1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 2歳で習い事は早い?メリット&デメリット、料金の相場などを解説!2歳におすすめの習い事は?

2歳で習い事は早い?メリット&デメリット、料金の相場などを解説!2歳におすすめの習い事は?

  • 2021.8.11
  • 1961 views

2歳におすすめの習い事は?

運動能力も向上し、言葉も少しづつ出るようになってくる2歳頃。

日々成長していく我が子を見ると、「そろそろ習い事を始めてみたい!」と考えるママパパも多いのではないでしょうか。

みんなは何歳から習い事を始めているの?

ベネッセ総合教育研究所が行った幼児の生活アンケートによると、2歳児で習い事をしているの子どもの割合は25.7%(2015年度)となっており、およそ4人に1人の2歳児が習い事をしているということになります。

3歳では29.8%、4歳では47.9%という結果から分かるように、年齢に応じて習い事をしている割合が増えていることが分かります。

2歳で習い事をはじめるメリットは?

子ども イヤイヤ期

2歳というと、ちょうどイヤイヤ期真っ盛りというお子さんも多いのではないでしょうか。

イヤイヤ期は成長の証ともいわれているように、子どもが自我を芽生え始めた証拠なのです。

そんな大切なタイミングである2歳頃に与えられた脳への刺激や知識は、今後の成長にとても大きな影響を与えると考えられています。

また、習い事をはじめることで1日の運動量を増やすこともできます。

2歳で習い事をはじめるデメリットは?

ママやパパは習い事をさせたいと考えても、お子さん自身はやりたくないという場合もあるでしょう。

「続けていけば楽しくなるはず!」という気持ちで無理に連れていくことを繰り返していくと、トラウマを抱えてしまったりストレスにもなりかねません。

あまり無理はさせないようにしましょう。

また、イヤイヤ期によって支度や準備が大変で、送迎が負担になるといったこともあるようです。

2歳で習い事をする注意点は?

子ども 親子
①お子さんと習い事との「相性」

どんな習い事も、内容や教室の雰囲気など、お子さんとの相性を見極めることが重要です。

お子さんの性格を考慮して、楽しんでできるものをじっくりと選んであげましょう。

まずは、親子一緒に参加できる習い事などから検討してみるのもいいのではないでしょうか。

②習い事にかかる費用を確認しておく。

習い事をはじめるときには年間でかかる費用をしっかりと確認しておく必要があります。

月々の月謝代だけでなく、事前に購入しなくてはならないもの、季節に応じて必要なもの、発表会などその都度掛かるものもあります。

2歳の習い事。費用の相場は?

費用 スケジュール

ベネッセ教育総合研究所による学校外教育活動に関する調査2017によると、3歳の子どもが1ヶ月にかける習い事の費用の平均は、3,200円となっています。

4歳になると4,800円、5歳になると7,900円と、年齢が上がるにつれて増えてく傾向があります。

2歳児におすすめの習い事ランキング

子ども 習い事
第1位 リトミック

リトミックは、お母さんやお友達と楽しく音楽に触れ合いながら基本的な音楽能力を伸ばすことができます。

具体的には、曲に合わせて身体を自由に動かしたり、ピアノの音で動物の真似をしたりします。

親子一緒にレッスンを行う教室も多く、気軽に始められると人気の習い事です。

第2位 通信教育

子どもの月齢に合った教材が定期的に自宅に郵送される通信教育なら、お家でパパやママと一緒に楽しく学ぶことができます。

シンプルなものから、絵本や知育玩具、DVDが付属されているものなど様々な種類があります。

第3位 スイミング

子どもに人気の習い事といえばスイミングですよね。

2歳の場合は、ベビースイミングと呼ばれる親子一緒に受けるクラスに属するのが一般的です。

水中での全身運動は、バランスよく筋肉を鍛えることができるといわれています。

第4位 体操教室

基礎運動能力を伸ばせる体操教室は、保育園や幼稚園でも取り入れられることの多いスポーツです。

体幹、柔軟性、バランス感覚を養うのにぴったりの習い事です。

第5位 英語・英会話

小さなうちから耳で英語を覚えておくと、成長してからも抵抗なく英語を聞き取れるようになるといわれています。

2歳では、カードや歌を使ってゲーム感覚でのレッスンが多く楽しみながら学ぶことができます。

お子さんにぴったりの習い事が見つかりますように♪

親子 コミュニケーション

まだまだ成長途中の2歳児の習い事は、結果を求めるのではなく、楽しい時間を過ごすことを一番に大切にしてあげたいですね。

どんな習い事にも体験レッスンや見学などがありますので、どんどん参加してお子さんの世界を広げてあげましょう!

元記事で読む