 → クリームの順で行っていきましょう。化粧水はコットンを使って、肌全体がひんやりとするまで塗布、パッティングを行います。そのあと、乳液、クリームを重ねて、化粧水の成分が蒸発しないように油膜を張りましょう。

また、使用する化粧品に、高保湿成分が配合されているものを選ぶと、より肌の保湿力が高まります。化粧品を選ぶときは、パッケージの成分表に、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンと記載のあるものを選ぶことをおすすめします。

たるみに有効な美容液を使う

たるみに有効な美容液を使う
出典:byBirth

たるみ毛穴を防ぐために、美容液を取り入れたスキンケアを行いましょう。

美容液は、基礎化粧品の中で最も美容有効成分の配合量が多く、効果を実感しやすい特徴があります。また、たるみなどのエイジングサインはダメージが深いため改善まで時間がかかり、普段のお手入れだけでは十分に効果を感じられないことが多いので、美容液を使って集中ケアを行うことが大切なのです。

美容液は種類が多く、配合されている成分もそれぞれ異なるので、自分の肌トラブルに合うものを選ぶ必要があります。購入するときは、美容液のパッケージを見て、たるみに有効な成分が配合されているかチェックしましょう。

たるみに有効な成分の代表例は次の通りです。

レチノール

肌の弾力を保つコラーゲンを生成する効果があります。皮膚のターンオーバーを促進し、肌をみずみずしく若々しく保つ効果も期待できます。

ナイアシンアミド

コラーゲン繊維に働きかけて毛穴を目立ちにくくさせます。また、肌のセラミドに働きかけてうるおいのある弾力ある肌をつくります。

ビタミンC誘導体

コラーゲン生成を手助けして、肌にハリを与えてくれます。また、エラスチンを生成する繊維芽細胞を活性化して、毛穴を引き締める効果も期待できます。

フラーレン

抗酸化作用が強く、活性酸素を除去して肌のたるみなどのエイジングサインを予防します。

コエンザイムQ10

線維芽細胞の働きを活性化し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成して肌の弾力を高めます。また、活性酸素を除去する効果もあり、細胞の酸化を抑えてたるみを予防します。

アスタキサンチン

コエンザイムQ10の約1,000倍以上の抗酸化作用をもち、肌細胞の酸化を防いでたるみを予防する効果があります。

紫外線対策を徹底する

たるみ毛穴を予防するために、紫外線対策を徹底することも重要です。

紫外線は、肌に当たると活性酸素を発生させてコラーゲンを破壊・変形し、たるみ毛穴を引き起こします。紫外線は、1年中降り注いでいるため、季節問わず常に対策をしましょう。

簡単にできる紫外線対策は、朝のスキンケアの最後に、日焼け止めを塗ることです。はじめは慣れないかもしれませんが、毎日続けることで次第に習慣化されていくはずです。

日焼け止めを塗ることを手間に感じる方は、メイク下地やファンデーションに日焼け止め効果のあるものを使ってもよいでしょう。

とくに紫外線量の多い夏は、日焼け止めと併せて、帽子、日傘、サングラスなども使用して、徹底的に紫外線から肌を守ることをおすすめします。

まとめ

たるみ毛穴を予防
出典:byBirth

30代以降の女性の肌は、コラーゲンやエラスチンなどの成分が減少・変形し始め、弾力が失われてたるみやすくなります。すると、毛穴が下向きに引っ張られてしずく型に開いて見えるたるみ毛穴が目立つようになるのです。

30代以降のたるみ毛穴を予防するスキンケア方法は、「保湿」「たるみに有効な美容液を使う」「紫外線対策」の3つです。適切なスキンケアで毛穴を引き締め、キメの細かい滑らか素肌を守りましょう。

元記事で読む