1. トップ
  2. 恋愛
  3. これは「いい彼氏」!付き合うと起こる3つの変化

これは「いい彼氏」!付き合うと起こる3つの変化

  • 2021.9.8
  • 30450 views

恋をすることで、人は成長します。しかし、その恋によっては悪い方向に流されてしまうことがあるため、恋愛をしているときは注意したいところです。

特に彼氏ができたときは、自身に起きた変化でその恋が「いい恋」で、相手が「いい彼氏」なのか判断をしましょう。

1. 彼氏の言葉が心に響くことが多くなる

いい彼氏と付き合っていると、自然と彼の言葉が心に響くようになります。彼とデートした後は、彼が言った言葉が深く残ったり、LINEをしたときは、なんてことのないメッセージが心に刺さったりすることがあるでしょう。彼が好きな音楽や映画なども自然と興味が湧くようになるでしょう。

「彼色に染まる」という言葉がありますが、いい恋愛をしているときは自然とそんな状態になっていきます。彼の言葉で自分自身に変化が起きていくようになるのです。

2. 自分から悪い部分を直そうと思う

「いい恋愛」をして、「いい彼氏」と付き合えば、自分自身も大きく成長することになります。その証拠に、自分から悪い部分を進んで直そうと思い始めます。これは彼のために「もっと素敵な人間になろう」と思うからです。

いい恋愛をしているときは、相手と深く向き合おうとします。ただ、相手と向き合うためには、まずは自分と向き合わなくてはなりませんよね。彼と付き合っていくうちに自分の悪いところに気が付くようになるのは、自分と向き合っている証しです。

反対にダメな恋愛をしているときは、自分のことはおいておいて、彼の悪い部分ばかり目がいくようなります。そして、お互いに「〇〇なところ直して!」と言い合うようになってしまうでしょう。

3. なんでも「彼に話したい」と思うようになる

「いい彼氏」ができると、なんでも彼に話したいと思うようになります。そう思うのは彼氏のことを信頼しているからです。

恋のテクニックでは、「自分の情報は小出しに」「多少の秘密を残しておく」という、男性を追いかけさせる基本ルールがありますが、相手がいい彼氏である場合、このルールを破りたくなります。なぜなら、いい彼氏には隠し事をする必要がないからです。すべてを受け止めてくれる広い度量があるのが、いいパートナーです。

誰にも言えない秘密は誰でも持っているものです。人生で、本当になんでも話せて頼れる相手というのは、実はそういません。駆け引き関係なく何でも素直に話せてしまう相手は、あなたにとってかけがえのない人であるとも言えるでしょう。

自身に起きた変化で「いい彼氏」かをしっかりと見極めて、自分にとって大事な人を逃さないようにしてくださいね!

元記事で読む
の記事をもっとみる