1. トップ
  2. インテリア
  3. 長坂 常さん、教えて! “まかない家具”をお手軽DIY

長坂 常さん、教えて! “まかない家具”をお手軽DIY

  • 2021.9.11
  • 1399 views

「DIYって難しい…」と思っている人に朗報! “早い・簡単・いいデザイン”の三拍子がそろったスツールの制作方法を建築家の長坂常さんから独自入手。この椅子は「まかない家具」という、工事現場で使われる知恵や技術を応用して作られたアイテムのひとつ。「組み立てには30分もかからないのでぜひこの夏にトライしてみてください。ピクニックのお供にも。ただ、左右の負荷には強いけれど、前後に傾きやすいので転ばないようご注意を!」

必要なもの


a:インパクトドライバー
b:ビス 3.4φ × 30mm(6本)
c:垂木 30mm × 40mm × 300mm(2本)
d:トラックシート1枚
e・f:型枠合板 1800mm × 900mm × 厚み12mm(1枚) *上の写真のサイズにカット

作り方

1
垂木の幅が広い面を下にして、トラックシートの端にぴったりとそろうように合わせて置く。垂木の面の向きに注意して。

2
凸状の合板のツルツルの面(色がついている側)を上にして用意。そして、合板と垂木でトラックシートを挟むように1を乗せる。

3
2の状態をキープしたまま裏返す。この時にずれやすいので、より丁寧に作るならテープを使って2を仮止めしておいてもよし。

4
合板の裏側から垂木を留める。左、右、真ん中の3カ所にビス打ちを。あらかじめ下穴を空けておくと、作業もスムーズに進む。

5
もう一方も同様に。凹状の合板を裏返した状態で、2と同じように下から合板→トラックシート→垂木の順番で重ねる。

6
5を裏返して、ビス打ち。ここも3カ所留めておこう。(もし、完成した時に合板の色を外側に出したい場合は、5の時に合板を裏返せばOK)

7
垂木を持ち、足をぐるっと内側に巻き込む。しっかりと凸凹がハマるようにクロスさせ、トラックシートをピンと張らせる。すると…?

完成!
折り畳み式のスツールの出来上がり!合板やトラックシートは他にもさまざまな色があるので、自分が気に入った色で作ってみて。

元記事で読む