1. トップ
  2. 衝撃的なラスト!恋の行方は?ばいばい葵ちゃん“新木優子”…《ボクの殺意が恋をした 最終話あらすじ》

衝撃的なラスト!恋の行方は?ばいばい葵ちゃん“新木優子”…《ボクの殺意が恋をした 最終話あらすじ》

  • 2021.9.12
  • 1110 views

俳優の中川大志、女優・モデルの新木優子らが出演の『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)の第10話(最終話)が、2021年9月12日(日)夜10時30分~放送される。

ボクの殺意が恋をした
©girlswalker All Rights Reserved.

『ボクの殺意が恋をした』第10話場面写真

殺し屋なのに間が悪くて殺せないどころか、暗殺ターゲットの女・鳴宮美月(新木優子)に近づき恋をしてしまう、主人公・男虎柊(中川大志)。挙句の果てに、ターゲットに危険が迫ると守ってしまったり、恋に落ちるはずのない2人がまさかの恋に…!驚きの展開を巻き起こす、スリリング・ラブコメディがこの夏幕開け。

日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』第10話あらすじ
ボクの殺意が恋をした
©girlswalker All Rights Reserved.

『ボクの殺意が恋をした』第10話場面写真

鳴宮美月引退会見が行われる中、柊(中川大志)と葵(新木優子)は、詩織(水野美紀)に追い詰められて絶体絶命の危機に。2人を人質に取られた丈一郎(藤木直人)は、会見を止めるしかなかった。

ボクの殺意が恋をした
©girlswalker All Rights Reserved.

『ボクの殺意が恋をした』第10話場面写真

詩織は、丈一郎が来るのを待っていた。みんなまとめて始末すると冷酷に告げる詩織。さらに彼女は、SOSのためには人も殺すと言い放つ。柊は、優しかった詩織が殺人を犯したことが信じられない。

『ボクの殺意が恋をした』場面写真全5枚を見る!

あくまで正義のためにやったと言う詩織に、柊は「詩織さんにとっての正義って何だよ!?」と問いかける。詩織は、SOSを立ち上げるきっかけとなった自らの過去を明かす。

ボクの殺意が恋をした
©girlswalker All Rights Reserved.

『ボクの殺意が恋をした』第10話場面写真

武尊(小池徹平)が殺された経緯を知った葵は、詩織に怒りをぶつける。「人を殺すことにも正義はある」と、詩織は邪悪な論理を主張。一方、柊は、復讐のために鳴宮美月を殺そうとした自分を思い出して何も言えなくなってしまう。

ボクの殺意が恋をした
©girlswalker All Rights Reserved.

『ボクの殺意が恋をした』第10話場面写真

詩織が再び銃の引き金を引こうとしたその時、丈一郎が現れるが……!?

日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』番組概要

第10話 放送 9月12日(日)夜10時30分~(日本テレビ系)

《出演》中川大志、新木優子、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、永田崇人、小西はる、吉住、水野美紀、藤木直人
《脚本》徳永友一、三浦希紗
《制作著作》読売テレビ
《公式サイト》https://www.ytv.co.jp/bokukoi/index.html

【ストーリー】
殺し屋なのに、間が悪くて殺せない…殺し屋なのに、ターゲットを守ってしまう。しかも、ターゲットに恋してしまって!?”伝説の殺し屋”に育てられた主人公・男虎終(おのとらしゅう)は、用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月に近づくが…。殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自分らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない…!逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…!?恋におちてはいけない(落ちるはずもない)2人がまさかの恋に…!最高に"間が悪い”殺し屋は"暗殺ターゲットの女”を殺すことは出来るのか?

元記事で読む