1. トップ
  2. インテリア
  3. 忙しいあなたのための片付けやすい収納アイディアまとめ

忙しいあなたのための片付けやすい収納アイディアまとめ

  • 2021.9.23
  • 22671 views

「つい置きっぱなし」のリビングに、コートハンガーを

家に帰ってきて、服やカバンをクローゼットにしまうまで辿り着かず、床に投げ出してそのままなこと、よくありますね。いつも置きっぱなしにしやすいその場所に、「一時置き場」を作りましょう。

寝室のクローゼットまでたどり着けず、リビングの椅子やソファの上に「投げっぱなし」になりがちな上着やカバン、帰ってきたらすぐ目に入ってかけられるシンプルなコートハンガーがあれば、無意識にかけられます。

クローゼットのドアって、いる……? そのドア、外してみませんか

クローゼットのドアや、押し入れの襖。ドアがあることでデッドスペースや死角が生まれて、「なんとなく、片付けにくい」原因になっていることも。クローゼットのドアは、実はドライバーを使って簡単に外せるものが多いんです。クローゼット内部が魔窟になっているという人は、一度、ドアを外してみませんか。

こちらは元々オープンタイプだったクローゼットですが、持っているものの量が一目瞭然に把握でき、片付けやすそう。見せたくないものはカゴや布を使います。

収納ボックスの大きさ、適切ですか?

収納ボックスを買ったはいいものの、すぐ中身がごちゃごちゃになってしまう人は、ボックスが「深すぎる」「大きすぎる」可能性が。収めたいものの大きさに合わせて、適切な深さ、大きさのボックスに小分けすると、格段に使いやすくなります。

同じニトリの木製ボックスですが、背の高いものは深いボックス、細々したものは浅いボックスに分けて収納されています。

よく使うものは「引き出し」収納が鉄則

重ねたボックスの下の段や、シェルフの奥のほう……時間のある時は問題なくても、忙しくて余裕がなくなると、一瞬で使えなくなる「魔のスペース」に。よく使うものは、奥にあるものにもさっと手が届く、「引き出し」に収納するのが鉄則です。

チェストの引き出し最上段をメイク収納にされているお部屋。引き出しを開ければ、全てのアイテムに手が届いてとても機能的。

オープンシェルフを「引き出し」収納に変えるワザ

引き出し収納に買い替えたり、追加したりする余裕はないぞ、という場合には、今あるシェルフに棚板をプラスして、サイズのあったボックスを組み合わせることで、簡単に「引き出せる」ようになります。

白い棚に、ラタンのカゴをプラスしておしゃれな「引き出し収納」にされているお部屋

お皿やフライパンは「立てる」が正解

キッチンの収納。たくさん積み重ねて収納していませんか。お皿やフライパンは「立てる」のが正解。なるべくワンアクションで手が届くようにしてみましょう。

シンク下の深めの引き出し収納は、無印良品のファイルボックスを使うと「立てる」収納が可能になります。

むしろあなたの部屋、「収納アイテム多すぎ」では? 手放してスペースに余裕を

実を言うと、収納する場所があればあるだけ、ものは増えます。クローゼットにたくさん重ねて窮屈になっているプラスチックの収納ケースや、パズルのように組み合わせた収納アイテム、手放してみると実は「なくてもよかった」ことに気づく場合も。スペースに余裕が生まれると、それだけで片付けやすくなりますよ。

収納ケースや収納アイテムを使わず、余裕を持って畳んでしまわれた服。とても取り出しやすそうです。

元記事で読む