1. トップ
  2. おでかけ
  3. 深田恭子最後の“お仕事”…『ルパンの娘』主要キャストそろい踏み! 主題歌はサカナクションが担当

深田恭子最後の“お仕事”…『ルパンの娘』主要キャストそろい踏み! 主題歌はサカナクションが担当

  • 2021.8.13
  • 1192 views
深田恭子最後の“お仕事”…『ルパンの娘』主要キャストそろい踏み! 主題歌はサカナクションが担当
(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版ルパンの娘」製作委員会

主要キャストがそろい踏みの豪華お宝ポスター

活動休止中の深田恭子が主演し、泥棒一家“Lの一族”の三雲華を演じたドラマ『ルパンの娘』の劇場版にして最終章『劇場版 ルパンの娘』が、10月15日に公開される。このたび、主要キャストが勢揃いした本ポスタービジュアルが公開され、合わせて主題歌がサカナクション書き下ろしの新曲であることが発表された。

今回公開されたポスターは、「家族の絆は盗めない。」とのキャッチが添えられ、深田演じる華を中心に最後の“お仕事”に臨む“Lの一族”など主要キャストが、それぞれの決めポーズ姿で黄金の額縁に収まる印象的なビジュアルとなっている。

華と夫・和馬(瀬戸康史)の新婚旅行という名目で訪れたディーベンブルク王国を背景にした“Lの一族”と北条美雲(橋本環奈)があしらわれ、その背後の別枠には、今回Lの一族の前に立ちはだかる謎の敵、通称“JOKER”の姿が。

下にはミュージカルシーンで輝く円城寺親子(市村正親、大貫勇輔)の姿も。この劇場版でも両手を広げ盛大なステージを披露してくれることを匂わせる。

右上には、剣を構える和馬の祖父・桜庭和一(藤岡弘、)の姿も。泥棒一家最後の“お仕事”に加勢するというのか?

そして左上には、劇場版で初登場するもう一人の“Lの一族”三雲玲(観月ありさ)がマスクを身に着けて身構えている。

主題歌はドラマ版に続きサカナクションが担当

そして今回、ドラマ版の「モス」に続き、劇場版の主題歌をサカナクションが担当することが明らかになった。

サカナクションは、『劇場版 ルパンの娘』のプロットや完成前の本編映像を見ながら新たな楽曲を書き下ろすといい、ファイナルとなる劇場版に相応しい出来が期待できる。

大胆なパロディ描写でTwitterトレンド入りした深田恭子主演ドラマの映画化にしてファイナル

本作品は、2015年8月に発表された横関大の同名小説の映像化で、謎の泥棒一家“Lの一族”でもっとも腕が立つものの跡継ぎを拒む娘・三雲華と、警察一家に生まれ何事にもまっすぐで“Lの一族”の逮捕を狙う警察官・桜庭和馬の純愛ラブコメディー。フジテレビ系列で放送されたドラマ版『シーズン2』(20年)では2人が結婚して子どもを設けたほか、名探偵の北条家が加わって橋本も登場するなど新しいキャラクターが追加。円城寺豪役で登場した市村が劇団四季張りの本格的すぎる“ミュージカル”を披露するなど、振り切れたコメディ描写がSNSを中心に話題となっていた。

この映画版では新たに、“もう1人のLの一族”として三雲玲(観月)、謎の大道芸人・月島俊哉として岡田義徳が登場することが発表されている。

『劇場版 ルパンの娘』は10月15日に公開される。

元記事で読む
の記事をもっとみる