1. トップ
  2. 恋愛
  3. 突然始まった息子たちの喧嘩!ママ友の仰天発言がキッカケでその後疎遠に

突然始まった息子たちの喧嘩!ママ友の仰天発言がキッカケでその後疎遠に

  • 2021.9.10
  • 18627 views

ママ友とのトラブルの体験を紹介します。幼稚園のママ友が、子ども同士の喧嘩の事実確認をせず、「あなたの子どもに悪いところがあったかもしれない!」と言って睨んできたことから始まった出来事です。

息子の幼稚園でできたお友だちのA君は、自分に不都合があるとかんしゃくを起こし、手が出てしまいます。しかし、それも成長過程の1つだと思うので、特に気にせず付き合ってきました。しかし、A君のママのとったある言動が、疎遠になろうと思ったきっかけになったのでした。

突然息子につかみかかったママ友の子ども

トラブルが起きた日、A君を含む数人のお友だちと公園で遊んでいました。息子が水分補給の休憩をしに私の元にきているとき、背後から視線を感じたので振り向くと、A君がすごい形相でにらみながら駆け寄り、息子につかみかかりました。

止めてもA君は息子の服を離さず、すごい力で息子を叩いたり振り回したのです。やっとの思いで引き離したところ、かんしゃくを起こしたA君は、今度は自分のママを蹴ったりぶったりしていました。

事実確認より先に、にらんできたママ友

ママ友は蹴られ続けながら、やさしく「どうしたの? 大丈夫だから言ってごらん?」とA君に言ったあと、私をにらみ「あなたの子どもに悪いところがあったのかもしれないしね」と言ってきたのです。しかし、私は息子とA君が遊んでいた様子を見ていましたし、遊ぶ子どもたちを見守っていたほかのママ友も「それは違うよ」と言ってくれました。

何よりも手を出したA君本人から、息子が使っていた遊具を使いたかったけれど、先に使っていたので、カッとなってしまったと落ち着いてから説明があり、息子は悪くなかったことが証明されました。

冷静に対応し、売り言葉を買わない

幼児がつい言葉よりも先に、手が先に出てしまうトラブルはよくあることだと思います。しかし、自分の子どもがほかの子どもに暴力をふるった際、すぐに売り言葉を言うのは親として許されることではありません。

ママ友の言動には内心頭に血が上りましたが、冷静でいることを心がけました。ママ友は、自分の子どもに非があったことがわかるとムスッとしながら「ごめんなさいね」と言い、ほかのママ友たちに見られていてバツが悪かったのか、そそくさと帰っていきました。

このママ友とは、関係を続けてもこの先もトラブルが続くと思い、無理に話し合いはせず、距離を取ることに。子どものトラブルが起きたときは、状況を把握しないまま、真っ先に自分の子どもだけを信じて、相手をいきなり悪者扱いするのは危険です。何が起きたのか事実確認を取り、公平な目で見ることが大切だとこの経験から学びました。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!


著者:大井絵衣

5歳男児の母。「楽しく子育てがしたい!」がモットー。台所育児を実践中で、息子が1歳のころから毎日夕飯を一緒に作るのが日課。自身の育児経験を中心に、子育て関連の記事を多く執筆中。

ベビーカレンダー編集部/キッズライフ取材班

元記事で読む
の記事をもっとみる