1. トップ
  2. ネイル
  3. 【ブラウン系】単色でもかわいい♡剥がせるジェルで作る大人の秋ネイル3選

【ブラウン系】単色でもかわいい♡剥がせるジェルで作る大人の秋ネイル3選

  • 2021.9.16
  • 9642 views

おうち時間が増え、セルフネイル派の方が増えているのではないでしょうか?でも、乾く前に触って失敗したり、ムラになって上手く塗れない、などのお悩みがありませんか?そこで、自宅で気軽にジェルネイルを楽しめ、除去も楽チンな「ウィークリージェル」をご紹介します。

セルフネイルをもっと簡単にもっと綺麗に

ネイルが美しく塗れていると、視界に入るたびに気分が上がりますよね。
でも、ネイルポリッシュは乾かす時間に触れてしまって失敗したり、綺麗に塗れてもすぐに剥げてしまったり…。一方ジェルネイルは長持ちするけど、ネイルサロンに通うには時間もお金も掛かる。また除去する際の手間や、爪へのダメージも気になります。

そこでご紹介したいのが、「HOMEI(ホーメイ)」のウィークリージェル。ベース・カラー・トップが1本になっているので、色々と買い揃える必要がなく、塗る際も手間いらず。またシールのようにぺりっと剥がしてオフできる、という優れものなんです。

ポイントを押さえれば、不器用さんでも大丈夫

塗り方は通常のネイルとあまり変わりません。
甘皮をケアし、爪の形を整えたら、爪の油分や汚れを十分に取り除きます。ジェルのボトルを転がすように振った後、ハケを軽くしごいて液の量を調節。爪の先端(エッジ)→爪中央→両サイドの順に塗ったら、ライトで30秒ほど硬化させるだけ。

ポイントは、薄めに塗っては硬化し、2〜3度目で色を出すようにすること。厚塗りしてしまうとライト照射が中まで届かず、ジェルの硬化が不十分になってしまいます。また、はみ出した部分は硬化前にネイルスティックやつまようじ等で拭き取っておくと、より剥がれにくくなりますよ。

除去する際は、甘皮の方から爪先でジェルを優しくおこし、隙間を作ります。そのまま爪先に向かってジェルを丁寧に剥がしていけば、ぺりっと簡単にオフ完了です。

個人差はありますが、持ちは約一週間。
筆者も実際使用してみたところ、水仕事などの家事を普段通りしていても気になるほどの劣化はなく、1週間で爪先がほんの少し剥がれる程度でした。
これまでシールタイプや、剥がせるジェルネイル下地など、色々な種類を試してきましたが、個人的にはこちらのウィークリージェルが、簡単さ・仕上がりの綺麗さ・持ち・オフのしやすさで総合的にナンバーワンでした。

上品さとこなれ感を演出できる秋色ネイル

気になるカラーバリエーションはなんと100色以上。
その中から、秋におすすめのブラウン系のカラーをピックアップしました。

深みがあるのに軽やか。クリアブラウン

こちらは、濃いめのコーヒーのようなクリアブラウン「NE-101 Refined」。色味はしっかりした茶色ですが、重ね塗りしても透け感があり、重たくなりません。重ねる回数よって色の深みが変わるので、お好みで調整してくださいね。
クリアのイエローと合わせてべっ甲ネイルをするのにもおすすめです。

繊細なラメが上品。ほろ苦いキラ艶ブラウン

細かなラメとブラウンの組み合わせが大人っぽい「NE-137 Coconut Brown」。繊細なラメの輝きが、指先に品格を漂わせます。ブラウンでも暗くなりすぎないのでオフィスネイルにも〇。
ビターな中にもちょっぴり甘さを感じさせる絶妙な色合いは、シンプルにワンカラーで楽しみたいですね。

さりげない輝きにうっとり。高貴なテラコッタカラー

こっくりとしたテラコッタカラー「NE-152 Lofty Brown」。さりげなく入ったラメが、星の瞬きのようにもみえ、目に入るたびににうっとりしてしまいそう。
ワンカラーはもちろん、他のカラーと組み合わせてポイント使いにしても素敵。暗くなりがちな秋の装いに彩りを添えてくれますよ。

初めての方でも安心のライト付きセットも

ウィークリージェルの硬化には、UVライトまたはLEDライトが必要です。
ジェルネイル初心者の方には、ジェル1色・コンパクトジェルライト・その他小物全6点がセットになったスターターキットもおすすめ。商品は、オンラインストアのほか、LOFTなどの取扱店でも購入できますよ。

ウィークリージェル 各色1,100円(税込)
スターターキット(6点入り) 5,060円(税込)
※スターターキットはオンラインストアのみの発売となります。

HOMEIのウィークリージェルがあれば、セルフネイルがもっと手軽に、もっと身近に、もっと楽しい時間になること間違いなし。この秋は、サロン級の綺麗で可愛いネイルを自宅でも楽しんでくださいね。

※各商品販売状況は変動します。売り切れの可能性もございますので、ご了承ください。

writer / カナ photo / HOMEI

取材協力

HOMEI(ホーメイ)
https://homei-nail.jp/

元記事で読む