1. トップ
  2. スキンケア
  3. ニキビが悪化する洗顔って? 美容担当が解説「絶対に注意したいNGニキビケア」

ニキビが悪化する洗顔って? 美容担当が解説「絶対に注意したいNGニキビケア」

  • 2021.9.13
  • 13697 views

ニキビができてしまったとき、どのようなケアをしていますか? 自己流のケアが癖になっている人は要注意。実はそのケアがニキビを悪化させているかもしれないんです。そこで、間違えやすいニキビケアについてご紹介していきます。

そのニキビケア、大丈夫?

ニキビはできてしまったときのケアがかなり重要。どのようなケアをするかで治りの早さは違うものです。

早く治さなきゃと必死のケアを行う方もたくさんいるかと思いますが、そのケア方法、本当に合っていますか? もしかしたら間違ったケアがニキビを悪化させているかもしれません。

そこで今回は、間違えやすいニキビケアについてご紹介します。

潰して治す、はNG!

ニキビを潰してはいけないということは、どこかで聞いたことがあるかもしれません。にもかかわらず潰してしまう人が続出! ニキビを潰した際の爽快感に負けてしまうのでしょうか…。

なぜニキビを潰してはいけないのかというと、化膿してしまうことが大きな理由のひとつ。炎症を起こしたニキビは、潰すと雑菌が入ってしまうのです。特に手で潰すのはもってのほか。手には見えない雑菌がたくさんついているので、ニキビを触るだけでも悪化する可能性があります。

ニキビをどうしても触ってしまうという人は、パッチを貼るなどの工夫をしましょう。

洗顔のしすぎはNG!

ニキビに油分が大敵だからと必死に洗顔をする方もいますが、これもNG。洗顔のしすぎはニキビに良くないのです。

洗顔を何度もすることで肌は乾燥します。乾燥した肌は必死に油分を分泌しようとするため、逆効果なのです。洗顔料を使った洗顔は多くても1日2回まで。洗顔の際は摩擦に気をつけて、泡を転がすように洗うことが重要です。

スクラブ洗顔はNG!

洗顔で注意したいことがもうひとつ。スクラブのような刺激を与えるような洗顔は控えたほうが良いでしょう。ニキビへの刺激になってしまいます。

また、肌に密着するパックや化粧水を強くパッティングする行為も注意。ニキビはとにかく刺激に弱いので、触らずそっとしておくことが大切なんです。

髪の毛で隠すのはNG!

ニキビができるとなんとかして隠そうとするもの。特におでこにできたニキビは前髪で隠しがちなのですが、なるべくやめておいたほうが良いでしょう。

髪がニキビに触れるたび、その刺激でニキビが悪化してしまうことも。人に会わずに済むときなどは、なるべくニキビに髪が当たらないよう心がけてくださいね。

ファンデーションの厚塗りはNG!

ニキビを隠そうと必死にファンデーションを重ねていませんか? どうしてもなとき以外、ニキビの上に過剰にメイクをするのは控えましょう。

特にリキッドファンデーションは油分が多く、ニキビが治りにくくなってしまいます。

また、同様にオイル美容液やバームなど、油分の多いスキンケア製品にも注意。ニキビがある箇所にはさっぱりとしたスキンケア製品を心がけてください。

とはいえ保湿をしないのもNG行為。乾燥が原因でできる大人ニキビもあるため、油分を控えつつ保湿をしっかりすることが重要です。

ニキビケアは慎重に!

早く治したいからと自己流でいろいろなケアを取り入れるのは危険です。過剰に触らず、慎重なケアを取り入れていきましょう。

ニキビはできてしまうと長期化することも。十分な睡眠をとり、毎日適切な洗顔をするなどの予防もしっかり取り入れてくださいね。

(C)damircudic/Getty Images
(C)PeopleImages/Getty Images

文・比嘉桃子

元記事で読む