1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【今月の質問】呼吸が浅いといわれます。ダイエットと呼吸は関係ありますか?

【今月の質問】呼吸が浅いといわれます。ダイエットと呼吸は関係ありますか?

  • 2021.9.26
  • 913 views

ボディワーカー 森 拓郎のダイエット道場

教えてくれたのは…

ボディメイクの救世主

森 拓郎さん

運動指導者。パーソナルトレーニングジム「rinato」、小顔・美容矯正サロン「ルポルテ」をプロデュース。独自のボディメイク理論を数々のメディアに発信し、Twitterのフォロワー数は8万超。国内最大級のオンライングループレッスンが評判。著書は『きれいな人の老けない食べ方』(SBクリエィティブ)ほか多数。
Instagram:mori_taku6_

森拓郎 間違いだらけのアラサー女子の習慣に喝!

Q. 呼吸が浅いといわれます。ダイエットと呼吸は関係ありますか?

深い呼吸では痩せないがダイエットにはプラス

普段から姿勢が悪かったり、体幹の筋力がなかったりすると、呼吸は浅くなります。たとえば、10秒吸って、10秒吐いてください。長く息を吸えない人は、首やワキ、肩などの肋骨まわりの筋肉が硬く、体幹上部の筋肉を使えていません。一方、長く息を吐けない人は、横隔膜だけでなく、腹筋が使えていない状態。このように長く深く呼吸ができない場合、体幹の筋力が不足してボディラインが崩れやすく、結果的に代謝の低い体になっている可能性があります。

呼吸は肋骨まわりを含めたインナーマッスルを使う筋肉運動。深い呼吸ができるようになれば、体幹の筋肉が使えるようになり、正しい姿勢をキープできるので、メリハリのあるボディラインづくりに役立ちます。

また自律神経とも深い関係にあるのが呼吸。呼吸が浅いと自律神経のバランスが崩れ、ストレス食いなどに走ることも。つまり、呼吸は浅いより深いほうが、さまざまな理由からダイエットにはプラスだといえます。

ボディワーカー 森 拓郎のダイエット道場 イラスト

Q. パーソナルトレーニングを受けないと体を変えるのは難しい?

セルフでのトレーニングでも十分体は変わる

パーソナルトレーニングのよさは、希望に合わせて運動をプログラミングし、フォームをチェックしてもらえること。でも、月に数回だけパーソナルトレーニングで体を動かすよりも、フォームは多少違っても動画や本を見ながら、毎日ストレッチや筋トレを続けたほうが数ヵ月後の体の変化は大きいはず。一人で運動する自信がない人にパーソナルトレーニングは効果的ですが、復習は必須。自分で運動を続けられるなら、セルフでのトレーニングでも十分に体を変えることはできます。

VOCE2021年11月号 森拓郎 トレーニングは継続こそがダイエットの秘策
深い呼吸はインナーマッスルを使う筋トレだと意識しよう!

撮影/恩田亮一 イラスト/腹肉ツヤ子 スタイリング/坂下シホ 取材・文・構成/山本美和

元記事で読む
の記事をもっとみる