1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技

  • 2021.9.8
  • 1970 views

スウェットはアイビーなロゴが気分

天日干しの文化がほぼないアメリカでは、スウェットを乾燥機にかけ縮んでしまう事も……。 そこで《チャンピオン》は、従来は縦に使っていた生地を横に使うことで、縮みにくい「リバースウィーブ」を開発。年月が経っても褪せることのない魅力こそ人気の由縁。カレッジロゴでアイビーを気取って。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

スウェットシャツ( 90 ’s ) ¥10990/Vintage Champion(ボストック)、 ショートパンツ¥7700/Levi’s®︎(リーバイ・ストラウス ジャパン)、ハット¥26180/JAMES LOCK(カシラプレスルーム)、メガネ¥34100 /ARCH OPTICAL(コンティニュエ)、ネックレス/スタイリスト私物

 

スタイリングがごちゃつかないニュートラルカラーでまとめた1枚。シンプルなロゴがグッド。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

Iowa(80’s)¥16280/Vintage Champion(トロ)

 

1851年に創立した、ミネソタ大学のカレッジロゴが配されたスウェット。イエローがアクセント。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

MINESOTA(90’s)¥17990/Vintage Champion(ボストック)

 

オハイオ大学のカレッジロゴスウェット。アメリカ古着ならで はのしっかりとしたつくりが魅力。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

OHAIO(90’s)¥14080/Vintage Champion(トロ)

 

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

model_スウェットシャツ(90’s)¥19990/Vintage Champion(ボストック)、ショートパンツ ¥7700/Levi’s®︎( リーバイ・ストラウス ジャパン)、メガネ¥51700/EYEVAN7285(コンティニュエ)、イヤリング(80’s)¥20900/Vintage GIVENCHY(ヴィニヴィニリュクス)

 

 

時代とともに変化した色合いや風合いを装いのポイントに

《ラルフローレン》の代表アイテム「ボタンダウンシャツ」は、ラインナップの多さが魅力。実際に触って自分好みの1枚を探すのも楽しい。夏にぴったりなリネンシャツはチノパンを合わせてきれいめに。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

シャツ(90’s)¥8690/Vintage Polo Ralph Lauren(ウィスラー)、パンツ ¥36300/UNION LAUNCH(サザビーリーグ)、ベルト(90’s)¥3490(ロンガブ)、メガネ ¥34100/ARCH OPTICAL(コンティニュエ)、バッグ¥73700/GLENROYAL(ブリティッシュメイド 銀座店)、ソックス¥2860/PANTHERELLA(真下商事)、スニーカー ¥13200/CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター)

 

肌触りのいいコットンシャツはやわらかさを活かしてラフに

80年代後半から90年代前半の間にリリースされた「YARMOUTH」シリーズは、ライトなコットンで仕立てられたしなやかなつくりが特徴。夏の太陽に映える鮮やかなイエローを、インディゴブ ルーで引き締めて。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

シャツ¥3190/Vintage Polo Ralph Lauren(サンタモニカ表参道店)、 スカート¥9350/Lee(リー・ジャパン カスタマー サービス)、キャップ¥8580/UNION LAUNCH (サザビーリーグ)、バッグ¥7590/L.L.Bean (エル・エル・ビーンカスタマーサービスセンター)、 時計(80’s)¥283800/Vintage Cartier(江口時計店)、ソックス¥2860 / PANTHERELLA(真下商事)、シューズ ¥29700/Paraboot(パラブーツ青山店)

 

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

01_ピンクストライプシャツ(90’s)¥6050/Vintage Polo Ralph Lauren (ウィスラー) 02_ミントグリーンストライプシャツ(90’s) ¥9790/Vintage Polo Ralph Lauren (ウィスラー) 03_レッド半袖シャツ(90’s)¥4290/Vintage Polo Ralph Lauren(サンタモニカ表参道店) 04_ドットシャツ(90’s)¥7700/Vintage GAP (フィルム) 05_チェックシャツ(90’s)¥3990/Vintage Polo Ralph Lauren(ロンガブ) 06_ストライプ半袖シャツ(90’s)¥8250 /Vintage L.L.Bean(フィルム) 07_カラーブロックシャツ(90’s) ¥4590/Vintage TOMMY HILFIGER(ロンガブ)

 

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

model_シャツ(90’s)¥9790/Vintage Brooks Brothers(ウィスラー)、サスペ ンダー¥15400/MHL.(エムエイチエル.)、パンツ¥26400/Nigel Cabourn、キャップ¥6820/FILSONともに(アウターリミッツ)

 

 

カラーバランスを上手くとってトライアングルロゴを利かせて

80年代ムードを感じるロゴTシャツは、カリフォルニアで生まれたサーフブランド《オーシャン パシフィック》のもの。爽やかなミントグリーンには、ベージュのショートパンツを合わせて馴染みよく。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

Tシャツ(80’s)¥7150 /Vintage ocean pacific(フィルム)、パンツ¥8250/Jf Ready Made(ジーンズファクトリーオンラインショップ)、メガネ¥51700/ EYEVAN7285(コンティニュエ)、時計(80’s)¥283800/Vintage Cartier(江口時計店)、バッグ¥41800/L/UNIFORM(リュニフォー ム トウキョウ)、ローファー¥39600/REGAL(リーガル コーポレーショ ン)、ソックス/スタイリスト私物

 

肌馴染みのいいグレーTシャツはロマンチックなスカートでレトロシックに

絶妙な色落ちと程よいヘタリ具合が味わい深いプリントTシャツはアメリカ製。80年代にノベルティとして製作されたもので、ベースは《スクリー ンスターズ》のTシャツを使用している。ラフな印象のTシャツにはあえて、愛らしい小花柄のスカートを重ねて、お互いを引き立てるのも GOOD。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

Tシャツ(80’s)¥7700(フィルム)、スカート¥27500/ A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)、イヤリング(60’s)¥5490 (ロンガブ)、バッグ¥68200/IL BISONTE(ルック D.C事業部)、スニーカー¥6600/VANS(ヴァンズ ジャパン)

 

時が経てばスーベニアTシャツもポップなおしゃれアイコンに

「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」のキャラクターがプリントされたT シャツを要に、デニムをドッキング。耳にはヴィンテージの大きなピアスをつけて、ポップとクラシカルの間を駆け抜ける。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

Tシャツ(90’s)¥7480 (フィルム)、デニムパンツ¥13200/Lee(リー・ジャパン カスタマー サービス)、ピアス(80’s)¥7150 (ヴィニヴィニ リュクス)、メガネ ¥40700/JULIUS TART OPTICAL(コンティニュエ)、バッグ ¥20900/blancle(クレドラン)、シューズ¥50600/Sanders(グラストンベリーショールーム)

 

「ヴィンテージ チャンピオン」のTシャツは、中心で泳ぐスイマーロゴにご注目。

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

(70’s)¥3490/Vintage Champion(ロンガブ)

 

秋のオシャレはヴィンテージで! カジュアルコーデに取り入れたい小技
出典 FUDGE.jp

Tシャツ(80’s)¥8800(フィルム)、デニムパンツ(90’s)¥10780/ Vintage Levi’s(サンタモニカ表参道店)、時計(70’s)¥316800/ Vintage Jager LeCoultre (江口時計店)、シューズ¥55000/ Sanders(グラストンベリーショールーム)、その他/スタイリスト私物

 

 

photograph_Furuya Akihiro(model),Suganuma Shotaro(still)
styling_Akashi Emiko
hair & make-up_Onishi Akemi
model_Marta L.
edit_Yamazaki Takamichi〈KIP Inc.〉
cooperation_AWABEES

 

FUDGE vol.217 2021年8月号より

 

 

元記事で読む
の記事をもっとみる