1. トップ
  2. リアム・ギャラガー、オアシスの名曲でチャーリー・ワッツを追悼

リアム・ギャラガー、オアシスの名曲でチャーリー・ワッツを追悼

  • 2021.8.30
  • 4152 views

先日この世を去ったローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツのことを元オアシスのリアム・ギャラガーが追悼した。

リアム・ギャラガーがフェスに出演

ローリング・ストーンズのドラマーであるチャーリー・ワッツは、8月24日にロンドンの病院で死去。2004年には咽頭がんで手術を受け、2021年にも病名は明かされていないが手術を受けていたこともあり、9月からはじまるローリング・ストーンズのノー・フィルター・ツアーに参加しないと数週間前に発表されたばかりだった。

画像: リアム・ギャラガーがフェスに出演

派手なドラマーではなかったが、60年近くローリング・ストーンズのリズム隊としてバンドを支えてきた最も偉大でスタイリッシュなドラマーであるチャーリーの死は、多くのバンドマンにとってショッキングな出来事で、元ビートルズのメンバーをはじめ、クイーンのメンバーやエリック・クラプトンなどがソーシャルメディアで追悼した

そしてチャーリーが亡くなったあとにイギリスで開催されたレディング&リーズ・フェスティバルにて、元オアシスのリアム・ギャラガーが、ステージ上でチャーリーを追悼するパフォーマンスを披露。フェスでは「彼はきっとどこかで楽しんでいるだろう」とコメントし、オアシスの名曲「Live Forever」を熱唱。

リアムとファンが「Live Forever」を歌っている間、バックモニターにはチャーリーのこれまでの写真が映し出されていた。

ちなみにリアムは、チャーリーが亡くなったという報道を受けて、すぐにツイッターで「チャーリー・ワッツ、安らかに眠れ」とコメントを出していたが、ステージ上でも改めてチャーリーのことを偲んだ。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる